So-net無料ブログ作成

河津信吾-1 [Lento 6,DVD]

河津信吾はLentoの記録係りをしている。
2003年4月Lentoオープンの頃、オーナーの白川がどこからか見つけてきた。
無口な男で目立たないからその存在に気づいてないスタッフもいるぐらいだ。
彼の仕事は、主にLentoでの演奏を録音、録画し整理して保存という作業、それと演奏風景だけでなく、裏で働くスタッフ達の姿や四季の庭の移り変わりなどをカメラに収めたりもしている。

プロの演奏は著作権の関係もあって演奏者からの希望がない限り、録音も録画もしない。
録音、録画という作業は学生プレイヤー達のためのものなのだ。

そのままCDにできるレベルの機材が、学生達の演奏を記録していく。
それらは整理されLentoスタッフの誰もが聴ける様にLentoのライブラリイにも置かれていて、学生が自分達の演奏を聴き返して、練習の参考にしたりもしている。
学生の中にはその音源を使って、自費でCDを作る者もいる。
売れるかどうかは別としてCDを作るのは予算があれば簡単なことだ。

ちなみに記録整理の作業は平等ではない。
同じ曲を演奏すると、河津の判断で良い方のみが残されるということも多い、また演奏によっては全く残されないこともある。
消去の前に学生に音源が欲しいかどうかの確認はなされる。
データベースを利用しやすくするための処理だという。
だが中村和音や先崎浩士ら幾人かの場合は、ほとんどすべてが残されている。
何年何月何日の演奏で、曲名はもちろん、その時の会場の雰囲気などが河津の言葉で書き残されている。
同じ曲を演奏しても日によって違うということが聴き比べるとわかる。

和音がLentoで演奏を始めた頃の記録には河津の長い文章が添えられている。
「私はとんでもない原石に出会ったのではないだろうか。
とにかく音が違う、今は客の前での演奏に慣れていないという感じがあるが…。」
と書き出し、曲の評価も興奮気味に綴られている。

ちなみに和音ファンクラブの会員番号No.1は河津だ。

日本の地図から簡単ホテル検索【ホテルクラブ】

Billy's Boot Camp


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0