So-net無料ブログ作成

ぽっぽのぴっぽ-6 [ぽっぽのぴっぽ]

ぴっぽとぱっぽじいちゃんはお弁当を食べ始めました。
「いっただっきま~す。」
「よく噛んでな。」
「うん、おいしいね。」
「さすが、ぴっぽのかあちゃんじゃ、こんなにおいしい物が食べれてわしらは幸せ者じゃな。」
「うふふ、ねぇ、ぱっぽじいちゃん、この後はどうするの?」
「今度はトンボのメガネをかけて人間達の様子を見に行くんじゃ。」
「物置から持ってきたメガネをかけるんだね、あんなにおっきな人間に近づいても大丈夫なの?」
「人間にはわしらは見えてないから大丈夫じゃよ。」
二人はお話しながらゆっくりお弁当を食べました。
「ふ~、おいしかった、ごちそうさま。」

「さて、そろそろ雲風船たちを呼ぶとするか。」
「どうやって呼ぶの?」
「心の中でモックに呼びかけるのじゃ。」
ぴゅ~ん。
モックたちが戻って来ました。
「早い! まだモックって思っただけなのに。」
「はは、ぴっぽの心はすぐおいらに伝わるのさ、ぴっぽたちの様子は、う~んと上から見てたしな。」
ぴっぽはトンボのメガネをかけました。
「お似合いだぞ、ぴっぽ、さあ乗りな。」
「モック、今度は人間達をゆっくり見れるとこに降りるからな。」
「おう、ぱっぽじい、了解。」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0