So-net無料ブログ作成

手紙 [Lento 12,support company]

花組会議では、Harmony Works入りするスポンサー企業のために、和音 with Harmony Works support companyという名称を用意した。
companyをあえて複数形にしなかったのはスポンサー企業たちが一つになって協力し合うということを想定してのことだ。

そしてスポンサーに対する書面は桜子を中心にまとめられた。
まずは今までの支援に対する感謝の言葉に始まり、現状報告、そして今後。

私達の和音、そのベースにあるのは優しさです。
彼女が妹のためにと、自然と身に着けた優しいピアノ、もちろん皆さんご存知の通り多彩な演奏活動を行っていますが、これだけ短期間に多くの方々の心に届いたのはやはり彼女のピアノが心に優しいからではないでしょうか。
さて、その優しいイメージを私達花組はとことん大切にしていきたいと考えています。
そこで、お詫びと、提案、お知らせがあります。

まずはお詫びから。
現時点でスポンサーになって下さっている企業様との契約は原則更新せず契約期間の終了をもって終わりとさせていただきます。
これは今後の、和音 with Harmony Worksの新しい展開に向けての決断です。

新しい展開とは人に優しい企業のみをHarmony Worksのスポンサーとするということです。
人に優しいとは従業員にも優しいということ。
企業の多くは現在の競争社会を勝ち抜くため、不安定な身分の労働者を低賃金で間接雇用せざるを得ない状況にあると理解しています。
しかし、その結果はどうなのでしょう。
自社で働く人たちに優しくない企業になってないでしょうか。
演奏旅行中の3月、スポンサーのHarmony Works入りという話が出たことをご存知の方もみえると思います。
この時、花組メンバーの一人が違和感があると言い出しました。
人に優しくない企業はHarmony Worksのイメージに合わないと。
そして私達は話し合いました。
結論として、社員全員が会社に不満を持っていないということは難しくても、その率が少ない企業のみがHarmony Worksの仲間となれることにしないと、私達の宝、和音や真子のイメージをも損いかねないということになりました。

幾つかのスポンサーの方々には無理な話だと承知しておりますが、あえて提案させて下さい。
人に優しい企業への改革という方向性を。
効率重視、会社の利益のみを重視する時代を終わらせませんか。
真面目に働いている人たちがもう少し幸せな気分になれる環境を作れないでしょうか。
現時点では無理でも、もし御社が人に優しい企業に向けて改革を、ということでしたら私達も協力させていただきたいと思っています。

人に優しい企業となって、和音 with Harmony Works support companyになって下さったら、業種を超えての企業間の交流の場を、営業面だけでなく社員間の交流でもできたらと考えています。
私達の仲間はヨーロッパにもいますから、向こうの企業との提携もできたらと。
今はまだ夢の段階ですが。

そして、Harmony Worksというブランド名で新たな事業展開も視野に入れています。


【アイル】¥3675で5ドメイン管理できる共用サーバー

問屋直営!ペット用品の専門店
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0