So-net無料ブログ作成
高校生会議-18 ブログトップ

岩崎高校生会議-11 [高校生会議-18]

岩崎王国の世界展開を考える上で、宗教について考える事は避けては通れない。
そこで、岩崎高校生会議の世界ネットワークで宗教研究の場を立ち上げた。

「日本の神仏習合を例に挙げ、新たに作るバーチャル王国の宗教と今まで信仰して来た宗教、二つを信仰しするのも良いと説明したのだけど、神社で神頼み、お寺で法要の感覚には驚かれたみたいね。」
「それでも、新しい宗教を作るという事は受け入れられそうです。」
「聡美はどう思う?」
「私は賛成です、バーチャル王国国民内の壁を無くす事になりますので。
法律を作るより新しい宗教…、儒教の教えに近くなるのでしょうか。
でも、簡単ではないですよね、既存の宗教の共通点相違点のチェックが始まったのは、ご覧になられましたか?」
「ええ、解釈の違いからなのか、多くの宗派が存在していて…、それが戦争に繋がって来たのかしら、実際は利害関係の対立だったのを宗教にすり替えたのかも知れないわ。
私達は皆さんが信仰している宗教を否定しないで、難しくないシンプルな形で始めたいわね。」
「教祖は誰にします?」
「岩崎高校生会議でチームを組んでそのチームを教祖とすればどうかしら。
教祖と言うよりローマ法王の様な存在をバーチャルで生み出すの。」
「個人にしない訳ですね、でも教祖様の顔が見えないと有難味が薄くなりませんか?」
「コンピューターグラフィックで幾つか作って選べる様にすれば良くない?」
「名前は同じだけど、幾つもの姿が有るという事ですね、バーチャル宗教ぽくって面白いです。
声も作りますか…、言語が英語だけとは行きませんね、高校生会議は英語オンリーでも、英語を使えない国民もいますので。」
「複雑にしなければ、高校生会議で翻訳して貰えば良いのじゃないかしら。」
「勝手な解釈で宗派が増えるなんて事は…、教祖チームが続く限り、我らが教祖様は不滅だから大丈夫なのか。」
「あっ、それは売りに出来そうね、岩崎王国が続く限り死ぬことのない教祖、聡美、一通りまとめて宗教研究のワークシートへアップしてくれる。」
「はい、分かりました、皆さんの反応が楽しみです。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩崎高校生会議-12 [高校生会議-18]

聡美が上手くまとめてくれたお陰で宗教研究に参加している人達の反応は良かった。
すぐに組織作りが始まり…。

「遥香さま、教祖チームの人選が始まりました。
条件として幸せな家庭を築いている事というのは、一部宗教へのちょっとした皮肉ですか。」
「同性ばかりを集めた施設で性犯罪に走る聖職者なんて必要ないでしょ。
教祖チームメンバーはバランスの取れた人物で有って欲しいわ。
色々な宗教を調べて行くと歪んでいるのよね、宗教的に禁止して意味が有るのかって事とか、且つては有ったとしても現代社会では意味不明な事例が沢山有るのよ。
良く分からないルールでも、文化として納得して残して行く事は否定しないわ、でも、人の価値観を無意味に偏らせるのはね…。
それが貧富の差を助長してる側面も有るでしょ。
先に貧困対策ということかしら…、でもそれは岩崎王国としてすでに進めている事、う~ん、宗教とお金の関係ってどうなのかしら?」
「お金儲けを目的とした宗教団体も有りそうですが、団体を維持して行くのには費用が掛かりますね。
宗教にすがりつきたい様な不安な気持ちを軽減させる対価として、喜んで支払っているのなら社会経済的には問題ないのですが。」
「宗教の役割をじっくり考えていかないと行けないわね。
神社でお願いをする、その行為は時に自分の気持ちや決意を確認する意味が有る。
祈りや神への感謝、それによって心の平穏を得る…。
冠婚葬祭との関係も考えないといけないわね。」
「従妹の結婚式は宗教を一切入れない人前結婚式でした、信仰もしていないのに、という感覚で決めたそうです、日本では信仰心が薄れていますから。」
「でも初詣には行くし、クリスマスを楽しむのよね。
消費拡大に繋がるから悪くはない、でも日本人って信仰心が低い割に真面目よね、やはり衣食足りている人が多くて社会の一員という教育をされているという事かしら。」
「その辺りの分析を始めるときりが無いですよ、子どもの頃からアニメで正義を叩き込まれた人がいたり…、多くの人を引き付けている存在…、遥香さまをお慕いする人は多いです、すでに教祖さまに近いと思いますが、そんな心の支えが有れば自然と真面目な方向へ心が動くのではないでしょうか。」
「う~ん、宗教指導者、国王、社長、リーダーが尊敬される存在であれば…。
他の企業から岩崎関連へ転職して来た人が社内の穏やかな雰囲気に驚かされたと聞いた事が有るわ。
活気は有ってもギスギスしていないって。
お父さまの指導有っての事でしょうが、そのまま、世界へ広げたい事…。
見方を変えればお父さまも教祖的存在、騎士団の方々も熱狂的なファンを持つ教祖的存在よね、既存の国や宗教の枠を越えて、住み易い世界を作る為に、まずは影響力の大きい人達が同じ価値観を共有して行く、新たな宗教によってその指針を示す事が出来れば良いのよね。」
「はい…、壮大なお考えをさらりと口になさる遥香さまは教祖に相応しいと思います…、となると、布教活動は岩崎高校生会議を利用しますか?」
「一切強制しないという条件付きでね。
後は…、偶像崇拝には余りしたくないけど、何かシンボルが欲しい人の為にグッズ販売をして運営経費に充てましょうか。」
「では、その方向でまとめてみます。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩崎高校生会議-13 [高校生会議-18]

