So-net無料ブログ作成

歴史-2 [中学生の頃~歴史]

「父さん、どうして中学で歴史を勉強するのかなぁ?」
「そうだな…、うん良い質問だ。」
「何となく、まあ必要のないことを学校で教えないだろう、ぐらいにはわかってるつもりなんだけどさ。」
「答えは簡単じゃないな、まず歴史について一緒に考えてみようか。」
「うん。」
「歴史の教科書に書いてあることは全部正しいと思うか?」
「もちろん正しいんでしょ、教科書が間違っていたら、それを覚えさせられている、ぼくらはばかばかしくなってくるよ。」
「でもな歴史という学問は、資料を元にした壮大なる推理の学問なんだ。」
「えっ、推理。」
「今残っている昔の資料から、例えば聖徳太子は色々な法を定めて…。」
「17条憲法とか冠位十二階とかだね。」
「ああ、だけど聖徳太子は存在しなかったという学説もあるんだ。」
「えっ?」
「なあ、今生きてる人で聖徳太子に会ったことのある人っていると思うか?」
「いるわけないじゃん。」
「だろ、だから推理の学問なんだよ、おっと野球が始まるな…。」

「父さんが野球見るならパソコン使って良いでしょ。」
「おお、いいぞ。」


初めての人でも簡単に読めちゃう。コミック1冊100円レンタル、Renta!

大人のためのリゾートクラブ「湯悠くらぶ」
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 9

コメント 4

千夏

推理か…そんな風に考えたことなかったなぁ。
確かに色々な説がありますもんね(*^^)
by 千夏 (2008-07-18 13:23) 

skimble

こんにちは。scoskiです。
なるほど…!確かに、会った事の有る人がいない以上、絶対にいた、という確実な証拠はないですね…。
by skimble (2008-07-18 14:00) 

パトラ

確かに推理と憶測の学問かも・・・
残ってる文書の行間を読んで行ってますよね。

by パトラ (2008-07-18 15:50) 

kuny

たしかに 会ったひとはもう生きていない・・・・^^;
by kuny (2008-07-18 23:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0