So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

高松加奈-33 [化け猫亭-11]

「加瀬さん、お久しぶりです。」
「おお、加奈さん、相変わらず綺麗だね、君とはすれ違っていたがサイトは毎日確認してるよ。」
「有難う御座います、うちのサイトは如何ですか?」
「楽しいよ、『今日の女神さま』を書いている、加奈お嬢さまの僕たちはセンス良いね。」
「その辺りの表現は微妙なのですが…。」
「寮の写真も、どんどん進化してる部屋が有ったりして、収納の参考になると妻が話してたよ。
あそこは元々お父上の会社の社員寮だったんだよね?」
「はい、今はうちのスタッフだけで使っています、部屋は狭いですが共有スペースが結構有りまして、ワイワイやってます、お風呂も広いのですよ。
出入り口のセキュリティをしっかりした事で、部屋に鍵を掛けない人が何人もいるぐらい、子ども達が自由に出入りして家族の様に付き合ってる人もいます。
そして、全員で一つの部族なのだそうです。」
「家族と言うよりは部族なのか…、君が部族長なの?」
「いいえ、女神より部族長の方がましな気がしますが、初代部族長には一期の伊藤さんが就任しました。」
「彼女とは一度お話しさせて貰った事が有る、しっかりした人だね。」
「はい、部族の掟を考えてくれています。」
「成程、集団にはルールが必要だな、どんな掟が有るんだい?」
「そうですね、再婚して子ども達が離れ離れになっても、仲の良かった子ども同士は縁を切らないで欲しいとか…。
彼氏とのデートの時、子どものフォローは皆で協力する。
再婚後、子どもが不幸になりそうだったら、必ず部族を頼る。
再婚後も部族の一員、退職しても仲間で有り続ける、と言った内容です。」
「そうか、人を縛る掟ではなく子を守り、仲間を守るという事なのかな。」
「はい、私の幼い子ども達を不幸にしたく有りませんので。」
「皆、共同生活に慣れたの?」
「そうですね、馴染むまでに時間が掛かってる人もいますが、子ども達にとっては良い環境だと思っています、小学三年生の女の子が中心になって遊びの中でルールを教えています。
その子は少し背伸びしている所が有りますが、サポートの学生から吸収する速度がかなり早いそうで、将来は私達の大学に入りたいそうです。」
「頼もしいね、その子の親も能力が高いのかな?」
「経歴からすると知的レベルは高そうなのですが、旦那さんとは死別でメンタル面が心配なのです。」
「そうか、一番守ってあげたい人だね…、でも、離婚で苦しんだ人と正反対じゃないのか、上手くやって行けるのか?」
「今は一人で作業出来る通販関係の仕事をして貰いながら、大学の研究室にも協力して頂いてケアを試みているといった状態です。
部族の仲間は互いに事情を把握しています、死別の人でグループも出来ています。
今は住居を別にするか検討をしていますが、子ども達は仲間になっていますのでどちらが良いのか迷っています。」
「それも君が判断するのか?」
「本当は私がすべきでしょうが、部族長が判断すると。」
「伊藤さんは君の負担が大きくならない様に考えているのだね、うん、トラブルは部族長に任せ、君は女神さまとして見守るだけにした方が良いな。」
「そうですね、皆さんからそう言われてはいるのですが、子ども達の事を考えるとつい…。」
「組織が大きくなると不幸な事も当然起きる、元々、不幸な経験を持つ人を集めた組織なのだからね。
加奈さんは全てを背負おうなんて考えては駄目だよ、女神さまのポジションで部族の民をもっと高みから見守っててあげなよ、笑顔で。」
「社長として、それで良いのでしょうか?」
「まだまだ拡大して行くのだろ、君の役割はそこだと思う、君の下に集る人はまだまだ増える、君が一人一人の問題と向き合っていてはだめなんだ。
伊藤さんも、そう考えているのではないかな、今は伊藤さんに任せて置けば良いのだよ。」
「はい。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高松加奈-32 [化け猫亭-11]

「藤沢さんのお陰です、通販サイトの作業を誰でも簡単に出来る形に構築して下さったので、家事よりパソコン作業の方が得意というスタッフを数名、彼の部下に出来ました。」
「彼は平社員のままなの?」
