So-net無料ブログ作成

ぷろろーぐ-3 [権じいの村-1]

ふむ、まずはわしの周りをすっきりさせたのか。
確かに人間にとってはこの方が居心地良かろうな。

「そろそろお昼ね。」
「ああ、みんな食事にしようか。」
「おなかぺこぺこ。」
「はは、育ち盛りだからな、めぐは。」
「あら、もうしっかり育ってますわよ、慶次・お・に・い・さ・ま~。」
「こら、恵!。」
「ふふ、真帆姉、慶次さんを盗ったりしないわよ。」
「恵、悪ふざけ禁止!」
「みなさんランチの用意できましたよ。」
「おっ、おいしそ~、う~ん、久美ちゃん特製弁当が食べれるなんて生きてて良かった~。」
「もう、真一くんたら大袈裟なんだから。」
「いやいや大袈裟じゃないな、おいしいぞ、久美ちゃん。」
「あっ、慶次ったらもう食べてる、私たちも…。」
「いっただっきま~す。」

「ねえ真帆姉、この大杉って私達にとって大切な存在なんでしょ。」
「ええ、もちろんよ。」
「だったらさ、大杉なんて呼び方フレンドリーじゃない気がするんだけど。」
「う~ん、確かにそうね。」
「お杉ちゃんってどう?」
「あのね~、めぐ、そんな呼び方したら、この大杉さんが気を悪くして私達を、え~っと呪ったりしそうな気がするんだけど。」
「へへ、杉ちゃんは、細かいこと気にしてないわよ、たぶん。」

うわっはっは。
わしのことを杉ちゃんと。
はは、愉快な嬢ちゃんだ。
わしが呪う? とんでもないことじゃな。





【ブルーベリー&ルテイン カシスプラス】
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0