So-net無料ブログ作成
検索選択
高校生会議-16 ブログトップ

展開-01 [高校生会議-16]

遥香姫生誕祭は今年も盛大に行われた。
その記念行事を伝える報道番組の中では…。

「遥香さまは十六歳で遥香コーポレーションの社長に就任以来、会社を劇的に発展させて来られました。
プリンセス遥香は人気ブランドとしてその地位を確立。
その開発に遥香さま自身も関わったという遥香システムは、オフィスを変えると言われ、導入企業が増え続けているそうです。
また遥香さまのCD、DVD、写真集、その他のグッズは国内のみならず海外でも人気で会社の売り上げに大きく貢献しています。
岩崎王国の一員として、会社の利益を貧困対策に充てている事は皆さんご存知の通りです。
そんな遥香さまは十八歳になられたご挨拶の中で、今後は今までにも増して海外展開に力を注がれると話されました。
本日はチーム遥香から小林小百合さんに来て頂きましたが、その海外展開中心にお話を伺って行きたいと思います。
小林さん、宜しくお願いします。」
「こちらこそ。」
「小林さんがチーム遥香の一員となられたのは最近の事だそうですが。」
「はい、しばらくサポートの立場で活動しておりましたが、拡大の勢いに人材が追いつかず、未熟者ながらメンバーに入れて頂きました。」
「やはり海外展開の関係ですか?」
「ええ、参議院選挙後に遥香さまはヨーロッパ旅行の予定が有ります、その途中のフランス担当です。」
「どの様なお仕事をされているのですか?」
「今は岩崎のフランス支社と連絡を取り合い調整作業をしています。
再来週辺りにフランス入りし遥香さまをお迎えする準備をしながら、フランス支社拡大へ向けて色々動こうと思っています。」
「フランス語も堪能だそうで。」
「はい、日本生まれ日本育ちですが、母がフランス人ですので。」
「お綺麗で、モデルとかの仕事に興味はなかったのですか?」
「ビジネスに興味が有りましたので…、でも最近はプリンセス遥香の衣装を来て、静止画のみのモデルはやってます。」
「そうでしたか…、おっとごめんなさい、話をフランスに戻しますが、フランスでも岩崎王国は活躍しているのですか?」
「いえ、東南アジア諸国と比べたら微々たるものです。」
「何か理由が有るのですか?」
「はい、岩崎王国の国王である岩崎社長は、対等貿易という考え方をされております。
輸出大国日本、言い換えれば他国の富を吸い上げてきた日本企業の有り方には否定的で、フランスへ輸出したのと同レベルの輸入をフランスから行っています。
フランス相手ではスムーズに進んでいて、貿易の規模は自然に増えています。
ですが、その様な国ばかりでは有りません。
今まで王国を拡大して来た国は、こちらから投資をさせて頂いて、相手国の利益を尊重しバランスを取る必要の有る国が中心だったのです。」
「今までは、という事は今後、変わって行くということですね。」
「はい、大国であっても問題を抱えています、その辺りを共に考え改善して行こうと、東南アジアの次にヨーロッパ、北米エリアでの展開を考えています。
具体的にはまだ調整中ですので、形が整いましたらご報告させて頂きます。」
「有難う御座いました。」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

展開-02 [高校生会議-16]

遥香姫生誕祭、岩崎王国人口一千万人突破記念祭、みどりの風参議院選挙勝利と、お祭り騒ぎが続いた。
次のイベントはヨーロッパ、北米でとなる。
旅行を前に、ナイトの肩書を持つアーティストの皆さんは海外の方も含めて騎士団を結成して下さった。
ある歌手はテレビ番組の中で…。