「次の株主総会で常務取締役に就任して頂きます、それまでは部長ですね。
スタッフは彼が生み出した大きな利益を理解していますので問題無さそうです。」
「通販に参加する企業が増えたものね。
うちの様に他店では買えない物を販売している所は通販で利益が出し易いけど、メーカーとかはどう?」
「小売店を圧迫する安売りは出来ませんが、通販限定、個数限定でのテスト販売が好評です。
食べたり、使ったりした感想を送れば特典が有り、その感想や意見が今後の商品開発の参考になるそうです。
商品紹介が中心ですが、店で探しても見つからなくて通販を利用される方もみえると聞いています。」
「それなりにメリットが有るものなのね、あまり安くないからどうかと思ってたのよ。」
「大きい通販サイトと違って何でも揃ってる訳では有りませんが、見て楽しんで下さってる方は少なく無いのです、その方々がお店で商品を購入して下さればメーカーも潤うのです。
安川さんは、色々な仕掛けに気付かれませんでした?」
「あっ、そうね、このお菓子は何種類有るのでしょうという問題、解答に知らない味を発見して、今度買ってみようかしらと思ったわ。」
「アイディアはうちのスタッフが考えてくれているのです。
そして子どものおやつにと購入、皆さん、通販サイトの企業がスポンサーだと知ってますので、僅かながらでも売り上げに貢献しようとしてるのです。」
「そうそう、うちの店へも人通りの多い時間帯に、店が流行ってる様に見せる為にと立ち寄ってくれてるわ。
お陰で店舗での販売も好調なのよ、客が一人もいない店だと入りにくく、客が多ければ興味を示すと、教えてくれてね。」
「うちのスタッフは店の中で繋がっている安川さんのお店が、どういう店なのか知っていますので、売り上げに直接貢献出来なくても、サクラぐらいならと話していました。」
「協力し合ってという事なのね、ねえ、彼女達の為のシェアハウス、建設計画は進んでる?」
「はい、当初、建物は学生コンペという案が有りましたが、時間が掛かり過ぎるという事で設計事務所が学生と共同作業という形になりました。
学生達がうちのスタッフの意見を聴き、それを取り入れながら設計作業を進めていると聞いています。」
「土地はお父上が用意なされたのね。」
「はい、古い建物の取り壊しが間もなく終わるそうです。」
「さすがに完成までは時間が掛かりそうね。」
「でも一期工事で何十人か住める様にした後、二期三期と増築して行きますので思っていたよりは早く住み始める事が出来そうです、スタッフが増えていますので考慮して頂きました。」
「誰が新築に住むとかで喧嘩にならないかしら?」
「実は、古い今の住居を気に入ってる人が多いのです、建物の外観は悪いですが、リフォーム自由にしましたので綺麗な部屋が多いのですよ。」
「もう住み慣れているという事なのね、ではどんな基準で引っ越して貰うの?」
「転校したがってる子が最優先、後は、まだ友達の少ない子となります。」
「子どもが優先なのね。」
「勿論です。」
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高松加奈-31 [化け猫亭-11]

「あっ、安川さん、お世話になっています。」
「こちらこそ、うちは見易くて綺麗な通販サイトのお陰で売り上げが伸びてるわよ、元々店舗より通販を重視して立ち上げたのだけど、予想を越えてるわ。」
「それは良かったです、藤沢にも伝えておきますね。」
「ふふ、もう小夜が伝えたかも、加奈の所は一個限定が多いけどどうなの?」
「スタッフの手作りですので、でも、利益率の高いオーダーメイドにもサンプル画像からの注文が入り始めて、そうですね、サイトが巨大化して閲覧数が増える事の意味を実感しています。」
「うん、そうね、うちの従業員も理解したみたい。」
「四人の正社員は如何ですか?」
「今のところ真面目に働いてるわよ、まあ塀の中で暮らしていたと言っても極悪非道だった訳ではないしね。
そう言えば、三食をお宅の店で食べてる男性がいるけど迷惑かけてないかしら。」
「特にそういう話は聞いていません、でも、三食を外食だとエンゲル係数が高そうですね。」
「そんなに高い店ではないのだから大丈夫でしょう、自立に向けての昇給を約束していますし…、誰か狙ってるのかしら。」
