So-net無料ブログ作成

エピローグ-1 [権じいの村-13]

「権じい、おっはよ~。
理香、私達が一番乗りみたいね。」
「まぁ、集合時間まではかなりあるからね。
このみに誘われなかったら、私、まだ寝てたかも、でも朝の空気がおいしいわね。」
「ふふ、久しぶりに来ても、ちゃんと権じいが出迎えてくれて…、やっぱ私の故郷だなぁ~。」
「はは、でも、ずいぶん変わったでしょ?」
「そうよね…、初めて来た時は…、何もない寂しげな村って…。」
「建物もずいぶん増えたでしょ。」
「そうよね。」
「これでも、ここだけに集中し過ぎないようにしてるんだけどね。」
「えっ? どうゆうこと?」
「過密状態にならないように周辺地区へも施設を分散させているってこと。
バランスを考えてるってことよ。」
「そっか。
それにしても、ずいぶん変わったな~。」
「そりゃ、このみが二児の母になるぐらいだもの。」
「えへっ。」
「どうなの、英二さんとは?」
「どうって? 後から子ども達連れて、上がって来ることになってるけど。」
「特に問題なしってことか。」
「うん…、ここへ手伝いに来てる時に知り合って…、やっぱ慶次さんのおかげかな…。」
「はは、あの頃は慶次さまが総理大臣になるなんて思いもしなかったよね。」
「ふふ、子ども達が大きくなったらね、お母さんは白川先生と知り合いなのよって話して聞かせるつもりなの。」
「自慢にできるわよね…、はは、慶次さまだからね、前の総理大臣と知り合いだったとしてもなんの自慢にもならないけどさ。」
「子ども達のためにも、この国をより良い国にしていくのが私達の役目。
そして私の子ども達も、この国がもっと良い国になるようにと考えてくれるように育てていきたいと思っているの。」
「おお、このみも母になって変わったな。」
「へへ。」
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0