しばらくして新しい宗教組織の素案が出来上がってきた。

「世界中の人が既存の国家、宗教の枠を越え、手を取り合い、平和な社会、愛に溢れる家庭を築いていく事が私達の願いです。
遥香さま、無難なところでしょうか。」
「そうね、根幹としてはこんなところかしら。
シンプルに始めておいて、状況を見ながら教祖さまから変更や追加のコメントを出して行けば良いものね。」
「私達は、一部のテロ活動を認める宗教、宗派以外はいかなる宗教活動をも尊重し、これを否定する事は有りません。
思想的に相反する教義を持つ人で有っても、協力関係を構築する事は不可能ではないと考えています。」
「聡美はこの一文、どう思う?」
「流石にテロを認める訳には行きません、他の多くの宗教と問題なくやって行ける様に、教祖チームは色々な宗教を信仰している人で構成しています、必要なら増員出来ます。
宗教の垣根を越えて行くのが教祖チームの役目、それだけの人材が集まっていると信じたいです。
ただ、東南アジアのイスラム教徒とは繋がりが強いのですが、中東やアフリカは岩崎王国が広がってませんので、反応が分かりにくく若干不安です。」
「そんなエリアからの留学生中心に、岩崎高校生会議を広げたいとの声が上がってるのでしょ、実際はどうなの?」
「組織化までは難しそうです、原油依存からの脱却を目指している中東の王国が少し興味を示しているのですが、今は海水淡水化装置の売り込みをしている段階、受注出来て工事が始まれば小さな拠点が確保出来るかもというレベルです。」
「うちは賄賂とか出さない方針だから、国によっては難しいかもね。」
「派閥間の争いも有ります。
部族間の事情を無視して国境を決めたという馬鹿げた事情も有りますが。」
「一つのいい加減な決定がその後の長い混乱を招いたのよね、大きな宗教対立も有って…。
宗教的聖地へのこだわりか…。
ねえ聡美、私達の聖地はどうする?」
「基本的に不要ですが、世界中に作って観光地にするという手も有ります。
老後は世界の聖地巡礼の旅とかどうでしょう、岩崎王国の観光産業を発展させたいです。」
「ふふ、ストーリーをでっち上げるのね、でも奇跡は無しにして奇跡的に…、そうね、多くの人の協力が実を結んで奇跡的にニュータウンを拡大させる事に成功しました、その始まりの地が私達の聖地です、と言う様な形はどう?」
「岩崎王国拡大の歴史をそのままに、聖地を構成して行くのですね。」
「聖地と呼ばない方が良いかしら、記念の地とか。」
「岩崎が関係している観光施設にモニュメントを作り、平和へのメッセージを残すという事で如何でしょう。」
「そうね、悪くないと思うわ、岩崎高校生会議でも検討して貰いましょうか。」
「はい、指示を出しておきます。」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩崎高校生会議-14 [高校生会議-18]