「俺をアメリカ人だと思ってるだろ。」
「違うのか?」
「実は岩崎王国の国民なんだ。」
「聞いた事ないな、何処にある、アジアか?」
「何処にもないが何処にでもある国さ。」
「はは、おとぎ話の世界か、夢が有って良いね。」
「そうだな夢がある、俺はそこのナイト、この前騎士団が結成されたよ。」
「お遊びに参加する暇人は誰なんだい?」
「その内分かるさ、CDやポスターにKingdom of Iwasakiのロゴが入るからね。
俺が次に出すCDの片隅にもな、そしてジャケット写真はプリンセス遥香とのツーショット、写真はもう直ぐ公開だから楽しみにしてな。」
「あっ、プリンセス遥香ってすごく可愛い日本の歌手だろ。」
「本業は大会社の社長、飛び級で大学に入った天才なんだ、この間十八歳になったばかりだがな。」
「彼女が何処にもないが何処にでもあるという国のプリンセスなのか?」
「ああ、俺達を導いてくれる。」
「何かしでかすのか?」
「今度でかいイベントをやるよ、騎士団勢揃いとはしないで各地でコンサートを開く、一つ一つは通常のライブだが現時点で百公演が岩崎王国の騎士団がプリンセス遥香に捧げる形で開かれ、その収益の一部は岩崎高校生会議の為に使われる事になっている。」
「一部とはしみったれてるな、岩崎高校生会議も良く分からんが。」
「はは、全部でも構わないが、騎士団に入団し易くする為なんだ、残りは騎士団の拠点造りに使うよ。」
「はは、城でも作るのか?」
「ああ、アメリカではハリウッドの近くに新築、ヨーロッパでは古城を買い取って改修し観光地化を考えている。」
「えっ、マジかよ、大きな出費になりそうだな。」
「まあな、でも金は墓場まで持って行けない、過ぎたる遺産は子を駄目にしかねない、生きてる間に有意義に使わないとな。」
「それが城とどう繋がるんだ?」
「古城の維持は大変なんだ、文化財保護の観点からどう残しどう活かして行くかをプリンセス遥香のチームが検討していて、俺達が出すのはその初期費用、収益を上げる予定だから、その内配当が出るよ。
ハリウッドのはプリンセス遥香がアメリカに来て下さった時の為なんだが、騎士団メンバーが集まってパーティーを開いたり、撮影に使ったり、また維持管理で雇用が発生するという側面も有るのさ。」
「セレブが集まったという事か…、どうしてなんだ?」
「岩崎王国は正式な領土を持たない大企業グループ、バーチャル国家と言える、だが日本を中心に貧困対策を世界各地で展開している。
一つの国で得られた利益はそのままその国で投資、雇用の拡大、労働環境の向上を図って来た。
国境を持たないバーチャル国家で有るが故に可能性は大きいのさ。」
「何処にもないが何処にでもある、人種も宗教も超えてという事か。」
「ああ、うちの大統領に呆れ果てた連中が、岩崎王国の国民になった、素晴らしいキング、素敵なプリンセスへの憧れもある。
これから騎士団が中心になって一気に岩崎王国を大きくして行く、世界を一つにするのは難しいがバーチャル王国を拡大して行けば世界中の人が同じ国の住人に成れるだろう。」
「夢の国か…、どうやって国民になるんだ?」
「王国関連企業の社員になる、社員になるとその家族も王国の一員となれる。
遥香姫親衛隊に入会、これはプリンセス遥香のファンクラブ、入会すれば自動的に国民だ。
ファンクラブ限定グッズを手に入れる事が出来るぞ。
「国民登録だけをする事も可能だ、王家に忠誠を誓えば良い。
この時、岩崎関係と取引したいとか就職希望なら、条件を登録しておくと考慮して貰える。」
「費用は?」
「年間十ドルだが、生活に困っている場合は無料だ、その状況から抜け出したいと意思表示する必要が有るがね。」
「メリットは有るのか?」
「ほんとに困窮状態から抜け出す意思が有るのなら、その手助けをすして貰える。
俺達のイベントはその資金を稼ぐ為さ。」
「成程ね。」
「俺達のプリンセスは富める者から生活困窮者へ、お金の流れを作ろうとしているんだよ。」
「それを世界規模でか?」
「まずは東南アジア、ヨーロッパ、北米だがな。」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

展開-03 [高校生会議-16]