「安川さん、最近うちのスタッフで彼氏が出来たという話を聞くようになりまして、一度失敗した人が二度目の失敗とならないか心配なのですが。」
「そうね、子どもに負担が掛かるのかな、親は何度離婚しようが本人の責任だから仕方ないけど。」
「最悪の場合、子どもはこちらで面倒を見るというぐらいで良いのでしょうか。」
「充分過ぎるわ、子どもだけ守れば良いのよ、まあ、母親も甘えて来そうだけど。」
「再婚相手の子に暴力を振るうとか有るじゃないですか。」
「あっ、それを心配していたのね…、虐待か…、再婚相手でなくても、今のスタッフにその傾向がある人はいないの?」
「います、生活が落ち着くにつれ改善の方向に向かっていますが、子どもとは適度な距離を置く様にしながら指導して貰っています。」
「離婚とかで精神的に不安定だったのでしょうね、でも、加奈は、もう少しゆったり構えていないと身が持たなくなるわよ、貴女のスタッフがきちんと対応してるのでしょ。」
「はい…、そうですね、私が考えても何も解決出来ません。」
「女神さまではなく、女子大生らしくしてなさい。」
「そうでした、困った事はスタッフ達にお任せと、安川さんに言われていましたのに…。」
「加奈から笑顔が消えたら、スタッフは悲しむと思うわ。
社長は存在感を示す事が仕事なの、雑事は部下に任せてね、貴女の会社は社員が必死に社長を盛り立てて行こうとしているのだからね。」
「はい、それは痛いほど感じています。」
「売り上げはどう?」
「サイト関係が一気に伸びたおかげで全体での黒字がみえて来ました、上手く行けば今期、利益が出せるかも知れません。」
「良かった、少し落ち着けるわね。」
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高松加奈-30 [化け猫亭-10]

「加奈さん、通販の件だけど、うちも乗らせて貰うよ、社員にサンプルを見せたら商品紹介として悪くないという結論に至ったんだ。
価格を下げ過ぎないという方針だから通販その物での売り上げは大きく無いだろうがね。
でも、販売を検討中の試作を個数限定の試験販売と言うのは面白いと思う、誰の発案なのかな?」
「うちの、男性スタッフです。」
「おっ、噂の元引きこもりか。」
「手伝ってる学生スタッフに話を聞くと、天才レベルだそうです、そんな人が辞めたくなる会社ってどうなのかと思いませんか?」
「小夜ちゃんが付き合いたいと思う様な人だから、一般社会では生きにくいのかもな、小夜ちゃんだってそれを感じて、就職ではなく起業を考えたのだろう。
それで、二人の進展具合は?」
「もう、互いの両親に紹介したそうです…、はぁ~。」
「加奈さん、どうしたの?」
「私はお嬢さまから女神になってしまって、お嫁に行けなさそうです。」
「そうか、確かに紹介出来るレベルの人に心当たりは無いな。
それなりの人でないと釣り合いが取れないし。」
「まあ、私の事より、シングルマザーを結婚相手の候補に出来る人がいたら紹介して下さい。
サイトには写真無しですが再婚希望者の簡単なプロフィールを掲載して貰いました、近い内に出会いの場をセッティングします。」
「分かった、独身社員に声を掛けておくよ。
どう、君のスタッフ達は問題なく過ごせてる?」
「トラブルは有りますが、力を合わせて乗り越えています。
家政婦スタッフは実際に働かさせて頂く事でスキルが上がり始めています、スタッフ同士情報交換をしていますし、店では、派遣先のお客様に教えて頂いたメニューを工夫し直して出しています。」
「店のお客さんは増えたのかい?」
「はい、暇な時間帯はスタッフの研修や会議に使っていますので、人の出入りが多い繁盛してる店と思われているみたいです。
一般のお客様が座れる席を常に空けていましたが、最近はスタッフ抜きで満席になる事も有り、二店舗目を考え始めています。」
「利益は出てるのだね?」
「ええ、食材を寄付して下さる方が複数おられまして、日替わり、週替わりのメニューはそれに合わせています。
桜さんのスタッフが宿泊施設建設中のエリアで食材を安く購入して来て下さいますし。」
「そうか、うちも食べきれないフルーツを頂く事が有るから持って行くよ。」
「お願いします、旬の頃は頂き物が被りますものね。」
「夜は居酒屋になるのだろ、場所的には難しい気がするのだが。」