基本的な形がまとまり岩崎社長からのゴーサインが出た所で教団設立について発表。
怪しげな新興宗教と混同されない様にメッセージは私から発信した。

「岩崎王国の国教としてボーダーレス教団を設立します。
宗教的な取り組みを意識していますが、国民の皆さんに入信を強制するものでは有りませんし、皆さんのリアル社会での信仰を否定するものでも有りません。
では何故設立するのか、それは国境のないバーチャル王国内で、宗教対立、差別が有ってはならないからです。
岩崎王国国民として行動する時はボーダーレス教団の一員として、人種も普段の信仰も異なる人と接して頂けたらと考えています。
入信しなくても、この考えは国民として持って頂きたい事です。
教団の教義などは岩崎高校生会議が中心となってこれから固めて行きます。
一般の宗教で教祖に当たる存在は、異なる宗教、宗派の人が集まって作られたチームが当たります。
教祖と一人称で呼びますが実際には複数の人によって構成されているとご理解下さい…。」

概略説明の後、教義の一部を紹介して私の役目は終わり。
続きは聡美がシステムや予定されている記念祭の事などについて話した。
発表から三日後…。

「入信の意思表示をするもしないも自由とした割には、国民登録更新をして入信の意思表示をしてくれた人が多いわね。」
「遥香さま直々ですし、国民の皆さんはすでにボーダーレス教団の教義を受け入れている様な人ばかりだと思います。
国籍も人種も宗教も言語も違う人と同じ国の民として繋がる事を喜びと感じる人は少なくないでしょう。
今は教義も簡単ですし。」
「ふふ、今はなのよね、岩崎高校生会議の教団関連チーム、準備は進んでるの?」
「はい、教団創設記念祭の頃には第一弾が発表出来ると思います、教祖チームも頑張っています。」
「思想に係わる事だから、バーチャル宗教とは強調出来ない、でも既存の宗教とは一線を画して布教活動、その第一歩…、二歩目なのかな。」
「ですね、一歩目は上手く踏み出せたと思いますが、次の発表がどう受け止められるのかは大きいです。」
「ええ、そうね。」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩崎高校生会議-15 [高校生会議-18]

教団創設記念祭に合わせ信者からの質問に答える形で公開したのは、教義というより教団の見解をまとめたもの…。

「人工中絶に関しての説明に対しては、特にアメリカで盛り上がっています。
岩崎高校生会議のチームが良い仕事をしてくれました。」
「ええ、今、反響を見てるわ、教団として、こうしなさい、ではなく考える材料を沢山提供した事が良かったみたい。
単純に人工中絶反対とか、認めるべきだと言い合っていてもね。
望まぬ妊娠をしない為に出来る事から始めて、もし妊娠してしまった時の選択肢、その後の事例を紹介、色々考える材料を用意した上で、母体の安全を第一に考え、単純に人工中絶の良し悪しを考えない様にと、妊娠に関する教科書の様なものにしたのが正解だったみたい。」
「派生的に提案した、一人の子を三人以上の親が協力して面倒を見るという案は、母子家庭の貧困問題、育児ノイローゼなどの対策にならないか研究してみたいとの声が出ていますね。」
「家族の多様化、妊活に疲れ果てる前に、自分と血が繋がって無くても親子になって良いし、母親が複数いれば余裕を持った子育てが出来るかもしれない、複雑な問題が発生しそうだから研究の必要は有るとしてもね。」
「人口中絶なんて自分達には考えられない事だが、最後の一文は大切にしたいとの声も出ています。
愛ある形で結婚し、愛し合って子を授かり、愛情を持って子育てする事が最善ですが、誰しもが思い通りには行く訳では有りません、それでも子どもは宝、大切に育んで行きましょう。
さすが遥香さまのお言葉です。」
「あ~、自分で書いておきながら、自分自身には見えてない世界なのよね~。」
「神さまにおすがりしますか?」
「そうね、彼氏が欲しいのって、ふふ、まさかね、私にだってプライドが有るわ。
国民の願いを叶えるシステムの構築は出来そうなの?」
「国民の人数が随分増えましたから、お願いが多く成り過ぎる可能性と大勢の力で願いを叶えてあげる事が出来るという可能性が有ります。
まずは、神様ヘルパーの募集から始める事になりますが、話を進めている岩崎高校生会議のメンバーの中には、すでに名乗りを上げてくれた人もいます。
お願いは詳しく書く、書き終わったら、もう一度自分の力で出来ないか、家族に協力して貰う事は出来ないか考えてから送信。
大金が欲しいと言ったお願いはNG。
進めて行く中でNGの例を示して無駄を減らして行きたいと考えています。
お願いは神様ヘルパーが読んで重要度が高いと考えられるものから、神様ヘルパーや高校生会議で新設する部署へ情報を流して検討、実行という形を考えています。」
「金銭面は?」
「神様ヘルパー達はボランティア、担当職員の給料は、さほど問題では有りませんが、どんなお願いをどの程度叶えてあげるかによって大きく違ってきます。」
「予算有りき、が良いのかしら。
始めてみないと分からないわね…、軽くアンケートを取ってみる?」
「そうですね、神様に、自力では困難だけど、手助けが有れば実現可能なお願いをするとしたら、何をお願いしますか。
という感じで良いでしょうか。」
「そうね、内容によってはそのまま叶えて上げても良いわ。」
「では、すぐに実行する様指示しておきます。」
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩崎高校生会議-16 [高校生会議-18]

