So-net無料ブログ作成

学校設立-1 [権じいの村-8]

「真帆さん、本部が学校に戻るって本当なんですか?」
「ええ、来年の春からね、建設中の本部施設や宿泊施設へ、今の本部機能を移してね。
校舎の補修もずいぶん進んでいるし。」
「プロジェクトの一環ということは、普通の学校ではないのでしょうね?」
「ふふ、香織ちゃんの頃とは全く違う学校になるわね。」
「違うって?」
「どこかの大学の付属ということになるけど、幼稚園、小学校、中学校、高校、各学年十名程度を定員として学校教育法からはずれた教育をしていく予定なの。」
「そんなこと可能なのですか?」
「すでに不登校の子たちのためのスクールとかもあって色々裏技があるのよ。
まあ、文部省とも色々交渉はしてるけどね。」
「そうすると、ここへも不登校の子たちが?」
「特にそういう形にはしないけど、応募があれば受け入れる予定。
でも、大学関係者の子だけで定員になってしまうかもしれないわ。」
「そうなんですか…。」
「プロジェクト関連の人たちには、子どもを自然の中で育てたいって考えている人も少なからずいてね。
仕事にも支障がなさそうというより、こちらに住んだ方が仕事が楽になる人もいるから、ここか、この周辺の村に住む予定。
そんな人たちは夏休みを利用して家族を見学に連れて来てたり…、キャンプに参加した子もいるのよ。」

「入学試験とかあるのですか?」
「そうね、健康面のチェックだけは必要ね、病院まで遠いから。
後は早い者勝ち。」
「えっ? 早い者勝ちなんですか。」
「条件は中学生までは家族揃って生活すること、高校生は家族と離れても、この村のどなたかのお宅で生活するのならオーケー。」
「女の子だったら、うちでもいいと思うな、じいちゃんも喜ぶだろうし、私も妹ができたら嬉しいな。」
「今度の説明会の時にでも話してもらいましょうか、希望が出たらお願いね。」
「はい、すぐにおじいちゃんの了解も得ておきます。」

「そうそう香織ちゃんにはまだ話してなかったな。」
「何です?」
「妹の恵がね、来年の三月、終わり頃から小春ばあちゃんちで暮らすことになるの。」
「へ~、大学進学とかはどうなるのですか?」
「慶次の大学へ入ってね、ちょっとした実験的な立場になってね。」
「えっ? 慶次さんの大学って国立の…。」
「恵って一見おばかだけど実は結構頭がよくてね。」
「そうなのですか。」
「慶次の発案でね、特別総合学部みたいなのを作って最初は学部生1人だけど…。」
「え~、そんなこと有りなんですか?」
「普通、絶対無理なんだけど、それを通しちゃう所が、慶次の政治力ってとこかな。」
「私、なんかすごい人と知り合いになったのですね…。」
「うん、大学では卒業必修の単位とかある訳なんだけど、全部レポートが通ればオッケイって感じになってね。
恵、喜んでたわ、中学生の頃なんか教科書読めば解ることを、くどくど説明する先生の授業に飽き飽きしてたそうでね。」
「頭の良い人はそういうものなのですか…、ここではどんな勉強を?」
「このプロジェクトに参加してる研究室全部を見る予定。」
「えっ? すごく色々な分野の研究が…、ここでは…。」
「特に興味を持ったこと以外は深く掘り下げないだろうけど…、あの子のキャパ、私も掴みきれてないから…、まあ恵の役割は異なる分野の研究の接点を見つけて繋ぐということになるの。」
「繋ぐですか…。」
「今までもなかった訳じゃないけど、専門分野の研究に集中してると気付かないことも、別の視点で捉えたら発見できるかもしれないでしょ。」
「そういうものなのですか…。」
「香織ちゃんちへも遊びに行くと思うからよろしくね。」
「はい。」

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 2

パトラ

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします(^^)
いつも、まとめ読みになってしまって
すみません(^o^;
by パトラ (2009-01-02 21:27) 

おにい

よろしくです…。
えっ?
まとめ読みし易いようにしてるつもりで、すみませんって言われると困るのですが。
今は長編なんで次のご訪問は三月ぐらいでも…、忘れないでいていただければうれしいという感じです。

by おにい (2009-01-02 22:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0