So-net無料ブログ作成

蒔神悟-4 [Lento 13,蒔神悟]

試合後の体育館。
帰り支度を急ぐ者、後片付けをする者、今日の試合について語り合う者、そんな人たちに混じって蒔神はコートにいた。
「蒔神くんだね、院長先生から色々聞いているよ。」
「はい、よろしくお願いします。」
「俺は山吹篤、まぁ色々な意味で君の先輩ということだ。
はは、ボールに触りたくてうずうずしてるって顔だな、ほらっ。」
山吹はボールを蒔神に投げ渡す。
受け取った蒔神はそれをいとおしそうに触ってからドリブルをしてみる。
「おっ、良いドリブルができるじゃないか。」
「山吹さんシュートしてみて良いですか。」
「おお、やってみろ。」
「有難うございます。」
ボールを膝に乗せてフリースローサークルへ。
真剣な表情でゴールを見据える蒔神。
蒔神が放ったシュートは惜しくも外れた。
すぐ山吹がボールを拾い蒔神にパス。
2回目のシュート。
入らなかったが良い距離感をしている。
山吹がボールを拾い蒔神にパス。
この頃から周りの視線が集まり始める。
普通の車椅子、しかも新品となれば事情は察しがつく。
自分達が始めた頃を思い出す者も多い。
3回目のシュート。
それは綺麗な弧を描いてゴールにすいこまれた。
会場から拍手と歓声が沸き起こる。
山吹が蒔神にパスしようとした時、蒔神は泣いていた。
「や、やまぶきさん、僕またバスケできるんですよね。」
「当たり前だ、ここにいる連中でこんなに簡単に初シュートを決めた奴なんていないぞ。」
「はは、そうなんだ初シュートなんですね、車椅子バスケでの。」
「一緒にやるか、練習はきついぞ。」
「ははバスケできないことに比べたら…。」
「もっとシュートしてみるか?」
「だめです、涙でゴールが良く見えないんです。」


TENDERLOIN

Side by Side
nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 12

コメント 1

aya

私は文章を書くのが苦手です。ついいろんな事を考えてしまって
進みません。 おにいさん、尊敬します(^^)v
nice コメント有り難うございました♪
by aya (2008-04-30 22:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0