So-net無料ブログ作成

桜庭康平-1 [Lento 4,初秋]

『中村和音第二回定期演奏会 with柳原真子』 の様子は、演奏会の翌週予定通り夕方のテレビ番組で紹介された。
放映時間は当初の予定より少し長くなった。
演奏風景を見た局のスタッフたちが、大きく心を動かされたからだ。
そして視聴者からの反響の多さは、テレビ局として名古屋発の若手芸術家を後押していこうと決定させるには充分すぎるものだった。
まずは桜庭康平がLentoサイドと調整し今後の具体的な番組作成計画を作っていくことになった。

桜庭にとってはラッキーなことだ。
ボランティアで和音たちのプロジェクトに参加するつもりでいたのが、普通に仕事として活動できる。

殊更暑かった夏がようやく終わりを告げ始めたある日、桜庭はLentoの応接間にいた。
Lentoの緑川、初音、祥子が同席。
桜庭は局側の簡単な流れの予定を説明してるところだ。
「今の所、二つの形を考えています、毎週夕方の番組に出演しての演奏、と、ミニコンサートの形で番組を作成しての放送です、スポンサーの方は心当たりとか当たってみようかと思っています。」
「番組の方は桜庭さんにお願いするとして。」
緑川が話し始める。
「スポンサーの方は現時点で5つの企業から、CM出演のオファーが来ているのですが。」
「えっ? どこなんです?」
緑川は有名企業の名を上げていく、会社名に表情を変える桜庭。
「し、失礼しました、そこまで話が進んでいたとは…、でも、どうアピールしたのですか?」
「犯人はそこの祥子ちゃんです。」
「す、すいません私がやりました、って私は犯罪者なのですか?」
笑いながら話す祥子。
「前もって話を聞いて、了承したことだから、私も緑川さんも共犯者の様なものね。」
と初音、緑川がさらに続ける。
「主犯の祥子は、作成中のDVD、と言ってもDVDそのものは完成していて、後は曲の説明とか写真とかの作業をしていた頃なんですが、Lentoのお客様から20人選んで、今度発売させていただくDVDです、とか手書きの手紙を添えて、脅迫状を送ったんです。」
「脅迫状の内容はですね…。」
緑川のジョークに乗る祥子。
「今回のテレビ出演のことなど、軽くお伝えさせていただいたのですよ、スポンサーになって下さいとは一言も書いてませんが、まあ、仲良しのお客様の中から厳選した20人ですから…、20人中5人のお客様がDVD、テレビ出演から、ピンと来てすぐ動いた、ということでしょうね、今は5社ですが、この情報が流れたらすぐに、少なくとも後3社、絶対来ますよ、負けず嫌いのお客様関係がまだなんです。」
「う~ん、祥子さんの手のひらの上で弄ばれてる大企業のお偉いさんがいる訳ですか…。」
多少Lentoのことも聞いていた桜庭だったが、驚きは隠しきれなかった。

日本の地図から簡単ホテル検索【ホテルクラブ】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0