「逆にシングルマザーの店だと知っておられる方ばかりです、売り上げは悪く無いですよ。
結婚相手にと真面目に考えて下さる方もみえるそうです、ただ…、浮気対象にと考えて来ている人がいたら残念です。」
「まあ気にし過ぎなくて良いとおもうよ、私も、独身の部下を連れて行ってみるかな。」
「お願いします。」
「居酒屋スタッフの子ども達が寂しい思いをしているとかはないのか?」
「勿論です、保育スタッフがまとめて面倒見てます。
小学生の子が小さい子に読み聞かせをしてあげたり、一緒に遊んだり、子ども達は兄弟の様に仲良くしています。
私もお土産持参で見に行くのですが、みんな可愛いですよ、巨大な家族が形成されつつ有ると思っています。」
「時代は大家族から核家族へ進んで来たが…、特殊な巨大家族か…。」
「今後、親の再婚で離れる事が有っても、子ども同士の繋がりは残して欲しいと話しています。」
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高松加奈-29 [化け猫亭-10]

「小夜お嬢さまは、どうされたのでしょう?」
「なあ、藤沢くん、小夜ちゃんとは何を話していたんだ?」
「主に会社の話です、加奈お嬢さまの事業を如何に発展させて行くか、彼女は絶対成功させたいと話してくれましたので、私も全力で頑張ると意見交換をしていました。」
「坂田さん、小夜は…。」
「藤沢くん、小夜ちゃんと付き合いたいと思うか?」
「そうですね、知的美人で、でも、彼氏がいますよね。」
「お主に彼女は?」
「いませんよ、引きこもってましたから。」
「藤沢さん、小夜に彼氏はいません、彼女は理系の秀才に憧れが有りまして、一度食事に誘って上げて欲しいのです。」
「あっ、御免なさい、気付くのが遅くて、加奈お嬢さま、小夜お嬢さまと親しくさせて頂いて宜しいですか?」
「はい、勿論です。」
「ふ~ん、藤沢くんとしては加奈さんと仲良くなりたいのではないのかね?」
「えっ? お嬢さまは女神さまですよ、私の様な僕はお仕えするだけです。」
「小夜ちゃんも結構な才女なのだが。」
「ですよね、話が合いそうです。」
「話が合ったのか?」
「ええ、余計な話が入らなくて、頭の悪い子と話してると十分掛かるところが、彼女とでは一分で済みます。」
「ふふ、これは面白くなりそうね、藤沢さんが真面目に小夜と向き合って下さるのなら、私は全面的に協力しますからね。」
「それは必要有りません、小夜お嬢さまのお気持ちは分かりませんが、加奈お嬢さまが作って下さったきっかけ、後は自分で何とかします、お嬢さまはお忙しいのですから。」
「残念、二人の進展具合を楽しみたかったのにな。」
「お嬢さま、今日初めて会ったのですよ、小夜お嬢さまも迷惑かと思います。
自分も美しい女性と話せて少し舞い上がっていますが、男らしく振る舞いたいです。」
「うん、戻って来たら二人で話の続きをしたら良い。」
「いえ、もう少し坂田さまの会社の事を教えて頂きたいです、ウエブサイトだけでは掴めない事が色々有りますので。」
「そっちは、担当者を付けるから連絡を取り合ってくれないか。」
「あっ、失礼しました、宜しくお願いします。」
「なあ、今は給料安いのだろ、大丈夫か?」
「はい、親と同居であまり使わないですし、これから会社を伸ばし黒字にして行きます、小夜お嬢さまからは新規事業を立ち上げても良いと、自分の給料は自分で稼ぎますよ。」
「加奈さん、随分頼もしい僕だね。」
「はい、それだけに他のスタッフには会わせられないのです、争奪戦が勃発しそうで。」
「藤沢くん、小夜ちゃんに断られても、子持ちで良ければ結婚相手は選びたい放題だ。」
「それは考えていませんでした、加奈お嬢さまの事を知って行く過程で、女神さまに自分の一生を捧げたいと思っての応募でしたので。」
「筋金入りの僕なのか…、でも小夜ちゃんの事も考えてくれな。」
「はい、ですが、そこまで小夜お嬢さまを私に勧めて下さるのは何故ですか?」
「小夜ちゃんが頬を赤らめて照れる姿…、なあ、加奈さんも見た事なかっただろ?」
「はい。」
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高松加奈-28 [化け猫亭-10]

「…、という事で坂田さんの所も管理をお願いしたいのです、藤沢さん、それに合わせて昇給という事で如何でしょうか?」