アメリカ人歌手のテレビ映像はアメリカだけでなく他の国でも取り上げられた。
各国の支社が手を回した成果だ。
その映像を見ながら…。

「何処にもないが何処にでもある…、彼は遥香さまの表現が気に入った様ですね。」
「ふふ、良い宣伝をして下さいましたね。」
「はい、放送されたエリアではすぐに国民が増え始めました、著名アーティストの影響力の大きさを感じます。
彼が名を伏せた騎士団メンバーは、日本の情報を調べた人達がメンバーを特定し始めて、盛り上がっています。
騎士団がプリンセス遥香に捧げるイベントをスタートさせたら、どうなるのか…、登録システムの強化は指示して有りますが、SNSで数千万のフォロワーを持つ方がイベント開始に合わせて発信を始める予定、今後の拡大ペースは見当が付きません。」
「各国支社の動きはどう?」
「一番気になっているのはテロ対策です、岩崎本部はテロリスト集団ともコンタクトを取っていますが、将来を見据えての協力関係を築けそうな所は多く有りません。
岩崎王国を利用して生活環境改善、教育の充実などを説いていますが、政治的、宗教的問題とか有りまして難しそうです。
警備費用は各国の市民に流れますから、喜ぶ人もいるのでしょうが…。
各国の警察も動いてくれ、それなりの警備体制は敷いてくれるみたいです。
キサワイ王国でのパレードの盛況ぶりは知られていまして。」
「私をピンポイントで暗殺なら良いですが、多くの方を巻き込む様なテロは…、国土を持たない王国の姫として彼等に呼びかけても無駄かしら。」
「少なくとも岩崎王国が軍隊を保持する気がなく、世界平和に貢献する意思が有る事は表明しておきたいですね。」
「そうね、イベントスタート前、全世界に向けて、私達が何を目指しているのか、今後の予定と共に発信しましょう、何故大スター達が騎士団を結成して応援してくれるのか理解して頂ける様にね。
桜、撮影の用意お願いね。」
「はい、イベント概要発表時のシナリオを修正すれば良いですか?」
「ええ、私の歌を削れば良いでしょう。」
「分かりました。」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

展開-04 [高校生会議-16]

私達がヨーロッパへ旅立つ少し前、岩崎王国のビッグイベントに関するテレビ番組をヨーロッパ、北米、東南アジアのうち、支社を置いている国で放送した。
またその映像は岩崎本部の判断で様々な組織へ送られた。

「ビッグアーティスト達のファンはライブが有る事を知っていたでしょうが、バーチャル王国の次なる挑戦に関係しているとは知らなかったでしょうね。」
「はい、今まで特に公表していませんでした、今回の放送で岩崎王国の知名度が一気に上がったと思います、遥香さまのナイトやデイムは誰だ? と盛り上がり注目され始めてはいましたが。
領土が無いから国境も無い、軍隊を持たない平和な国に憧れる気持ちから、国籍を岩崎王国に変えパスポートを持つ事は可能なのかという問い合わせも来ているそうです。」
「ふふ、パスポートは発行出来ないし二重国籍でなければだめなのよね、頑張れば領土を確保して独立国家とする事は出来ても、バーチャルだからこそ可能な部分を理解して頂かないとね。」
「遥香さま、エリザベス女王を元首とする国に対抗して、遥香さまを国王にという話が出ていましたね。」
「小国の観光宣伝が目的でしょう、宣伝の為のバーチャル女王になったとしても、その国は岩崎王国ではないわ、岩崎王国の友好国にはなってもね。」
「どさくさに紛れて支配する事は可能だと思いますが。」
「ふふ、そうね、しばらく様子を見ましょう、現地支社が苦労している様なら対応を検討します。」
「取り敢えず各方面に夢を与える事には成功したと、その証拠では有りませんか?」
「でも欧米は未知数よ。」
「大丈夫だと思います、遥香さまのCDが欧米でも売り上げを伸ばし始めています。
騎士団メンバーとのポスターは、各支社からかなり強気の注文が来ています。」
「売れ残ったらどうしましよう。」
「売り切れに備えて、現地で印刷する体制を整え始めた支社も幾つか有ります。」
「ほんとに強気なのね。」
「ビッグアーティストと遥香さまのポスターですから売れて当たり前、騎士団の方々が動いて下いますので、特別な姫、遥香さまというイメージは、徐々に浸透して行くと思います。」
「皆さん、平和の象徴になって欲しいと、ほんとに私で良いのかしら。」
「お願いします、重荷かも知れませんが遥香さま程相応しい方はみえないと思います、我々家臣一同精一杯支えさせて頂きますので。」
「私のプロフィール、十六歳で姫となる、皆さん気付いてるのかな…。」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

