So-net無料ブログ作成

ぽっぽのぴっぽ-1 [ぽっぽのぴっぽ]

青~いお空にぽっかり浮かぶ白い雲。
そこにちっちゃなおうちがちょこんと乗っかってます。
住んでるのは、ちっちゃな妖精さんたち、ぽっぽの一族。
今日はちっちゃなぴっぽの誕生日。

「ぴっぽは幾つになったんじゃ?」
「六つだよ、ぱっぽじいちゃん。」
「じゃあ、そろそろ下へ出かけても良い頃じゃな。」
「下?」
「そうじゃな、こっちへおいで。」

ぱっぽじいちゃんはぴっぽを外に連れていきました。
「ここから雲の下を見てごらん、落っこちるんじゃないぞ。」
ぴっぽはそ~っと覗いてみました。
「うわ~、何か色々あるんだね、ぼくんちの回りは白い雲と青~いお空だけなのに。」

「あれが森でこっちが川、それから人間達の家…。」
ぱっぽじいちゃんはぴっぽに色々教えてあげています。

「下って、楽しそうなのがいっぱいあるんだね、早く行ってみたいな~。」
「そうじゃのう、今日準備をして、明日早くでかけるとするか。」
「うわ~い、楽しみだなぁ~、早く用意しようよ、物置へいくんでしょ?」
「これこれ、そんなに慌てるでない。」
ぴっぽは物置へぴゅ~んと行っちゃいました。

「一等賞! ぱっぽじいちゃん、早く早く。」
「そんなに急がなくても物置は逃げはせんぞ。」
「ね~、早く戸を開けてよ~。」
「待っとれよ、さあ、よっこらせっと。」
ぎぎ~、と戸が開きました。
「ねぇねぇ、何持ってくの?」
「そうじゃなぁ、まずはトンボのメガネ。」
ぱっぽじいちゃんはメガネを取りました。
「とんぼのめがねは♪ 水いろめがね♪ 青いおそらを♪ とんだから~♪ と~んだ~か~ら~♪」
「ふふ、ぴっぽはお歌、上手じゃな。」
「へへ、かあちゃんに教えてもらったんだ、でもトンボのメガネって何に使うの?」
「下へ行ってのお楽しみじゃな。」
「何かどきどきだなぁ~、他には何持って行くの?」
「雲の命。」
ぱっぽじいちゃんの手にはガラス瓶があります。
「あれ? 中で雲みたいなのがゆっくり動いているね、上のボタンを押すと出てくるの?」
「そうなんじゃがここで押しても何も起らないんじゃよ。」
「やっぱり下へ行ってのお楽しみってことなんだね、ねえ、下へ行ってのお楽しみばっかなの?」
「いやいや、これはちょっと違うんじゃ。」
ぱっぽじいちゃんは、小さな小さな雲みたいなを二つとりました。
「何なんだろう、これ。」
「雲風船じゃ。」
「雲風船?」
「さあ、右の一つを手に取ってごらん。」
「うわ~、ふわふわだ~。」
「その雲風船はこれから、ぴっぽの友達じゃよ。」
「うわ~い、おともだちなんだ。」
「ぽっぽ一族にとっても、とても大切な友達だから大切にするんじゃぞ。」
「うん、わかった、でも、何をすればいいの?」

「まずはな名前を付けてあげるのじゃ。」
「名前?」
「そうじゃ名前はとっても大切なんじゃよ。」
「う~ん名前かぁ~、う~ん、う~ん、迷うなぁ~、そうだ、もくもくしてるからモックってどう?」
「ふむモックか、雲風船が喜びそうな良い名前じゃな。」
「じゃあモックに決定! で、どうやっておともだちになるの?」
「まずは両手の上にそっと乗せて、ゆっくり揺すってやるんじゃ、乱暴はいかんぞ、自分の両手がゆりかごになったと思うのじゃな。」
「その後は?」
「しばらくすると目を覚ますから、おはようモックと声をかけてあげればいいんじゃ。」
「ぱっぽじいちゃん、もう夕方だよ。」
「まぁ気にするな、細かいことを気にする奴は大物にはなれんからな。」
「よく分かんないけど…、やさしく揺すってあげて、おはようモック、なんだね。」
「そうじゃ。」
「じゃあやってみるね。」

ぴっぽは両手で雲風船を揺すり始めました。
「ねえ、ぱっぽじいちゃん、子守唄でも歌ってあげた方が良いのかな?」
「今から起こすのに、子守唄はまずいじゃろう。」
「あっ、そっか。」
ぴっぽがしばらく揺すっていると、雲風船はプルンと震えて少し大きくなりました。
「そろそろお目覚めのようじゃな。」
「おはようモックって声をかければいいんだね。」
「そうじゃ、もういいじゃろう。」

ぴっぽは雲風船に向かって声をかけます。
「おはようモック。」

おや、雲風船はなんかつぶやいているようです。
「おはよう? モック? モックって誰だ? 誰が声をかけた?」
「モックは君の名前だよ、ぼくはぴっぽ。」
「おや、ぽっぽ族の子だな、おいらに新しい名前を付けてくれたのか。」
「そうだよ、ねえおともだちになってくれる?」
「おいら雲風船は、ぽっぽ族の仲間さ、ふむ、モックかぁ気に入ったぞ、ぴっぽはおいらの大切な友達だ。」
「うわ~い、なかよくしようね、モック。」
「もちろんさ、ぴっぽだったな。」

「ぱっぽじいちゃんモックがおともだちになってくれたよ。」
「そうか良かったなぴっぽ、モック、わしの孫をよろしく頼むぞ。」
「おう。」
「ところでモック、明日ぴっぽを下まで連れて行きたいのじゃが、連れて行ってくれんかのぉ。」
「お安い御用だ、じゃあ今からごはん食べに行ってくらぁ。」
ピュウ~。
モックは雲の中へ飛んで行ってしまいました。
「あれ? モック行っちゃったよ、いいの?」
「大丈夫、明日になったら、おなか一杯になって帰ってきてるよ。」

「ぼくもおなかすいた~。」
「そうじゃな部屋へ戻るとするか。」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0