「加奈お嬢さま、私の方は全く問題ないのですが、今、坂田様のサイト管理をされてる方は大丈夫なのでしょうか?」
「あっ、それは問題無いよ、加奈さんを活かす形でリニューアルする計画は暫く前から有ってね、今、頼んでる所は金額の割にデザインが今一だと社員達が話していて、契約打ち切りは先方にも伝えてあるんだ。」
「確かにそうですね、金額の事は分かりませんが、一通り見させて頂いて修正したいと思っていました。」
「見てくれてたんだ。」
「勿論です、加奈お嬢さまと関係の有る企業なのですから、テレビCM、坂田様のお陰でお嬢さまを知る事が出来たのです。
デザインに統一感を出すだけでは無く、通販などで業務提携というのは如何ですか?」
「通販サイトか、利益は出るのかな?」
「加奈お嬢さまのサイトにスポンサー企業の商品を集約すれば良いのです、発送までに少し時間を貰う形にすれば、在庫を持たなくて良いです。
メーカー直だと小売店の反発を招きかねませんが、我が社から適正な価格でという事なら問題ないでしょう。
通販の売り上げが伸びなかったとしても商品紹介の意味が有ります、閲覧し易い通販サイトを構築させて下さい。」
「そうか、商品紹介と考えれば、しかし実際の物流システムを構築するのは難しく無いのか?」
「通販担当者を用意して頂ければ私の方で、もし人手が足りなくなる様でしたら…、加奈お嬢さま、うちのスタッフを派遣しても良いですよね?」
「ええ。」
「検討してみるよ、君のスキルは高いと聞いているが…。」
「坂田さん、ご本人の口からは話しにくいでしょ。」
「あっ、小夜さん、その通りだ。」
「藤沢さんにとってサイトの維持管理は遊びなのです、加奈の写真や動画をいち早く見られるのですから。
そして通販システムぐらい簡単に構築出来る能力を持っているのです。」
「それだけのスキルを持っていて前職を辞めたのは?」
「周りが自分の事しか考えられない様な人ばかりの会社だったそうです、どうして加奈の僕になりたいと思われたのか分かりますでしょ。」
「そうか…、加奈さんは人の事しか考えていない、そこに集る人達も…、藤沢さん、今度は私が化け猫亭に招待したいのだがどうかな?」
「有難う御座います、この店はお綺麗な方ばかり…、加奈お嬢さまともお会い出来て嬉しいです。」
「藤沢さん、小夜と話してどうでした?」
「どうと言われましても…、美しくて理知的なお方ですが、男性と接するのは苦手なのですか?」
「えっ、そうなのかな、私、この店で接客してるのだけど。」
「色々考え過ぎてはいませんか、でも、そんな貴女は可愛くて素敵です、会社務めをしていた頃の周りには頭の悪そうな女性しかいませんでしたので。」
「うっ、ちょっと、たこ焼き買ってくる。」
「あっ、小夜ちゃんが照れた。」
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高松加奈-27 [化け猫亭-10]

「加奈さん、珍しく若い男性が来てるね、小夜ちゃんの知り合いなのか?」
「うちのスタッフです、小夜が話してみたいと話してましたので私が誘いました。」
「という事は引きこもってた人か?」
「はい、サイトの作業を学生から引き継いで貰いました、スキルが高いので在宅勤務ですが正規雇用という型に、他のスタッフとの兼ね合いも有って、まだ高給には出来ていませんが。」
「かなり頭が良いとか?」
「ええ、最近、サイトが見易くなったという声を良く聞きますが、人間工学的に考えられたデザインに彼が修正してくれたお陰なのです。」
「あっ、確かにそうだな、見易くなってた。」
「学生達もポイントを教えて貰ったと喜んでいるそうです。」
「プロとアマの差か…、なあ、我が社のCMに出て貰った事だし相互リンクもしている、彼に君の写真を使ってうちのサイト管理をお願い出来ないだろうか、大したサイトではないのだが。」
「分かりました、相談してからお返事させて頂きます。」
「CMも飯田のとこの続編みたいな形でまた頼むよ、テレビCMはずっと流して来たが、君の登場ほど分かり易く売り上げに貢献したのは今まで無かったんだ、サイト関連も含め契約を頼むよ。」
「お願いします、早く会社を黒字にしないと勝手に働き過ぎるスタッフを減らせないのです。」
「はは、社員の気持ちは分かる、社長に惚れてる人ばかりなのだろ、君の僕は増えてるし私達も応援するからな。」