展開-05 [高校生会議-16]

欧米旅行、最初の訪問地はイギリス、歓迎を受け警備も普通のVIP並みにしてくれた、テロを意識しての事だろうが。
ここでは騎士団メンバーのライブにゲスト参加。
ステージ終盤、ボーカルが岩崎王国の概略を語り、私を招き紹介してくれた。
舞台中央で微笑み、マイクを口元へ上げると会場は静かに。
アカペラでDanny Boyを歌い始める。
ワンコーラス歌ったところでギターが加わってくれた。

ステージ終了後…。

「遥香さま、素敵でした、客席では涙を拭う姿も見受けられましたよ。」
「ええ、ギタリストは普段、ああいった演奏をしない人でしょ、芸風が違い過ぎて少し不安だったの、でも私にしっかり合わせて下さって、さすがプロよね。」
「続けての遥香さまに捧げる曲…、遥香さま登場の後だからか客席も盛り上がりましたね。」
「その辺りはテレビ番組で流して頂く事になってるのよね、でもリアル王国だからバーチャル姫に対する反応は微妙かも。」
「観客の熱気はなかなかのものでした、遥香姫ファンが増えたと思います。
明日は某国のリアルプリンセスが会いに来て下さいます、色々教えて頂きましょう。」
「そうね、楽しみだわ。」

「遥香さま、ハリウッド映画に姫役として出演して欲しいとのオファーが入りました、詳細をご覧になられますか?」
「そうね、見せて下さい。」
「こちらです。」
「監督さんの名前は聞いた事有る、ねえ聡美、知ってる?」
「知ってるも何も、所謂巨匠ですよ、どんな映画ですか?」
「う~ん…、城に眠る秘宝を狙って攻めて来る悪魔軍団を、騎士団が守る…。
秘宝には隠された力が有ってその鍵を握るのが特殊な能力を持つハルカ姫…、ハッピーエンドの様ね…。」
「遥香さまのイメージにぴったりですね、主演は騎士団メンバーじゃないですか、出るしかないですよ。」
「そうね、詳細データはみんなも確認して分析と検討をお願い…、演技は素人なのだけど大丈夫かしら。」
「はは、遥香さまがお姫様モードに入られたら、普通に最高の姫です、監督もそれを分かってのオファーだと思いますよ。」
「遥香さま、そろそろ移動のお時間です。」
「あっ、はい、続きは明日にしましょう。」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

展開-06 [高校生会議-16]

