So-net無料ブログ作成

雪の日に-1 [権じいの村-4]

「金沢、また少し積もったみたいだな。」
「ひゃっほ~! 槇村、新雪って良いよな~。」
「おいおい、がきじゃあるまいし…、はしゃぐなよ。」
「これでもくらえ~!」
「やったな、倍にして返してやる~!
う~ん、倍返しか…、数を倍にするか、大きさを倍にするか…。」

「すきあり~!」
「おいおい、ちょっと待てよ金沢、雪合戦における倍返しについて考察してるところだからさ。」
「なに? つまんない奴だな、槇村…、考えてばかりじゃ彼女できないぞ。」
「余計なお世話だ、俺はお前と違って体力馬鹿じゃないからな。」
「何を~、これでもくらえ~!」
「あ~、何するんだ~、あ~、バケツを使って雪をまとめてかけるなんて、雪合戦の域を越えすぎだろ。」
「はは、雪合戦の定義はなんだ?」
「そりゃ、雪を丸めて相手に向けて…。」
「誰が決めたんだ?」
「う~ん! 負けたよ…。」
「はは、分かればよろしい、で、さっき何を考察してるって?」

「倍返しの理論だ。
雪球を一発食らったから、二発食らわせれば倍返しだが、相手に対する物理的ダメージが単純に倍になる訳でもない。」
「はは、槇村から二発も食らったら精神的ダメージがの方が大きすぎるぜ、この運動音痴野郎が。」
「言ったな、これでも食らえ~!」
「あ~、何時の間に雪玉を…。」
「考え事しながらでも雪球くらい作れるさ。」
「至近距離からの一発はこたえるぜ。」
「はは、雪合戦における、物理的倍返しは数や大きさだけじゃなく距離も関係するのさ。」
「槇村、面白いな。」
「だろ。」
「もう少し整理してみるか?」
「もちろんだ。」



PHENOMENON
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0