So-net無料ブログ作成

ぽっぽのぴっぽ-9 [ぽっぽのぴっぽ]

ぴっぽの持っていた雲の命がなくなりかけた頃、ぱっぽじいちゃんが近づいてきました。
ぱっぽじいちゃんもお仕事をしていたのです。
「ぴっぽ、そろそろ終わりにしよう、朝降りた山のてっぺんの、一番高い木の、一番上の枝に行くぞ。」
「うん、わかった、モック頼むね。」
「おう。」
ふわふわ~、ふわふわ~。

モックがぴっぽに話しかけます。
「ぴっぽ、疲れたかい?」
「大丈夫だよ、でも初めてのことばかりで、びっくりの連続だったから、まだ胸がどきどきしてるよ。」
「だんだん慣れるさ。」
「うん、早く慣れたいな~。」
「そう言えば昨日は誕生会だったんだろ?」
「うん! 楽しかったよっ~! モックも来ればよかったのに。」
「はは、おいらも雲風船の仲間と楽しんでいたよ。」
「そうなんだ、あっ、もうすぐだね。」
ふわふわ~、ふわふわ~。
「さ~て降りるぞ、ふわっとな。」
モックは枝の上に降りました。

先に下りていた、ぱっぽじいちゃんがぴっぽに話しかけます。
「ぴっぽ、疲れたろう、おやつにしないか。」
「わ~い、おやつ、おやつ、かあちゃんの作ってくれたおやつ。」
ぴっぽはリュックからおやつを取り出しました。
「はい、これはぱっぽじいちゃんの分、モックも食べるかい?」
「いや、雲風船はそういうもんは食わねえんだ。」
「おいしいのに残念だなぁ~、」
「楽しそうな、ぴっぽの笑顔がおいらにとっては、おやつのようなものさ。」
「ふ~ん、ぱくぱくぱく、うひゃ~、やっぱりおいしいや、かあちゃんありがと~って聞こえないか…。」
「はは、きっと届いているよ。」
ぴっぽはおやつを食べながら回りの風景を眺めています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0