ハリウッド映画出演依頼の話はスタッフの間にも広がり盛り上がっている。
お陰で会いに来て下さったリアルプリンセスの耳にも入ってしまった。
彼女との夕食会では…。

「王家の特権を利用する様な形で遥香に会う機会を作って貰って、御免なさいね。」
「いえ、私は伝統の無い王家のバーチャル姫ですから、本物のお姫様とお話しさせて頂けて光栄です。」
「私は単に親が国王だというだけの姫よ、ねえハリウッド映画の話は実現しそうなの?」
「まだ確定では有りませんが、主演スターからも共演したいと連絡が有りました。」
「バーチャルでもリアル姫を遥かに凌ぐ存在になるわね。
貧困対策をメインに世界に貢献、すごく活躍している。
あなたと比べたら、私には何の力もないわ、でも自国の繁栄だけでなく世界平和は私も望んではいるの、ただね、遥香、結構考えてしまうものなのよ、私の様な王族って現代社会では不要では無いかとか…。」
「そんなことないですよ、と私が話すのはおかしいかも知れませんが、心の拠り所を必要とされている方は少なくないです。
一つの集合体のシンボルとして、大統領とは違った存在として…、そうですねアメリカの方々は岩崎王国の一員となってすごく喜んでくれています、尊敬する国王の下で働けると。
勿論、時代が違いますから絶対王政は通用しませんし、王族の振る舞いに大きな制限がある訳ですが。」
「そうなのよ、遥香はそれを分かっていて、きちんと公務をこなしている。
あまりにもチャーミングだから狙ってるプリンスも何人かいるのよ。」
「えっ、知りませんでした。」
「でも能力的に釣り合わないの、相手がおバカでは話が合わないでしょ?」
「ふふ。」
「私と親交の有る幾つかの王室は、キサワイ王国と同じ様に岩崎王国を国として認めたいと思ってるのよ、ただ政治に口出し出来ないのは日本と同じなの。」
「有難う御座います、その言葉で安心しました。
リアル王家にとって岩崎王国がどんな存在なのか分かりませんでしたので。」
「はは、キサワイ王国との話が伝わった頃からうちでも調べていたのだけど、担当職員がすぐ遥香姫親衛隊になった後、一気に広まって、私という姫をそっちのけ、遥香姫情報で盛り上がってるの。」
「本日のお召し物はプリンセス遥香ブランドですね、お買い上げ有難う御座います。」
「実は、国王も遥香姫親衛隊の一員なの、CD、DVD、ポスターに写真集、一通り買い揃えていてね、私が遥香と会って来ると話したら、ずるいとか代わってくれだとか散々悪態をつかれたのよ。」
「うちの支社からはそんな報告、受けていませんでした。」
「さすがに表に出せないでしょ、王家として。」
「それでしたら、日程調整して私的に遊びに行ってもよろしいですか?」
「勿論! 国賓として迎えたいぐらいよ、でも日程的にきつくならないの?」
「大丈夫です、今回の旅行はじっくりヨーロッパを堪能出来る様にゆったりとしたスケジュールにして有りますので。」
「でも、観光は出来なさそうね、私は目立たないし小国の王族だから普通にショッピングだって出来るけど、遥香は警護が大変そう。
町を歩いたら、すぐに人が集まって来るでしょ?」
「そうですね、でもパンダには負けますよ。」
「いやいや、そもそもパンダはショッピングに行かないし…、日本ではどうしてるの?」
「余り出歩かないですが、出かける時は皆さんに守って頂いています。」
「ここでの観光は?」
「天気の良い日に空から、観光用ヘリの会社を買収しましたので、そのお披露目を兼ねてです。」
「買収ですか…、儲かるものなのですか?」
「ええ、すでに充分な予約を頂いています、セレブ向けですから利益率高めでも大丈夫なのです。
悪天候で飛べない場合のプランも用意してあるところが強みかしら。」
「その利益を安定雇用拡大に繋げて行くのね。」
「はい、難民の方を良い形で雇用出来ないか模索しています。
働きながら技術を身に着けて頂き、もし帰国が叶ったら母国で活躍して頂ける様に考えています。」
「人数が多いから大変なのよね、日本はあまり受け入れていないと聞いたけど。」
「少しずつ受け入れ拡大を検討しています、ただ…、自力で飛行機や船を使って日本まで逃れる事の出来る人は、優先順位が低くても良いと思いませんか?」
「あっ、そうよね。」
「どれだけお力になれるか分かりませんが、王国騎士団の協力が有れば少しくらいは…。」
「問題は利己的なテロリスト集団なのよ。」
「岩崎王国は彼等を否定しない所から始める事にしました。
今は、彼等の言い分を聞いているところです。」
「大丈夫なの、テロの標的にされるかも知れないのよ。」
「あまり反論しない方針ですが、私の指示による調査だと先方に伝えていますので、誤解されたら狙われるでしょうね。」
「そこまでの覚悟で…。」
「岩崎王国に国境は無く宗教は自由、他者を傷つける行為は禁止していますが、そもそも法は各自が所属するリアルな国に基づくもので、バーチャル王国の法は効力を持っていません。
法に依る統治ではなく、善意に依る統治を目指しています。
一応、テロの標的に私を選ぶのは構わないが、周りのを巻き込む様な攻撃はやめて欲しいとは伝えています、無意味でしょうが。」
「そんな…」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

展開-07 [高校生会議-16]

リアルプリンセスとは色々な話をした。
彼女は名門と言われている大学を卒業している才女で、難しい話も受け止めてくれた。
別れ際には…。

「遥香、頑張って私の国でも岩崎王国を拡大するわね。
他の王家にも岩崎王国の素晴らしさを伝える…、でもテロリストの考え方は私達の論理とはかけ離れているから気をつけて。」
「はい、有難う御座います。」
「ねえ、記念に写真良いかしら、ブログに上げたいのだけど。」
「勿論大丈夫です。」