アンケートの結果は…。

「遥香さま、如何ですか、微笑ましいのも有りましたが、重いのも…。」
「二国間で揉めてる問題を解決して欲しいというのは取り組んでみたいわね。」
「随分難しそうですが。」
「この両国ならどちらにも岩崎高校生会議のメンバーがいるでしょ。
それぞれのグループと他国の人で作る中立グループの三者で解決策を探ってみる形はどう?
結果はともあれやってみる価値は有ると思うの、全員岩崎王国の国民、出来ればボーダーレス教団の信者ばかりで構成出来ると良いのだけれど。」
「まさしく教団の目的に合致した活動になりますね、この願いを書いてくれた人と連絡を取ってみます。」
「彼氏が欲しい、彼女が欲しいという人には、取り敢えず岩崎高校生会議にボランティア参加して、出会いの場を広げてみてはと返事を出そうか。」
「はい、こう言った内容なら、あまり費用は掛かりませんね。」
「漠然と留学したいという願いを出した人には、何を学びたいのか何故留学なのか明確な意思表示が出来るだけの能力が無ければ支援出来ない、と、神のお告げが下る事にしましょう。」
「そうですよね、希望の大学に合格したい、に対しては、学習頑張って下さい、と神様から返事が来る…、それでどうなる訳ではないけど、私達の神様は見守ってくれていると感じて貰えば良い、そんな感じで如何ですか。」
「高校生会議に参加してアドバイスを受けるという選択肢が有る事に気付いているのかしら。」
「エリアによってはまだ充実した活動が出来ていない所も有ります、希望の大学というのも漠然としていますね。」
「何故そこに入学したいのか自分の意思を明確にする事で目的意識が高まります。
神様へのお願いはその辺りの教育も兼ねる事になりそうね。」
「はい、ボーダーレス教団の神様へは、どうお願いすれば良いのかまとめてみますが、遥香さま、教祖や神様の名前がまだ決まっていません、どうしますか?」
「皆さんから募集しても良いわよ。」
「公募ですか…、さすがに違和感が有りますが。」
「歴史のない神様なのよ、全知全能でない代わりに、お願いに応えてくれるかも知れない。
違和感有りまくりの新人神様だから、教祖チームや神様ヘルパーで決めて良いのよ。」
「分かりました、一度相談してみます。」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩崎高校生会議-17 [高校生会議-18]

一市民が神に願い、私達が取り組むと決めた二国間の懸案事項、それは領土問題だ。
大きな利権が絡む難しい問題。
小さな島一つが広い領海、排他的経済水域に関係し両国とも簡単に譲る事は出来ない。
岩崎高校生会議で二国間問題専用の遥香システムを立ち上げ二か国の主張を整理しつつ解決策を探る。
参加者はすぐに増えた。
結論が共同統治に納まったのは、全員がボーダーレス教団の信徒だから当たり前かもしれない。
相手国を非難する様な人は一人もいなかった。