「それでも、スタッフを増やしていますので…。」
「そうか、シングルマザーって結構いるんだね。」
「はい、今は子どもの年齢を条件にしていますが少しずつ緩和して行きたいのです。」
「さらに引きこもり気味の人達もか。」
「そちらは積極的に動いている訳では有りません。
今回はたまたま優秀な方が応募して下さいましたが、お願い出来る作業が充分では有りませんので。」
「そうか、在宅勤務という事だが、システムはどういう形にしたのだ、労働時間の管理が微妙だろ。」
「フリーです、担当して頂いている事を責任持ってやって下されば労働時間は気にしていません、ただ、かなり余裕が有るそうですので、サイト管理の仕事が増えても快く引き受けてくれるでしょう。」
「桜さんと同じ形か、引き受けて貰えたら給料は上げてあげるのか?」
「勿論です。」
「真面目な人だと、仕事が増え過ぎた時に一人で背負ってしまわないか心配ではあるな。」
「そこは組織論を少し、小夜が話していると思います。」
「そういう事か、実は加奈さんのサイトと似たデザインにして貰えると嬉しいんだよ、飯田のとこも統一デザインにと言って来るかもしれない。」
「違う組織なのに緩やかなグループを形成しているという雰囲気になりますね。」
「なあ、更なる業務提携も考えて行かないか。」
「お願いします、単独より効率が良いと思います、仕事を増やしてスタッフを増やしたいのです。」
「うん、色々考えてみよう。」
「あっ、坂田さん、小夜たちは話に区切りがついたみたいです、よろしかったら一緒に話しませんか。」
「ああ、君の僕とも話がしたいからな。」
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高松加奈-26 [化け猫亭-10]

「加奈さん、今度はニートにも仕事の場を提供するんだね。」
「ふふ、働き始めた瞬間からニートでは無いですよ。」
「CAT'S TAILスタッフがやってた作業を引継ぐという形だろ、スムーズに行くのかな?」
「今はスキルの条件をかなり厳しくしていますが、それでも応募者が有りまして。」
「へ~、どんな人なの?」
「人間関係に疲れて引きこもっていた方です、スキルを考えたら、うちで良いのですかというハイレベル、でも、在宅勤務なら報酬が安くても構わないと。
会社の事情は分かっているから、私の僕になりたいと担当者に話したそうで…。」
「はは、アルフィーのファンがアル中と名乗るみたいに、君のファンは僕を名乗るのかな。」
「ちょっと変ですよね、最初に小夜が言い出したおかげで…、多くの僕をこき使ってるというイメージが付いてしまったら、私、お嫁に行けません。」
「はは、もう遅いよ、すでに加奈お嬢さまの僕を名乗ってる人はかなりいるだろ。」
「みたいです、大学でもさり気なくガードされていまして…。」
「自主的にやっていて君に危害を加えないのなら良いじゃないか。」
「社長令嬢では有ってもお姫さまでは無いのですよ。」
「はは、お姫さまではなく、君を女神と崇めるスタッフは増えたの?」
「はい…、女神ではないのですけど。」
「そう言えばスタッフの部屋をネットで紹介していたね、収納のコツとか興味深い内容だったな。」
「家政婦という仕事を考えたら、幼児がいてもそれなりに整理された部屋であるべきだと。
そして古い建物ですので自由なリフォーム可としたら色々なアイデアが出て来まして。」
「結局一棟丸ごとスタッフの為にとなったのだろ、お父上も太っ腹だな。」
「いえ、もう古い建物ですので、シングルマザーのシェアハウスが完成したら、取り壊して二棟目を建てようかと考えています。」
「それは、強気だな。」
「生活苦から解放された人達のパワーは凄いのですよ。
私からの指示は、働き過ぎない様にの一つだけになって来ました、サービス残業禁止と言っても、食事しながら勝手に会社の事を話し合っていたりしまして。」
「愛社精神が有れば自然な流れさ、私も酒を飲みながら仕事の話をしていたが、それが楽しかった。」
「そうですか…、趣味を勧めても手芸で売れる物を作れないかとか、趣味か仕事が分からないのです。」
「それで良いんじゃないのか、彼女達は社会的弱者から、それを守る立場になろうとしているのさ。
きっかけは加奈さんが作った、この取り組みが成功する事を多くの人が望んでいるから、君は強気なんじゃないのか。」
