So-net無料ブログ作成

明日へ、百年後を見据えて イントロダクション [言いたい放題、書きかけ的]

退職を六月末までに伸ばされてしまいまして…、まぁようやく自由の身となれました。
身辺整理と平行して、頭の整理をしつつ…、自分の考えをまとめて記しておこうと思っています。
余程ラッキーなことが無い限り、七月最終週あたりがリミットとなりますので、ネット生活の遺書みたいなとこです。


明日への希望、夢、皆さんはお持ちでしょうか。
小さな夢から大きな野望まで人それぞれだと思いますが、何か有れば、無い人よりは豊かな心を持つことができると思います。
明日への希望、夢、それを少し強引に分けてしまうと、極めて個人的なもの、自分一人だけ、もしくは夫婦や家族で共有する小さな夢、的なことと、社会的に共有する、共有できることとに分けることができると思います。
結婚して幸せな家庭を築きたいは前者ですし、より不幸な人の少ない社会にしたいと思えば後者です。
ワールドカップで自国のチームが勝てたら良いのにと思うのも後者に属するかもしれません。
もちろん、個と集団とは密接に関係してますから簡単には分けられらないことでは有りますが、話を単純化する為に、ここでは前者を個人的な夢、後者を社会的な夢とさせていただきます。

では、社会的な夢について。

あなたは、明日の日本がどんな社会だったら良いと思いますか?

答えはもちろん様々でしょう。
ただ、この設問に対して、きちんと自分の意見を主張できる人の割合は高くない気がしています。
私自身、何年か前まで考えたこともなかったですし。
現在の我が国の社会情勢を考えると、とりあえず自分の生活が安定して、とか、自分の就職がうまくいく社会、といった個人的な夢の叶う社会、と答える人も少なくないと思います。
現代社会は多くの問題を抱えていますから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0