彼女のブログは話題になった、ヨーロッパの王族が私的では有れバーチャル王国の姫と会い、褒めまくってくれたのだ。
彼女がプリンセス遥香ブランドを着ていた事から、遥香姫親衛隊の一員であろうと推測する人が現れ、さらに盛り上がった。
注目度が上がる事は嬉しい。
また、他の国の王族から会いたいとのオファーが届き始めた。
こちらは相談して、訪問を約束した国でパーティーを開く事に、スケジュールの合う騎士団メンバーも参加する豪華なものになりそう。
騎士団メンバーのライブではその国の言語で、その国の誰もが知ってる様な曲を歌ったこともプラスになっている様だ。
各国の言語、ドイツ語とフランス語は大学で履修、他の言語は、歌を一曲と簡単な挨拶を覚えたが、結局十の言語に触れる事になりEUの難しさを感じる事となった。
岩崎王国の公用語は英語だが、英語と言ってもイギリスとアメリカでは微妙に違う、また英語を公用語にしている国でも、随分訛っている場合が有る。
言葉の壁が誤解を産む可能性は否定できない。
チーム遥香サポートとして各国から来てくれた人達とはそんな話をしたが…。

「遥香さま、言葉の壁が有りますが、それだけでは有りませんよ。」
「聡美、どういう事?」
「ネットの書き込みを見ていると酷いのが結構有ります。
記事を読んでいるとは思うのですが、勘違いして書き込みをしている人、勝手な思い込みで批判してる人も少なく有りません。」
「そうか、同じ言語を使っていても誤解は生じるものなのね。」
「単純な国語力の問題では有りません。」
「う~ん、そこに自分達の利害が絡むとなると…、外交は難しいわね。」
「でも岩崎は相手国の利益を重んじています、それを世界中の人が分かってくれたらとは思います。
今までの世界に存在しなかったイレギュラーな王国、最大の武器はミサイルではなく騎士団というアーティスト集団と経済力、そして遥香さま。
岩山総理には申し訳ないですが、岩崎王国の外交は楽そうです。」
「そうね、でも支社を置いている国は、まだ片寄ってる、先は長いわよ。
まあヨーロッパの王室が友好的なのは良かったわ。」
「はい、彼等も世界平和を望んでいますし、岩崎王国の可能性に気付いてくれました。
次へのステップへ進める事が出来そうですね。」
「ええ。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

展開-08 [高校生会議-16]

