So-net無料ブログ作成

ハーモニー-6 [Lento 9,ハーモニー]

来日中のTeam Harmonieのメンバーがゆっくり和音達の生演奏を聴けたのは大学のホールでの演奏会だ。
同行しているスポンサー関係者は日本到着翌日、Lentoで席を貰って聴いているが、他の者達には、それまで生演奏を聴く機会がなかった。
この演奏会は準備期間が短かく、また大学関係者のみへのチケット販売であったが満席となった。
実は和音のことをよく知らない者から、大学の施設を使って学生の有料演奏会を開くことに対してクレームもあった。
が、大学の宣伝になることでも有り、和音のピアノを知っている者達が反対する訳もなく…。
それどころか真っ先にチケットを購入したのは大学の理事や教授、職員だったという。

Team Harmonieに同行してきたテレビ局のクルー以外に、桜庭の局や新聞社の記者も取材に来ている。
桜庭は、この演奏会の抜粋を茂根の画集発売日に放映するつもりなのだ。

ホールの前では演奏会が始まる前からテレビ局クルーによるインタビューが行われていた。
「中村和音さんのことは前から知ってたのですか?」
「姫様のことですか、もちろんですよ、うちの学生で天才ピアニスト和音さまのことを知らないなんて有りえませんよ。」
「えっ? 彼女は、姫様とか和音さまとか呼ばれているのですか?」
「はい、美人でもあるし皆の憧れの的なんです。」
「それにしても姫様というのは?」
「はは、彼女のマネージャーもうちの学生なんですよ、私と同学年なんですけどね。
で、そのマネージャーが、うちの姫様がねって話すのが、あっという間に広まったんです。
私達も、CDやDVDが発売されたり、コンサートがあったり、テレビに出たりとのイベントの度に姫様の話題で盛り上がりますからね。
でも、なかなか生演奏を聴かせてもらえる機会がなくて、今日はドイツからのお客様に感謝しています。」
「そうなんですか、ところで彼女中心のユニットが『和音 with Harmony Works』に決まったことはご存知でしたか?」
「え? 初めて聞きました。
え~と、Harmony Worksのメンバーって言うと真子姫とかなんですよね。」
「もちろん真子さんはメンバーなんですけど。」
「あっ、茂根くんとかも?」
「はい、それだけでなくマネージャー他の、裏方さん達まで含めてメンバーなんだそうですよ。」
「へ~そうなんだ、私もメンバーになりたいなぁ~。」

問屋直営!ペット用品の専門店

おしえるまなべる.net


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0