So-net無料ブログ作成

馬籠宿から-3 [短編集-5]

藤村記念館を出て遅めの昼食、しばらく宿場内を散策した後二人は展望台へ。

「今日の恵那山はかすみ気味だな。」
「うまく撮れそう? 正樹。」
「ちょっとインパクトが弱そうだから…。」

恵那山

「ふふ、ここを通った昔の旅人たちも、あの山を見たのかしらね。」
「うん、多少崩れているから今と全く同じとは言えないだろうけど、旅の人も宿場の人も見ていたと思う。」
「そして恵那山もここの人たちを見守ってきたのね。」

「香織、そろそろ現代の旅人も出発するか。」
「ええ、まずは馬籠峠を目指すのね、遠いの?」
「距離はたいしたことないけどちょっと登りが急かな、でも峠を過ぎればだらだらと下って行くだけさ。」

「こうして歩いていると色々なものが目に入るわね。」
「うん、車で通りすぎたのでは気づかないものにも目がいくだろ。」
「ええ、道端の小さな花、何時からここで旅人を見守っていたのって感じの、えっと道祖神かしら。」
「歩くというのは、今では贅沢な旅かもな。」
「そうね、こんなのんびりした気分、久しぶりかも。」
「登りが続いてるけど大丈夫か?」
「これぐらい何でもないわよ。」
「もうすぐ、馬籠峠だからな。」
「うん。」

nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 8

コメント 3

あんれに

上から見る山の景色は綺麗ですよね
歩いてみるといろんな物が見つかるので面白いです
とくに夏の時期はとても小さな高山植物が咲いてますね
by あんれに (2008-08-11 01:14) 

mona

歩きがすべて。だったって。
すごいわ、ほんとに。
by mona (2008-08-12 00:11) 

おにい

高山植物の植物の咲いているとこまで行きたいです。

馬とか篭とかもあったのでしょうが、山道ばかりですから、さぞ大変だったろうと思います。

by おにい (2008-08-12 21:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0