ヨーロッパ旅行を始めた頃、現地のマスコミはバーチャルプリンセスと報じていた…。

「遥香さま、マスコミの表現が変わって来ました。」
「どんな風に?」
「遥香さまの事を、真の姫という表現やプリンセス遥香と、遥香さまの事を知っているという前提で報じる様になって、バーチャル王国の姫、バーチャル姫といった表現がかなり減っています。
真の姫はステージ上の遥香さまをご覧になられた方が言い始めたそうです。」
「随分受け入れて頂けたという事ね、この一か月ゲストとしてステージに立ったり記者会見を開いたりした成果かしら。」
「はい、ドイツ語やフランス語もすっかり上達されて…、あの、英語、日本語を加えた四か国語を並行して使ってスタッフと会話している時は混乱しないものなのですか?」
「大丈夫よ桜、イタリア語も少し慣れたから、スペイン語、ポルトガル語の先生を用意してくれないかな。」
「分かりました、ドイツ語は私も大学で履修したのですが遥香さまの語学力には全くついて行けません…。」
「ふふ、コツが有るのよ、教えて上げないけど。」
「教えて頂いても実行出来ないと思います。」
「でも、無駄よね、文化的背景が有るから地球規模で言語の統一は不可能とはいえね。」
「英語を岩崎王国の公用語として、岩崎高校生会議でも使って行きます、これからの世界をリードして行く若い世代が一つの言語で交流する場が出来る事の意味は大きいと思います。」
「そうね、桜、岩崎高校生会議の進展は順調なの?」
「支社によってバラツキは有りますが、概ね予定通りと判断しています。」
「それではアメリカへ渡るタイミングの記者会見で説明を試みましょう、準備をお願いね。」
「分かりました、その頃ならもう少し形が出来上がっていると思います。
私と忍、聡美で説明し遥香さまにまとめて頂くという形でよろしいでしょうか?」
「ええ、私の話は短くて済む様にしてね。」
「はい、頑張りますが…、来週の王族が集まるパーティーでは話されないのですか?」
「パーティーは各国との友好と世界平和が目的、遥香システムの説明までは出来ないでしょ。」
「そうでした、帰国前の静香親衛隊隊長やフランス支社から呼び寄せる小百合にも目立って貰わないと行けませんし。」
「小百合はフランスに居つくつもりなの?」
「いえ、支社のシステムや岩崎高校生会議のシステムに問題なさそうなので、パーティー以降は毎日遥香さまにお茶を入れて差し上げたいと。」
「またメイド服を着るのかしらね、元メイド長は。
他のメンバー、チーム遥香サポートからアメリカへ同行して貰う人の調整は大丈夫?」
「はい、極力、国と人種のバランスを取りました。」
「パーティーへの参加者は問題ないの?」
「シビアな身元調査は済ませて有ります、私達と一緒にセキュリティーチェックを受けて貰いますが、凶器を隠せる様な服装では有りませんし、着替えなどは日本からのスタッフが手伝います。
勿論、人物的に問題がないと判断し、近い将来チーム遥香のメンバーになって欲しい人達です。
皆さん、王族が集まるパーティーを楽しみにしている様ですので、大丈夫でしょう。」
「どう、プリンスの心を射止めそうな人、居る?」
「どうでしょうか、主賓が遥香さまですから。」
「桜も頑張るのよ、王家に嫁いでそのまま国を乗っ取り思うがままにするなんて楽しそうじゃない?」
「私は、遥香さま程、腹黒く有りませんわ。」
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

展開-09 [高校生会議-16]

ヨーロッパの王族、騎士団メンバーを中心としたパーティーには、各国から政治経済に関係する人も招待された。
ただ、招待されたと言っても単純ではない。
各国の思惑、利害関係と力関係、簡単に言えば岩崎王国との関係を強化する事が自分達の利益に繋がると判断した人達が集まって来た訳だ。
そんな人達の情報は事前に調査して有って、こちらにとって有益かどうかの検討も済ませては有る。
私利私欲の人で有っても利用させて頂けるのなら問題はない。
パーティー開始前。

「各自自分が担当する人のデータは頭に入ってるわね。
担当以外の人が接触して来たら適当に誤魔化せる?」
「桜、大丈夫よ、皆でシュミレーションしたわ。」
「遥香さまと話すのは王族を優先、他の方は簡単な挨拶程度になる、不満が大きくならない様に聞き役に徹してね、そこでどれだけの情報を聞き出せるかが今日のあなた方のミッション、ワインはオーケーだけど遊びじゃないからね。
美人揃いだから誘われるかもしれないけど、自分の気持ちに忠実に、良い男だと思ったら付き合っても良いし、嫌だと思ったら相手の肩書関係なくお断りというのが遥香さまからの指示よ。」
「そういった事も報告シートに書き込めば良いのね。」
「ええ、遥香システムに慣れていない人は指導担当に相談してね。」
「トレーニング中の一番大きな仕事がパーティーになるとは思ってなかったけど、きっちりこなして遥香さまのお役に立ちたいわ。」
「でも、力が入り過ぎると不自然になる、自然体でね。」
「はい。」

今まで男性スタッフは表に出していない。
代わりに女性でも憧れる女性スタッフが活躍してくれている。
姫の付き人という事であらぬ疑いを掛けられない為だ。
今回は主催者である国王の許しを得て、スタッフを客としてホールに入れさせて貰った。
中には車椅子のスタッフも。
パーティー終了後。