「共同統治案に落ち着くまで早かったですね、当然と言えば当然ですが。」
「問題はこの案をどう二か国の人に納得させるかね。」
「戦争でも起こしかねない状況ですから簡単には…。」
「ねえ聡美、このまま領土問題が解決しなかった場合の損失、共同統治にした場合の経済効果を試算して発表というのはどう?」
「あっ、成程、共同統治にした場合の開発計画を立てて…、岩崎が関わる場合の試算も出してみます。
まずは二国間問題研究チームに諮って、必要が有ればこちらでも計画立案、試算を手伝います。」
「共同統治するなら岩崎が投資すると明言しても良いわね、二国間の関係が改善されれば両国の支社にとってもプラスになるわ、投資規模はお父さまとも相談しておきますね。」
「遥香さま、島自体は大きく無いです、島に投資しての大きな経済効果というのは難しく有りませんか。」
「何となく考えていたのだけれど、実験的水中都市建設ってどう?
まずは満潮時に一階が水没する程度から始めて、研究と観光、地球温暖化で水没しそうな島の海岸線に建設したり出来ないか試行してみるの。
欠点は事故による浸水リスクと空調その他インフラの高コストね。」
「先行投資の回収が難しそうですが…。」
「完全水没タイプを作って高級別荘として売るのよ、普通の別荘では満足できないセレブ向けにね。
十軒ぐらいならすぐに売れるわよ。」
「高い維持費も問題ないという事ですか…。」
「共同統治が実現出来そうに無かったら他の候補地を探す事にしておこうか。」
「海底の所有権はどうなるのでしょう?」
「利権がややこしそうでしょ、逆に共同統治のどさくさに紛れて進める事が出来たら楽じゃない?」
「さすが遥香さまです、二国間問題とは別のチームが必要になりますね。」
「ええ、チーム編成をお願い、基礎調査の為の資金は私の口座からにしておいて、ひとまず一千万。
後は状況を見ながらどのおサイフを使うか考えるわ。」
「分かりました。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩崎高校生会議-18 [高校生会議-18]

二国間でその領有権を争って来た島。
そこを共同統治とし平和的に利用するのなら岩崎王国として投資をすると、様々なシミュレーションを明示した。
解決しなかったら他の島へ切り替えると期限付きでだ。

「予測はしていましたが自分が直接利害関係にない人達は、水中都市構想に夢を描いてくれました、後は、対立を煽って来た政治家達がどう出るかですね。
経過を見ながら、両国の高校生会議は政治団体みどりの風を立ち上げて行きたいと考え始めています。」
「う~ん、高校生会議の規模、岩崎の規模はまだ微妙よね…、下手な動きをすると政府が岩崎に対して警戒心を抱くかもしれない、その辺りの計算は出来てるかしら?」
「確認しておきます。」

両国は動き始めた。
みどりの風立ち上げ計画は、この問題の結論が出るまで表には出さない事になったが着実に進み始めている。
そして、両国の政治家は岩崎王国からの提案を検討せざる得なくなった。
岩崎高校生会議が中心になり、マスコミに働きかけた結果だ。
このままでは何も生み出さないが、共同統治にすれば軍事費を減らす事も可能。
岩崎の提案を受け入れれば水中都市の実験が始まる。
反対意見は少なかった。
それでもほかっておくと結論が出るまでに時間が掛かると考え、岩崎王国が仲立ちをする事に。
まず両国を私が訪問。
その後、両国の首脳を日本に呼んで調印にまで持ち込みたいと考えている。
両国訪問前。

「聡美、上手く行くかしら?」
「両国で岩崎王国の国民が急増しています。
島の共同統治を提案、水中都市構想の発表で、岩崎に対する関心が高まり始めた、そのタイミングで遥香さまご訪問を公表した結果です。
騎士団の中にはご訪問に合わせ現地公演をねじ込んで下さった方もみえて。
現地支社によれば歓迎ムードが高まりつつ有るそうです。」
「大統領の反応はどう?」
「詳しい情報は入って無いですが、歓迎会を開いて下さるのですから大丈夫でしょう。
領土問題が解決したら、それぞれの本国でも安心して投資を増やせるとは伝えて有ります。
軽んじられる事は無いでしょう。」
「だと良いわね。」
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩崎高校生会議-19 [高校生会議-18]