「はい、ただ、スタッフ全員が会社の経営状態を把握していますので、何とか黒字にしたいと、頑張り過ぎないで欲しいのです。」
「子ども達がいるから大丈夫だろう、子どもも随分増えたのかな?」
「大きい子達には仲間意識が芽生えていると聞いています。
今は小学四年生が一番上ですが、三年生の女の子が仕切ってるそうです。
転校して来て、学校に馴染めていない子の面倒をみたりして、サポートしている学生からは、暮らしの変化を理解し、何をするべきか考えていると報告が有りました。」
「頭の良い子なんだろうけど、それまでの暮らしを想像してしまうな。」
「はい、私の子でも有りますので陰ながら見守って行きたいです。」
「子どもが大きくなったシングルマザーは受け入れないのか?」
「小さい子の面倒を見てくれる様な女の子をお持ちの方はそろそろ受け入れても良いのかと思っていますが、中高生の男の子はまだ難しいです、独身女性ばかりですので…、シェアハウスが完成したら今以上の共同生活になります、でも、いずれ向き合わなくては行けません。」
「そうか…、簡単ではなさそうだな、スタッフの中には再婚を考えてる人もいるのだろ。」
「はい、そのサポートもこれから考えないと。」
「はは、本当にスタッフの母親みたいだね。」
「そんな事は…。」
「父親役は化け猫亭の客がやるしかないのかな。」
「えっ?」
「子ども達にはお爺さんと言う存在が多くても構わないだろ。」
「ですが、すでにスポンサーとしてシェアハウスの建設に協力して頂いてますし…。」
「二十歳そこそこの加奈さんが頑張ってるのに私達が動かなくてはな、まあ、婆さん連中は暇してるから適度な刺激になると思うよ。」
「有難う御座います、私には大した力が無いのに多くの方々に支えられて…。」
「君の最大の能力は、多くの人が協力したいと思わせる力だよ、加奈お嬢さまが女神となって事業を推進しているからね、同じ事を他の人がやろうとしていても、手伝いたいとは思わなかったと思うんだ。」
「女神さま扱いは行き過ぎていると思うのですが…。」
「良いじゃないか、我々のシンボルでも有るのだから。」
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高松加奈-25 [化け猫亭-10]

「桜さんはCAT'S TAILの企画を考え始めた頃から、今みたいな展開を考えていたの?」
「そうですね、化け猫亭のお客様同士が、もっと協力し合えたら面白いとは考えていました、学生との関係を深める過程で。」
「今は想定の範囲内なのか?」
「少し上手く行き過ぎていますが、驚く程のレベルでは有りません、まだこれからですよ。」
「結果が出始めるのはこれからか…。」
「ふふ、結果が出るまでに時間が掛かる企画も有るのですよ。」
「どんな?」
「ニートに仕事をとか。」
「それはハードルが高そうだね。」
「ええ、応募者がいなかったら始まりませんが小児鬱とか病的な原因でニートになってる人もいるのです。
全く働けない人ばかりなのかというとそうでも無いみたいで、ゆったりとしたプログラムを検討しています。」
「そうだな、のんびり暮らしたい人にとっては生きにくい世の中なのかな。
それで、どんな仕事をして貰うのだ?」
「まずは、加奈のサイト関係を手伝って貰う事を考えています。
綺麗なお姉さんの活動に係わるのなら少しは頑張れると思いませんか?」
「暇なら私もやりたいよ、でも、ニートかどうかの判断は難しくないか?」
「はい、そこが難しいところです、支援が必要な人なのかどうか、でもボーダーライン上の人を引き上げ社会参加して貰う事に意味は有ると考えています。
仕事ぶりを見ながら違う作業を提案して行く事も出来ますので。」
「雇用形態はどうするの?」
「まずは、作業委託の形で皆さんの状態を判断させて頂くつもりです、その結果を見ながら今後の展開を判断するチームを組んで有ります。」
「加奈さんはどう考えているのかな?」
「うちはシングルマザー中心です、彼女達が不得意な分野をカバーして頂けたらと、学生スタッフは繋ぎだと常に考えていますので…、ニートから一歩踏み出して下さる方の募集を始めます。」
「おっ、新たな僕の誕生か…。」
「最近うちのスタッフ達、男女問わず加奈の僕になりたいって、どう思います?