「アマンダ、大丈夫だった?」
「はい、遥香さま、皆さんとってもお優しくて、私のもう一つの母国にいるより快適でした。」
「御免なさいね、私のスタッフはあなたのスキルと美貌、そして車椅子生活である事を理由に今日の行事への参加をお願いしました。
それなのに充分なフォローが出来なくて、あなたに失礼な態度を取った人物とは今後距離を取る事になると思います。」
「う~ん、遥香さまに心配をお掛けしてしまったのでしたら私のミスです。
桜達にも、極力手を貸さないで欲しいとお願いしていました。
何の不安もなく遥香さまの側近が出来る所をお見せしたかったです。」
「相手が悪かったわね、事前調査で要注意人物ではあったの、アマンダ、これからも似た様な扱いを受けてしまう可能性は有るのだけれど、アメリカへは予定通り同行してくれるかしら?」
「勿論です、遥香さまとアメリカへ行けるなんて私の人生の中で最高の出来事、いえ、今、こうして歴史上最高の姫とお話しさせて頂いてることが夢の様です。」
「ふふ、アマンダは大袈裟なのね、それで相談なんだけど、今、スペイン語の先生を探してるのアメリカの後日本へ行ってみない?」
「えっ、連れて行って下さるのですか…、私はずっと日本に憧れていて…、あ~もっともっと日本語勉強しておくんだった。」
「焦らなくて大丈夫よ、チーム遥香の一員になってくれる?」
「も、勿論です…、でも…、車椅子の私で良いのですか?」
「あちこちバリアフリーにして有るのに車椅子の方との交流が無くてね、使ってみないと問題点も見えて来ないでしょ。」
「は、遥香さま~、泣いても良いですか…。」
「ふふ、私が許可する前に泣いてるじゃない。」
「遥香さま…。」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

展開-10 [高校生会議-16]

車椅子のアマンダをチーム遥香に迎え入れたのは戦略的な狙いも有る。
それを理解出来ない人物ではないと皆が判断しての昇格。
彼女との会話は英語にスペイン語が加わった…。

「アマンダ、少しは慣れた?」
「はい、でも岩崎王国を知れば知るほど、そのスケールの大きさに圧倒されています。」
「ふふ、まだ大きくなるわよ。」
「拡大して行く王国で、私の役目は車椅子生活でも王国の利益に貢献出来ると示す事ですね。」
「ええ、その為に、知性溢れる美人のあなたには、岩崎王国象徴の一人になって欲しいと考えているわ。」
「そんな、象徴だなんて…、あっ、ハンデを持つ人の代表みたいな事ですか?」
「そうよ、能力の高い人でないとチーム遥香の一員には迎えられない、更に魅力的でないと象徴には出来ない、決して楽な役回りではないのでお願い出来る人は限られるのよ。」
「責任重大ですね。」
「その代わり、自分が動き易くなるようチームを組んで支えて貰えば良いわ。
それでね、これからバーチャル貴族社会を形成して行く事にしたの、貴族の夫婦は必ずリアル夫婦で王国に大きな貢献をしてくれた人。
でも、親子関係は血縁関係のない人と組む。
貴族の実子は、優秀であれば他の貴族の子には成れても、実の親の子どもには成れない、血統によらないので能力が高ければ誰しもが貴族階級になれるシステムなの。
アマンダは気の合った貴族夫妻の娘として活動してね。
王国内では何をしても良いわ、自身のスキルを活かし王国に貢献してくれればね、ただ、その姿は、貴族の一員として、映像や写真で世界に発信される。
障害者雇用のシンボルとなっても良いし、一般企業のシンボルになっても構わないわ。
貴族の一員として王国の発展に貢献してね。」
「貴族の人数は少なく無いという事ですか。」
「ええ、むやみやたらと増やしたくはないのだけれど、例えば、新工場完成のお祝いとかに、国王の代理として挨拶する人が居てくれたら、王国の絆が深まると思っているの、だからそれなりの人数が必要になるのよ。
サポート体制は…、桜達に頼んでも良いし、自分で構築しても良いわよ。」
「手伝って貰いながら、自分で構築する練習をしてみます。」
「焦らなくて良いからじっくりね、えっと…、アマンダは岩崎高校生会議について理解出来てる?」
「はい、私もサポートスタッフの一員になりました。」
「それなら、しばらくは高校生会議に力を注いでくれる?」
「分かりました、私自身のトレーニングにもなると思います。
岩崎王国内でも重要な組織ですので頑張ります。」
「お願いね。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
高校生会議-16 ブログトップ