二か国訪問はどちらの国でも大歓迎を受けた。
二か国目の大統領主催晩餐会を終えて…。

「この国の大統領も遥香さまの言う事なら何でも聞くという感じでした。
ある意味、遥香さまは史上最強の外交官なのかも知れません。」
「お姫様ごっこを全力でやってるだけよ。」
「遥香さまにひれ伏したくなったと、後で大統領が話しておられました。
姫と言うより女神さま、映像では伝わらない神々しさを感じられたそうです、私も感じる事が有りますが。」
「それは神様に失礼よ、それより肝心の領土問題はどうなの?」
「すでに二国間交渉は合意に近づいていて、日本での調印に向けて準備を進めて欲しいそうです。
岩崎王国が動いた事で、今までなかなか見つからなかった落としどころが見えたと話しておられました。
それで、岩崎王国を正式な国家と認め友好関係を築いて行きたいと、両国首脳の意思だそうです。」
「岩崎本部への連絡は?」
「勿論済ませて有ります、二国間問題とは別で動く必要が有りますので。」
「支社の対応は?」
「はい、水中都市建設関連の企業買収はすでに見通しが立っています。
投資拡大は、今回のご訪問関係で大きな利益を得ていて、支社の力だけでも追加投資が可能だと報告を受けました、遥香さま関連商品は継続的に売れると判断しての事です。」
「後は水中都市建設の成否が鍵を握るという事なのね。
有る程度の規模にしないと多くのお客さんを呼ぶ事が出来ないでしょ。」
「海中都市研究チームはまず海上に村を作るところから始めるつもりです。
ここに海水淡水化プラント、発電施設と作業員の宿舎や店舗を置き、港の機能を持たせます。
初期段階の観光施設は海上に置き徐々に海中へと。
海中の施設はほとんどが観光客向けに成ります。
海中に野菜畑を作ってみたりして、他の惑星へ移住した場合の生活を体験出来る場にしたいと取り組んでいます。
光が弱いですが、温度変化が少ないという特徴を活かせないか検討中だそうです。」
「夢を売って観光客を誘致しないといけないものね。」
「はい、海中都市を舞台にした映画作品の検討に入っていますし、いずれはテーマパークとして施設を充実させ、海中ホテルや海中別荘の建設も。」
「投資は回収出来そうなの?」
「島はボーダーレス教団の聖地になると思いませんか、自然に。」
「そうね、岩崎王国にとっても記念の地になる、島の真ん中を国境線が通ると言っても、地図上だけの話、島自体が特別なエリアになるのよね。
信者の皆さんが、生きている内に一度は訪れたい、と思えるようにしたいわね。
そうなれば時間が掛かっても回収出来るかな。」
「他の国家間トラブルも解決出来ないでしょうか。」
「簡単ではないでしょうね、ここは揉めてはいたけど、さほど複雑では無かったでしょ。」
「そうですね…、両国の力関係や歴史的な問題…、他国の信者から同様のお願いをされたらどうしますか?」
「岩崎高校生会議で検討して貰いましょう、自分達のリアルな国家間問題を研究する事は、高校生会議で取り組むべき課題でしょ。」
「あっ、お願いされなくても進めるべき事ですね。」
「ここでの成功が他へも波及すると良いわね。」
「はい。」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩崎高校生会議-20 [高校生会議-18]

神様へのお願いから始まった、島の領有権問題は、調印式を私の城で行い決着。
この頃にはボーダーレス教の神に対する祈りの形が整理されていた。
神への願いの内、就職、進学、恋愛、出会いなど個人的な願いはほとんど岩崎高校生会議で取り組んでいる。
神様ヘルパーに相談し高校生会議メンバーに手伝って貰って、論理的科学的に解決して行くという形。
世界平和から家内安全まで自分の力が及ばない願いは、神への祈り。
そして、自分の目標を明確にし、神に誓うという事も推奨している。
だが…。

「困ったわね…。」
「遥香さま、どうされました?」
「聡美、ボーダーレス教団のグッズはリクエストに応じて製造販売してるでしょ。」
「ええ、売れ行き好調です。」
「神の肖像がまとまらない内に、私の写真を神の肖像が如く使う事が流行ってしまって…、とうとう正式な教団のグッズとして、私が神様っぽい恰好をした写真を発売したいと言って来たのよ。」
「あ~、私、買います!」
「私は神では有りませんよ。」
「良いでは有りませんか、コスプレと思えば。」
「姫というだけでもハードルが高いのに神になってしまったら、いよいよお嫁に行けなくなるわ。」
「女神と人間が結婚して、という設定で良いじゃないですか。」
「他人事だと思って…。」
「ついでに稼いで、水中都市の建設資金に…、そうだ海底神殿なんて良いじゃ有りませんか、教団の聖地にぴったりです。」
「規模が小さいと残念な感じになる、大きくするには費用が掛かり過ぎる…、じゃなくて…。」
「西洋の女神、日本の女神…、世界中の女神を元に衣装を揃えましょう。
平和の女神だけでなく、勝負師向けに戦いの神とかバリエーションを広げて写真集を出しましょう。」
「はぁ~、コスプレ写真集と銘打ってね…。」
「そうですね、アニメ作品からも拾う様に指示を出して置きます。」
「ちょっと…。」

岩崎王国の結束を強める意味も有って設立したボーダーレス教団は着実に規模を拡大している。
グッズのリクエストはそれまで信仰して来た宗教でも兼用出来そうなのが多かった。
そこに私の写真が加わる…、いや、私は神ではない!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
高校生会議-18 ブログトップ