So-net無料ブログ作成

かめ-3 [かめ]

さてここで親がめたちを紹介しておこう。

いしがめとくさがめのハーフとくさがめオス

クサガメとイシガメのハーフはウンキュウとも呼ばれている。
中央の個体がウンキュウのメスで今回孵化した子がめたちの母がめ、右下は父がめの可能性の高いクサガメのオス、このクサガメは平成2年の秋からここで暮らしている。

いしがめ オス

初めて庭で子がめの孵化を確認した日に買ってきたイシガメのオス。
甲羅の緑は苔によるもの、タワシでこすれば黄土色となるのだろうか。

かめ

一番大きい個体がウンキュウのメス、右後方がウンキュウのオス、右手前がイシガメのオスとなる。
一番若いウンキュウのメスが一番大きい。
イシガメはウンキュウのオスの孵化を確認した日に成体を購入したので一番高齢なのだがちっとも大きくならない。
写真では解りにくいがウンキュウのオスよりも小さい。
ヌマガメの雌雄は成体の場合、肛門の位置で判断できる。
幼体での区別は無理なのだが。
ただ成体まで飼育していると簡単に見分けることができる。
どんどん大きくなっていくのがメス、そうでないのがオスなのだ。




≪友達100人応援ツール≫搭載♪
nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 7

コメント 3

パトラ

平成2年ですか・・・このかめさんはどれくらいあまで生きるのでしょう?
万年とかじゃないですよね(^_^;)
by パトラ (2008-09-25 22:45) 

あんれに

個体差によって大きさがけっこう違うのですね
親子で一緒にいる姿が微笑ましいです
by あんれに (2008-09-25 23:06) 

おにい

>パトラ さん
沼がめたちの寿命は30年ぐらいと聞いています。
>あんれに さん
ひなたぼっこの時はもっと微笑ましいというか、種類雌雄関係なく、かめの上にかめが乗ってのんびりしてることもあります。
3段になったことも。
by おにい (2008-09-28 09:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0