So-net無料ブログ作成

F組三国志 2-1 [F組三国志 2 秋山美咲]

「で、どうだったの? 美咲。」

赤澤くんと別れて自宅マンションへ。
帰ると着替えて母と夕食の準備というのが私の日課。
ジャガイモを切りながら、母がさりげなく訊いてくる。

「どうって?」
「今日のデート。
男の子となんて初めてじゃなかった?」
「まあ、初めてかも。」
「ふふ、ご感想は?」
「ドキドキだった…、でも彼もドキドキだったんだって。」
「うぶなんだ。」
「はは。」
「どんな人?」
「そうね、前から頭の良さそうな人だなって思っていたの。
だってね、休み時間に読んでいる本が、リーダー論だったり、集団と心理、なんてのだったりするのよ。
しかも数学とか得意みたいでね。」
「そうか、美咲にはないものを持っている訳ね。」
「ど~せ、私は、数学苦手ですよ~。
でね、お堅いだけの人かなっ、とも思っていたんだけどね、今日、クラスのこと相談したら色々考えてくれて。」
「うんうん。」
「その話しが、大人だ~って感じなの。
ご本人が言うには、お父さんの影響が大きいんだって。」
「へ~。」
「お父さん、大学の先生。」
「なるほど。」
「でねでね…。」

話しは尽きない。
秋山美咲、蟹座生まれの十五歳、今まで何度か告られたことはあるけど…。
いつも、何か違うって感じてた。
私を好きになってくれるのは嬉しいけど、この人と一緒にいたいと思う人はいなかった。

赤澤くんのことは気になっていた。
時々、妙に大人びた発言をするし、そして、それが理にかなっている。
同じ学年とは思えない時もあったし。
今日色々話をしてみて…。
美咲、惚れたか? あ~、またドキドキしてきた。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0