So-net無料ブログ作成

ある夜のできごと [おあそび]

もう9時10分か、配送業者も帰ったからそろそろ倉庫の戸締りをしておくかな。

私は自分の仕事を一つ済ませたところで戸締りを始めることにした。
この時間、ここの倉庫も事務所も私の会社の人間は自分ひとり。
同じ敷地を利用する親会社的な会社の人も後2,3人残っているくらい。
親会社と言っても、まあ最近の企業は色々複雑な構造になっているから説明しにくいところだ。

2号倉庫の扉を閉めかけた時のこと。
すぐ向かいにある1号倉庫の扉から「こんこん」と音がする。
気のせいか?
誰もいない筈だけど…。
と、思いつつも気にはなる、猫でも入り込んだかな。
とりあえず戸を叩いてみると人の声が。
えっ? 
閉じ込められたの?
この倉庫は2つの会社が共同利用していて私の会社の方が二つの扉を閉めることになっている。
もう一つの扉は別の会社の責任となっていて、そちらの方が遅くに閉められることが多い。
だから、別会社の社員だろうと判断。
〇〇〇の方ですか? と、問いかけてみる私。
「はい。」という答えが返ってくる。
立場の低い私は2社が共同で利用している倉庫の鍵は閉めることは出来ても開けることはできない。
鍵の場所を知らない訳だ。
しかも、犯罪者で無いとは言い切れない状況。
まぁ、自分の会社に関係ない人間なら自分が直接対処する理由は全くないし、まだ少しだけど仕事が残っている。
と、いうことで別会社の人に報告して対処してもらうことに。
そして残った仕事が終わりかけた頃、外で声が。
あっ、あっれ~。
倉庫にいたのは自分の会社の…。
最近、仕事中に携帯を見てるとか噂になってた人物。
評価の低いアルバイト社員、でもここでは先輩になる…。
(えっ? 君ね〇〇〇の方ですか? と、問いかけて、「はい。」って応えてなかった? 自分の所属分かってる?)
なんてこと思いながら、〇〇〇社の方に平謝り。
まぁ、自分には何の落ち度もないと思っているし、普通閉じ込められるか? とか思っていたから、つい笑いながらだったけど。

実際7時半の時点でその倉庫の照明が落とされていることに気付いていた。
あ~もう消したんだ、重い扉は誰か閉めておいてくれると助かるけどなぁ、ってな感じで印象に残っていた。
扉は半端じゃなく古く重い。
当然閉める時には大きな音がする。
閉まる音に気付かない訳がない。
本人は仕事していたと、言ってたけど…、さぼって寝てたとしか思えない、自分が気付く前に何人かその前を通っているし…。

まぁ、会社としては問題になる事だったのだが、自分的には笑える事だった訳で…。
なにせ、「亀吉-4 出して~」
http://dustation.blog.so-net.ne.jp/2008-05-13-2
を書いた翌日のことでもあったから…。

私が気付かなかったら朝まで倉庫ですごすとこだった福ちゃんが、反省したかどうか分からないけど、最近で一番笑えた出来事の顛末はこんなところだ。


【アイル】99.99%稼働率サーバー

オリジナルギフトのお店「アートガラス ふー工房」
nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 12

コメント 1

kiko1578

タイミング良くといえばよろしくないかもしれないが
あるんですね。こういうことが・・・・
by kiko1578 (2008-05-14 21:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0