So-net無料ブログ作成

かめ-7 [かめ]

現時点で我が家の最大の問題はミシシッピーアカミミガメだ。
実は今、うちに何匹のかめがいるのか私自身把握しきれていない。
たぶん20匹ぐらいだと思っているのだが、売るつもりで増やそうとしてきたミシシッピーアカミミガメが売りづらい状況になってしまい、じわじわと増えてきている。
孵化率が低いから何とかなっているが、もしまともに孵化していたら、どんなことになっていたことか。
それにしても売れないという現状を考えると、このまま増やし続ける訳にはいかない。
では、どうするか…。
結論は出ていない。

大きくなって飼いづらくなった飼い主が、自然界へ放った個体、それが繁殖してミシシッピーアカミミガメしか見られない池も少なくないのが現状だ。

小さくてかわいいミドリガメを買ってきて飼い始める。
2年も飼い続けることができれば、死亡率は一気に下がる。
そしてオスならまだしもメスであったならば、ぐんぐん大きくなる。
ちなみに「かめ-5」で紹介した写真は実寸に近い(PC閲覧時)。
何年もしない内に、部屋の水槽で気軽に飼える大きさではなくなってしまう訳だ。
そして…。

この問題に関して、最期まで面倒をみろ、という書き込みを目にしたことがある。
しかし私の様に繁殖を目的とせず、気軽に飼い始めた人たちにとっては、当初予想しなかったサイズまで成長し、寿命30年とも言われているこのかめは重荷となっていくだろう。

ブラックバス、ブルーギル、ミシシッピーアカミミガメによって日本の自然はずいぶん変わってしまった。
これらを池に放った人の予想を遥かに超えて、否予想だにしていなかった、ということが本当のところであろうが外来種が安易に考えられてきたことの結果だ。

ミドリガメ、一年未満の死亡率はかなり高いと推測している。
だから、かめ屋も有りと思っていたのだが、実際には幼少期の死亡率の高さをはるかに上回る個体が販売されてきたのだと思う。



新型コミュは便利な機能が盛り沢山
nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 3

パトラ

子供が幼少のころ、縁日で亀釣りがあり、亀をつり上げました。
まさしくミドリガメだったと・・・
おじさんが持って帰れるよというので、子供は「「うん(^^)」と・・・
わたしは、そのそれをカメちゃんと呼んで、飼育してました。
5年はウチにいましたね、マンションですから水槽の中と、
時々日向ぼっこでベランダで、遊んでました。
あまり大きくならなかったので、オスだったのでしょうね。
ある日、実家の甥っ子が「ほし~」と言うのであげたのですが・・・
脱走したようで・・・・どこに行ったのか・・・元気にしてくれていたらいいのになって思います(._.)
by パトラ (2008-10-01 13:56) 

あんれに

ミッシッピーアカミミガメは最近はどこでもいますね
近所の川にはよく甲羅干しをしてる姿をよく見ます
東京の公園の池はこのカメがいない場所がないくらいです
外来種によって日本の生態系は随分変ってしまいましたね
たまに川に釣りにいくとブルーギルとアメリカナマズばかり釣れます
古来から日本に生息してた生物にはかなりの影響がでてると思います
飼いきれなくなって川や池に放すのは後をたたない状況ですね
by あんれに (2008-10-01 23:20) 

おにい

>パトラさん
広い空を眺めながら、のんびり生きていてくれるといいですね。

>あんれにさん
そして、強い種が繁殖すると簡単には戻せないんですよね。
by おにい (2008-10-02 09:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0