So-net無料ブログ作成

権じい学園にて-1 [権じいの村-SPO-01]

権じい学園、開校から間もない四月の教室でのこと。

「小栗くん、権じい学園はどうかな?」
「純也先生、ぼく…、頭悪いから…。」
「ふ~ん、そうなんだ、で?」
「頭の良い子がいっぱいいるここでやっていけるか…。」
「はは、そんなこと気にしなくて良いよ。」
「でも…。」
「大切なことはね…、そうだな、君が今まで通っていた学校では、テストで良い点を取りなさいって感じだったのかな?」
「はい。」
「でもね、テストの結果なんてどうでもいいんだよ。」
「えっ?」
「大切なことは何を身に付けるかってことかな。」
「?」
「小栗くんは何のために学習するんだと思う?」
「う~ん、やっぱ良い高校へ入って…。」
「で?」
「就職に有利なんて、前の学校の先生が…。」
「はは、小栗くんは将来のこと考えてる?」
「大人になったら…、ですか?」
「ああ。」
「父ちゃんは村に帰って一緒に農業やろう、って、で…。」
「農業か、良いね。」
「自分は、まだ全然分かりません…。」
「そうだね、中学三年生では、まだ先のことなんて決められないよね。」
「はい…。」
「今は大人になって自分で働いて自立していくまでの準備期間だから…、あせる必要はないからね。」
「はぁ…。」
「そうだな、この学園で学ぶにあたって大切なことはね、何のための学習か、ということを心にしっかり持っていて欲しいということかな。」
「何のため?」
「そもそも、学校ってテストで良い点を取ることが目的ではないってことだよ。」
「でも…。」
「学生時代のテストの結果がどうであろうと、大人になった時、自分が満足のできる仕事ができれば、何の問題もないってこと、この世の中、仕事は色々有るからね、そりゃテストで好成績を上げるような能力がないと就くことの出来ない職種もあるけど…、そればかりじゃないってことだな。」
「農業やるなら、勉強しなくて良いってことですか?」
「それは違う、農業やるならしっかり学習して欲しいな。」
「でも、畑を耕して…。」
「農薬を使うなら理科の化学の知識が必要になるし、今は無農薬という考えも広がっているから、無農薬で作物を育てる場合の知識とかも…、昔は農作業に関する知識が親から子へと伝えられてきただろ。
それが学習だったんだ。
中には、もっと効率良く、とか、もっとおいしい作物をと考えて農業に取り組んだ人もいた。
まあ、研究ということに取り組んだ人もいたってことさ。
農業をやっていくには、それなりの知識や経験が必要になってくる、それを自分の物にして行く力が必要だということだね。」
「そうか…、農業やってくには体力だけでは、だめってことですか…。」
「その、通りさ。」
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0