普通は彼女にとか愛人にとかじゃないですか?」
「ま、まあ、お嬢様だからな、みんな身の程をわきまえているのだろう。」
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高松加奈-24 [化け猫亭-10]

「加奈さん、お店の準備は進んでるのかい?」
「はい。」
「お客さんに満足して貰う店ってのは難しくないのか?」
「でしょうね。」
「何か他人事みたいだが、大丈夫?」
「暫くの間、客は身内が中心となります。
うちのスタッフは自炊しないで全員店の客か店員、子ども達の食事も店の調理場で作ります。
調理の上手いスタッフが料理長になりますが、皆で意見を出し合ってメニューを充実させて行くという作戦なのです。
家政婦として派遣するスタッフのお弁当も店で、強制はしませんがスタッフの皆さんは協力的なのです。」
「それはそうだろ、労働条件が良いからな、でも、スタッフの人数も増えて当分赤字なのだろ?」
「家政婦派遣やお店、保育園に掛ける費用は回収までに時間が掛かりますが、ネット部門と私のテレビ関連でかなりカバー出来そうです、小夜はその辺りを見越して動いてくれました。
私の知名度が上がり、ネット関連のアクセス数、フォロワーが増えればCMのギャラも上がるのですよ。」
「そうか、情報の流し方が上手いからか、すでに並みのアイドルに引けを取らないレベル、次のCMは決まったのかい?」
「はい、先回のCMを受ける形の映像で別会社のCMが、坂田さんと飯田さんの遊び心から決まりました。」
「成程、全く関連性のない会社、有るのは常務と社長が友人だと言う関係…、CMの反響を考えたら、飯田さんの部下達も喜んでるだろう。
加奈さんは芸能事務所に所属したの?」
「いいえ、依頼が有れば出ますが、こちらからアピールしていく気は有りませんので。」
「悩ましいよ、加奈さんならテレビでも活躍できると思うのだが…、いや、化け猫亭の客達が動けば簡単に、でも大学や会社が有るからな。」
「少し話は来ているのですよ、ローカルですが、でも、どうして私なのですかね?」
「そりゃあ、お嬢様だから。」
「え~、私だってお嬢様でしょ?」
「あっ、桜さん…。」
「化け猫亭知的美人トップスリーと言われている私達の中で、加奈の人気が急上昇なのは何故かしら?」
「それを私に言わせろと?」
「隠しておいても為にはなりません。」
「分かった、桜さんも美人で人気は有る、でも、加奈さんの醸し出す清楚感はちょっと違うんだよ。」
「う~ん…、清楚ですか…、そう言われると…、それは、私や小夜に当てはまる言葉では有りませんね。」
「テレビでも余り見ないタイプだと思わないか?」
「そっか、私程度はどこにでもいるのね。」
「はは、桜さん、加奈さんはそんな俺達を困らせる様な発言はしないのだよ。」
「うっ、もう加奈の話題に乗るのはやめにしますわ。」
「桜さんの怒った顔も可愛いよ。」
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -