So-net無料ブログ作成
高校生会議-12 ブログトップ

みどりの風-11 [高校生会議-12]

岩崎社長にお願いした結果、岩崎王国は大きく動く事となった。
社長はみどりの風を岩崎出身者で固める事に対して躊躇していたそうだ、だが、本気で政権政党を目指すとなると外部から人材を招くより安心感が有ると賛成して下さった。
前野さんは…。

「岩崎社長の一言で、王国全体からチーム遥香への移籍を打診する話が届いています、私はしばらくそちらの調整中心に動きます。
資金面では高校生会議への寄付が増えました、元々王国全体で守って行こうと立ち上げた組織ですが、その性格が大きく変わっても、更に応援してくれそうです。
全ての都道府県に地方支部を置く計画も岩崎王国各社の協力の下、早まりそうです。
どの企業も遥香さまから指示が下るのを待っていたのでしょうね。
岩崎王国とみどりの風の関係を有権者がどう捉えるか心配して様子見をしていた訳ですが、政党支持率を考えると思っていたほど問題では無さそうです。
王国全体でみどりの風を盛り上げて行けそうです。
高校生会議の高校生達にとっては大きな刺激となっている様で、バーチャル王国が日本を支えて行くという、いささかシュールな構図が面白いのかも知れません。
今まで政治を考えた事もなかった子が、みどりの風に夢を感じているとの声も聞いています。」
「立候補予定者の多くは高校生会議の職員扱いですが、仕事ぶりは如何ですか?」
「はい、政策面の検討だけでなくシステム研修の補佐もして頂いています、岩崎高校生会議のシステムは今後、更に王国外からの参加が増えますので。」
「悪意ある参加者が問題よね。」
「ですね、でもうちの優秀なスタッフをヘコませるだけの力が有る人なら雇いたいぐらいですよ。」
「ふふ、組織を斜めに切り込んでくれるだけの人…、いるかしら?」
「いないと信じて、一応小規模ですがテストアタッカーの要請はして有ります、悪意ある立場を想定して…、まあシュミレーション的なものですから成果を出せないかもしれませんが、組織のあら探しを依頼して有ります。」
「さすが前野さん、でも、これから人数が増えて行くと新たな問題も出て来るでしょうね。」
「ええ、やれるだけの対策を取ったら、後は問題が起きてからの対処となります、でもそこは大臣候補達が動いてくれますよ、彼等の能力は高いです、お陰で東京へ行く必要が無くなりました。」
「候補者も揃いそうで、ようやく先が見えて来ましたね、ただ少し気がかりなのは岩崎高校生会議職員の立場で立候補する人と、チーム遥香メンバーとしての立候補に分かれてしまった事です、トラブルに繋がりませんか?」
「今は予算の問題と説明させて頂いてます、紹介映像では差を付けていません、まあ遥香さまの笑顔一つで不満は解消されるでしょう、しかし両者の差は歴然としています、皆さん納得されてる…、いえ納得できる人でなければ候補者として不適格かも知れません。」
「そうね、研究者タイプと企業の幹部経験者では得意分野も違うでしょう、大臣候補の方々は組織固めの出来る人達、お任せして置きましょうか。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

みどりの風-12 [高校生会議-12]

六月のある日、思いがけないニュースが飛び込んで来た。

「みんな、ちょっと聞いて。」
「遥香さまどうかされましたか?」
「岩崎本部から連絡が入って、本物の王様が岩崎王国に興味を持たれたそうなの、王国同士交流を持ちたいと、私達の事はきちんと調べて下さってバーチャル王国と知った上での事よ、キサワイ王国なんだけど、アジアの小国の中では比較的治安も良いみたい。
データは桜が整理してくれている中に有るわ。」
「それで、岩崎社長は?」
「私が反対でなければ前向きに行きたいそうよ、余計な支出はお爺さまのサイフで何とかすると。」
「基本的には悪くない事ですが、想定していませんでした…、互いにメリットは有りそうですね…。」
「問題は皇室との関係か…、いや単純にうちと相手国が友好的な関係だというだけなら、ややこしくないのかな。」
「担当を決めてまずは予備調査だな。」
「しかし、担当と言っても、ある程度の肩書は必要だろ、うちにとっては大きなチャンスになる、良好な関係を築きたいぞ。」
「そうね、ひとまず情報収集は…、でも…、桜が滞在している国から近いとはいえ…。」
「一旦外務大臣候補に振ってみませんか、まずは王国の外交担当大臣の様な肩書を付けて。」
「彼は今、東京?」
「はい、ですが遥香さまの判断一つ、連絡を取ればすぐ動いてくれると思います。」
「では、お願いして下さい…、友好条約とか締結してしまいましょうか。」
「いけると思います、資料によればアサリダ国王はアメリカの名門大学を卒業され、自国の改革に熱心な方の様です。
岩崎の企業展開に目を付けられたのは自然な流れでしょう。」
「前野さん、今、キサワイ王国との関係構築に人員を回しても大丈夫ですか?」
「はい、これは王国の拡大に繋がる事、向こうの支社も増強し…、大使館を置く方向で行きましょう。」
「聡美、桜には親善大使として訪問して貰いましょうか。」
「はい、日程の変更を打診しておきます。
遥香さま、先方には大学生の王子さまがお見えです、遥香さま狙いかも知れませんよ。」
「どう? イケメン?」
「画像とデータは資料ページの…。」
データはそれなりに量が有る、その中から聡美に教えられたページへ…。
「なかなかね、アメリカの名門大学に留学中か…、聡美のタイプ?」
「悪くないですね、公用語は英語、もう少し英会話に慣れておかねばです。」
「権力者は美人を妻に迎える率が高いから、美形の血脈になるのかもね。」
「王室に対する国民の忠誠心は悪くない、でも貧民もいるみたいです。」
「王室の資産は…、それなりにため込んでるわね、聡美、玉の輿狙ってみる。」
「私では相手にされませんよ。」
「私の従妹で側近を務めているという設定にしましょう、それなら王子さまの目に留まるかも。」
「どうして私に拘るのですか?」
「王家に嫁ぎ、その資産で岩崎王国の支社を一気に拡大させるなんて素敵でしょ、政略結婚ぽくて。」
「先方は遥香さま狙いですって。」
「え~、聡美は私を政略結婚の道具にしようと言うの?」
「私なら良いのですか~、でも、どんな男性なのか会ってみたいですね、王子さまってどんな感じなのかしら。」
「この国と国交を結ぶ事に関してはどう思う。」
「この資料通りであれば岩崎王国にとって大きなチャンスで有る事は間違いないです。
この国を介して他国との繋がりを強める事が出来るかも知れません、別の王族とも交流出来れば、イベント毎の記念グッズが世界規模で売れる可能性が有ります。
出費は増えるでしょうが、マーケットの拡大で軽くカバー出来ると思います。」
「う~ん、私の居城が生きて来るのかしら、お父さまもお母さまもこう言った事を想定して私の居城建設を考えておられたのかしら。」
「そうですね、来日して下さった場合、岩崎王国として王族をもてなす施設は有りませんものね。
これからの両国間交渉には時間が掛かるでしょうから、お城の完成は充分間に合うと思います。」
「でも、今までに経験の無い事だから、何処に落とし穴が有るか分からないのよね。」
「はい、色々シュミレーションしてみる様、指示を出しますが…、どの程度の極秘扱いすれば良いのか分かりません。」
「通常の守秘義務で構わないでしょう、先方は話題性を求めている訳ですから、隠さないと思います、交渉に入ったという、それだけでも観光面でメリットが有ります、うちも同様、みどりの風にも良い影響が有ると思います。」
「あっ、確かに…、先方は今頃、マスコミにリークしているかも知れませんね。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

みどりの風-13 [高校生会議-12]

キサワイ王国がバーチャルな岩崎王国と国交樹立の交渉に入ったという事は、すぐにアサリダ国王名で発表された。
これだけで、日本からの観光客が増えるかもしれない。
チーム遥香オフィスでは…。

「アジアの王国が企業をベースにしたバーチャル王国と国交樹立に向けての交渉に入ったと、扱いの程度は様々ながら全世界で報道されています。
おかげで本部は大変な事になっている様で、何とかして欲しいと泣きついて来ました。
問い合わせが殺到しているのは遥香さまの写真と経歴に依る所が大きいそうです。」
「まともに取り合わず、私の紹介ページにアクセスする様伝えるだけにして貰って下さい。
聡美、私のページに、いずれ記者会見の場を設けさせて頂きます、日時は追って発表、としておけば静かになるでしょう。
一応、質疑応答のコーナーを作り、英語のみでお応えして。
回答は英語の先生に手伝って貰うと良いわ。」
「分かりました、多分似た様な質問が多いと思います、遥香さまのページを充実させれば満足して貰えるでしょう。」
「私の従妹で側近、聡美も写真付きでアピールするのよ。」
「まあ、王子さまに見初められたらどうしましょう。」
「ふふ、貴族の娘として恥ずかしくない様にね。」
「はい、遥香さまに恥をかかせる事の無い様取り組まさせて頂きます。」
「そのページから、みどりの風や遥香コーポレーション、プリンセス遥香へ誘導できる?」
「ウエブサイト構築の担当者と検討してみます、ついでにCDとDVDの宣伝も強調しておきます。」
「聡美、それは待ってくれ、CD、DVDは生産が間に合わなくなりそうなんだ、世界中からの注文が想定を大きく超えていてね、アサリダ国王が一枚目のCDを絶賛して下さった効果だろう。」
「岩崎王国にとってはすでに大きな経済効果が出始めているのですね。」
「ああ、多分桁が違って来ると思う、すぐにプリンセス遥香の売り上げにも表れて来そうだ、高校生会議の運営費ぐらいは軽く稼げそうだな。」
「それ程の反響なのですか?」
「CDに関しては、一万枚の予定だった支社から十万枚の追加注文が来ている、それが一つの国だけでは無い訳だ。
各国の支社が強気の判断をしている事の意味は分かるよな。」
「はい、単にCDを売るだけでなく岩崎と各国との友好関係から次の展開へのきっかけと捉えているのでしょう。
更にみどりの風をサポートする意味で高校生会議への資金援助を考えて下さっていると思います。」
「ああ、CDからの利益は高校生会議へ回すからな。」
「この流れなら高校生会議の予算はかなり余裕が出来るとは思いますが、党の予算は大丈夫ですか?」
「聡美、そっちは心配いらないよ、政党交付金で何とかなる、人件費の大部分を高校生会議とチーム遥香で負担してる訳だろ。
ただ、政治とお金の問題は色々難しくてな、今は、政党や政治家のお金に関する部分を常に明確にするシステムを開発部が構築している、完成したら国民全員でみどりの風を監視する事も可能になる、今までの政治資金の不透明さを払拭出来るだろう。
杉浦さんはシステムが完成したらライバル政党にも売り込んでやると話してみえたよ。」
「あの人ならやりかねないし、契約を取って来ても不思議はないですね。
それで…、みどりの風をキサワイ王国と絡めますか?」
「岩山が王国の宰相として動くぐらいで充分じゃないか、過ぎれば要らぬ反感も買うからな、遥香さまが党首だという事も控え目で行きたいと思う。」
「ですが海外メディアも遥香さまに興味津々、また遥香さまが海外でどの様に報道されているか特集を組もうとしている局も有るぐらいです、遥香さまはどうお考えですか。」
「そうね、元より一企業体が支える政党に反発が有る事は覚悟の上、自然体でしばらく様子を見ていきましょう、外交担当大臣が動き始めたばかりですから。」
「はい、ただ彼は先手必勝と話していました、きっかけこそ先方からでしたが、一気に動いて交渉の主導権を握るつもりみたいです、すでに友好条約の案を作成し先方に送ったとか。」
「一気に動くとなると、前野さん、人的なバックアップは大丈夫ですか?」
「ええ、スタッフにとっても良い経験になると思います。」
「外務省は?」
「協力してくれるそうです、日本とキサワイ王国との関係にも影響しますので。
外務省が、岩崎王国を日本の一企業体に過ぎないと考えるか、深く考えるかは分かりませんが。」
「良い機会です、外交のノウハウを教えて頂きましょう。
必要なら私が直接外務省に赴いて学習させて頂くという形でも良いです、カメラも入れて番組にしましょうか。」
「お願いします、スケジュール調整をしておきます、遥香さま自らの取材を断るとは思えません、外務省の職員も喜ぶでしょう。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

みどりの風-14 [高校生会議-12]

キサワイ王国との交渉が進む中、かねてより予定していた東京出張となった。
テレビ番組生出演、各政党への挨拶、外務省へ訪問などの日程には余裕を持たせた筈だったが、行く先々でマスコミに囲まれ周りのスタッフに大変な思いをさせる事になってしまった。
あるテレビ番組では…。

「本日は岩崎王国から遥香さまと外交担当大臣の野口英二さんにお越し頂きました。
遥香さま、お忙しい中有難う御座います。」
「いえ、この番組では日頃から私共の活動を好意的に紹介して下さっていると聞き及んでおります。
ご協力有難う御座います、これからもよろしくお願いします。」
「は、はいこちらこそお願いします、さて、遥香さまには話題が多過ぎまして…、まずはCDとDVDの事からでよろしいでしょうか?」
「ええ、これは皆さんにお詫びを申し上げなくてはなりません、当初予測を遥かに上回るご注文を頂きまして製造が追いつかなくなってしまいました、この場をお借りしてお詫び申し上げさせて頂きます。」
「海外でも売れているそうですね。」
「はい、追加注文分を待って頂いてる状況で、今後何枚売れるのか想像出来ないと言われてます。
順次出荷しておりますので、しばらくお待ち頂けたらと思います、これ程買って頂けるとは考えておりませんでした、御免なさい。」
「いえ、そこは遥香さまが謝る事では有りません、当番組では出荷に無理が無くなった段階でDVD中心に紹介させて頂きます。
海外で売れるきっかけとなったのがキサワイ王国、アサリダ国王の発言だと思うのですが、岩崎王国とキサワイ王国の関係はどうなりそうですか?」
「そうですね、それに関しては外交担当の野口から、野口、手短にお願いね。」
「はい、遥香さま…。」
野口さんはこれまでの経緯などを説明した後…。
「岩崎王国と致しましては、遥香さまをバーチャル世界の姫さまから、リアルな姫へと名実ともに認めて頂ける良いきっかけと捉え、我々家臣一同キサワイ王国との友好条約締結に心血を注がさせて頂いております。」
「そこまで、遥香さまの事を?」
「絶対的美少女という一面しかご存知ない方もおみえでしょうが、遥香さまの天才的思考に触れたら…、アサリダ国王は聡明なお方で遥香さまの内面も高く評価しておられます。
岩崎高校生会議にも登録され、遥香システムにも触れられました。
さらに遥香姫親衛隊の一員でも有らせられます。」
「えっ、国王は遥香さまのファンクラブ会員という事ですか?」
「ええ、ある意味、私と立場は同じだと話して下さいました、日本のアニメなどもお好きだそうですが、今はバーチャルとリアルの狭間で社長や党首をされている遥香さまの事が大好きだそうです。」
「遥香さまの事がお好きだという理由だけでの国交樹立ではないですよね?」
「ええ、私は岩崎の海外事業部で働いて来ました、岩崎社長からの指示は相手国を単なるマーケットや人件費の安い国と捉えるのではなく、相手国の利益を考えて事業展開をする様にというものでした。
私達は貿易によって得られた資金を元に現地工場を作り、雇用の場を作りましたが、賃金を安く抑える事をせず社員教育もきっちり行って来ました。
その結果優秀な社員が育ち、効率の良い生産体制が出来ました。
利益の多くはその国で再投資していますから、従業員も増えていて、うちの支社のある国では人気企業となっています。」
「そう言った背景が有っての国交という事なのですね。」
「はい、キサワイ王国支社の社員達は、友好条約締結をどうお祝いするかで随分盛り上がっているそうです。」
「有難う御座いました、もっとお聞きしたいのですが、時間の関係で申し訳ありません、次はみどりの風について、今後の展望を党首で有る遥香さまからお聞かせ願えたらと思います。」
「はい…。」
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

みどりの風-15 [高校生会議-12]

司会者から振りに対して、みどりの風の現状を簡単に説明させて頂いた後…。

「皆さんのお陰で政党支持率は野党第一党を越えました、この勢いに乗って次回の衆議院選挙で過半数を取るべく準備を進めております、並行して来年夏の参議院選挙に向けても候補者の調整に入っております。
政権を取るまでには幾つものハードルが有りますが、何とか乗り越えて、色々アンバランスになり老化しつつ有る日本を再生したいと考えております。
個々の政策はウエブサイトで公開しておりますのでご覧頂ければ幸いです。」
「遥香さま、私も拝見させて頂いたのですが、すごく整理されていますね。」
「有難うございます、岩崎高校生会議、元々は高校生の為の組織でしたが、そこから政治に関係する部分を発展させ、みどりの風支持母体とさせて頂きました。
そこではシステムを利用しての共同研究をしており、その成果をウエブサイトへ上げさせて頂いております。」
「遥香さま、詳しくは明日以降取り上げ解説させて頂きます。」
「宜しくお願い致します。」
ここで一旦CMが入る。
「遥香さま、申し訳ありません、時間を取って詳しくお話し頂けると良かったのですが。」
「大丈夫ですよ、興味を持って下さった方はご自身で調べて下さるでしょう。」
「そう言って頂けると助かります、視聴者の方々は遥香さまの事を色々知りたい様で、この後は質問コーナーという事で構いませんか?」
「はい、打ち合わせの時間を取れると考えていたのですが、あちこちで取り囲まれてしまい到着がぎりぎりになってしまいました、御免なさい。」
「いえ、それだけ人気が高いという事です、質問内容はこんな感じです…。」
CM開け。
「ここからは質問コーナーという事で視聴者の皆さんより寄せられたご質問に答えて頂きます。
まずは、大学生になられて如何でしょうか、高校とは随分違うと思うのですが。」
「そうですね、昨年の秋は岩崎学園大学の本校へしばらく通っておりましたので、その延長と申しますか特別な事は有りません、今は通信教育の発展形という形で学んでおりますし、卒業に拘りが有りませんのでマイペースです。」
「確か学部にも囚われていないそうですね?」
「ええ、昨年は社長になって間が有りませんでしたから、経営や経済中心、今は党首ですので政治と法律関係を中心に学んでいます、本当は研究しておりますとお話ししたい所なのですがまだその域には達しておりません。」
「そうですか…、次の質問は、党首になられるまで、テレビであまり話されてなかったのは何か理由がお有りでしたか? というものですが。」
「少し事情が有りまして…、野口、お話しして差し上げて。」
「はい、遥香さまは、TPOに応じてモードチェンジされておられます、今はお姫さまモードですのでゆったりと優雅に話されていますが、テレビ番組という限られた時間ではお伝え出来る情報量が少なくなってしまうという欠点が有ります。」
「という事は、普段は違うという事ですか?」
「ええ、党首として指示を出される時は…、家臣一同、遥香さまからご指示を頂ける喜びに打ちひしがれていると申しましょうか…、歴史を紐解いても主君に忠誠を誓う家来という場面が出て来ます。
遥香さまに出会って初めて、その家臣の気持ちが分かった様な気がしています。」
「リーダーとしての遥香さまですか…、そんな遥香さまを私も見させて頂きたいのですが。」
「ただの生意気な小娘です、人様にお見せする様なものでは有りませんが、党のウェブサイトに映像を追加させて頂きます、私が社長や党首をさせて頂いている事に違和感を感じられておられる方もみえるそうですから、別の一面も見て頂こうと考えております。」
「それは楽しみです、次は…。」

質問は当たり障りのないものばかりにしてくれた。
私が笑いを取る訳でもなかったが、反響は大きかったそうだ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

みどりの風-16 [高校生会議-12]

政党への挨拶回りは岩山さんと富永さんにも同行して頂いた。

「富永さん何か楽しかったわね。」
「遥香さま、私は慣れない事で疲れましたよ。」
「ふふ、私達を舐めてた野党の方々を一番ビビらせたのは富永さんでしょ。」
「いえいえ、後ろで岩山氏が睨みをきかせ、遥香さまは意味深な微笑でさりげなくフォローしていたと聡美ちゃんが教えてくれました。」
「ふふ、野党の皆さんは岩山さんの貫禄と富永さんの話術で、折角集めたマスコミの方に良い所を見せられませんでしたね。」
「まあ、長く野党をやってる内に自分達の目標が曖昧になって来てる輩ですから、まずは突き放しておいて…、選挙後に彼等がどう出るかですよ。」
「岩山さん、やはり連立という事ですか?」
「聡美、衆議院選挙で勝っただけでは安定政権とはならないが、次の参議院選挙を考えると情けない政党との協力関係はマイナスになると思うよ。」
「しかし、遥香さま、与党の方は我々に対して危機感を抱いていると感じませんでしたか、流石に政党支持率は無視できない様で。」
「富永さんもそう感じましたか、野党は対談をパフォーマンスぐらいにしか考えていませんでしたが、与党はきっちり政策に対しての意見を求めてきましたものね、ふふ、お姫さまモードで話させて頂いたからイライラさせてしまったかしら。」
「内容がすごく分かり易くて…、ゆったり話して下さいましたから、ご老人達も理解出来たのではないですか、ただ…、何人かは遥香さまに見とれていて、話が頭に入ったかどうか怪しいものでしたが。」
「はは、後から映像を何度も見返すだろうから、その時に我が党の方針が刷り込まれ、みどりの風よりの政策に変わるかも知れないぞ。」
「遥香姫親衛隊の隊員も複数いましたね、みどりの風党首のファンを公言して問題にならないのかしら。」
「先を見ているのでしょう、他の野党と違ってしっかりとしたバックアップ組織を持っている事は彼等にとって脅威だと思います。
選挙で負けた場合の落としどころまで考え始めているのかも知れません。
こちらは、ひたすら一党独裁を目指している訳でも有りませんので、バランスの取れた協力関係は大切だと思います。」
「そうですね、今回各党関係者とお話しさせて頂いて色々見えた気がします、岩山さん、そろそろ次期党首候補という事を表に出されて良いのではないですか?」
「はい…、党内も落ち着いて来ました、遥香さまばかりに頼っていては立候補予定者の名前すら憶えて貰えないかも知れません。
DVDが発売されましたので、タイミング的には悪くないと思っています。
遥香さま、気の向いた時に次期党首候補と漏らして下さって構いません。」
「はは、情報は一瞬にして広がるでしょうな、並行して他の候補者達にも光が当たる様に小細工を指示しておきますよ。」
「富永さん、お願いします、あっ、ご自身は選挙対策をなされているのですか?」
「勿論です、地元の同窓会や親戚を中心にスタートした後援会が勝手に盛り上がっています、遥香姫親衛隊隊員、みどりの風党員が立候補予定の選挙区内で増加していまして、後援会の会長は、公示の前までには当確レベルの状態にしてやると息巻いています。
まあ、完全に遥香さま効果でして、以前のテレビ番組出演時に私が遥香さまの隣だっただけで盛り上がる様な連中です。
岩崎とさほど関係のない奴らも、遥香さまが記者会見で話された政策を支持すると話していて、バックが企業体だという事は余り気にしてないみたいです、宗教団体より安心出来るそうで。」
「やはり今しばらくは立候補予定者の為にも、党首の肩書はそのままでお願い出来ますか?」
「ええ、大丈夫です、党首の役割を二人で担えば余裕が出来るでしょう、岩山さんは市長選の圧勝を考えたらすでに当確です、弱いエリアの応援をお願いします。
私は、党の宣伝用DVDを頑張りますね。」
「お願いします、販売価格は未定ですが利益は各地区支部の活動費に回させて頂きます。」
「あまり売れないと思いますが…。」
「いえ、売って行きます、勿論、歌のDVDほどは売れないでしょうが海外に向けても、みどりの風の方針を伝える事はそのまま岩崎王国の紹介になると考えています。
遥香さまが歌を交えてお話し下さる訳ですから。」
「う~ん、でしたら英語バージョンも作りましょうか?」
「えっ、字幕で何とかしようと思っていましたが。」
「英語教材としても使える様にして置けば…、ふふ、英語の学習をしながら洗脳されて行く若者達って構図、悪くないでしょ。」
「おお~、腹黒遥香さま降臨!」
「聡美ちゃん、腹黒は…。」
「ああ、富永さんはご存じなかったですね、腹黒は私の代名詞なのですよ。」
「しかし…。」
「遥香さまの英語は外国人記者にも好評ですが、お仕事を増やされては…、申し訳なく…。」
「大丈夫よ、聡美、英語の先生達に英訳原稿作成をお願いして。」
「はい。」
「歌も全て英語の歌にします、党に関する紹介内容は同じでも二本違ったものに仕上げますから指示をお願い。」
「承知致しました、英語教材としても使い易い様に指示しておきます。
販売戦略の見直しは私が直接指揮を取らさせて頂きます。」
「そうね、展開次第では岩崎王国にとってもプラスになるわ、お願いね。」
「はい。」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

みどりの風-17 [高校生会議-12]

翌日は外務省への訪問、官僚の方々はきっちり準備して下さっていた。
カメラを回す前…。

「遥香さま、本日はお越し下さいまして有難う御座います、省内でも遥香さまの話題で持ち切り、遥香さまの外交に関する発言は的確で嬉しいです。」
「私は外交に関して素人に過ぎません、それでもキサワイ王国からのお話しをきっかけに、日本の外交をお手伝いさせて頂けたらと考えております、今日はリアルな外交を教えて頂けたらと思っております。」
「日本の国益という点では、すでに遥香さまと岩崎王国は多大なる貢献をして下さっています。
今後も…、法的に制約の多い皇室とは違う形で岩崎王家の方が動いて下されば、多くの国家と良好な関係が築けると判断しております、よろしくお願いします。
外務省としてお手伝いさせて頂ける範囲には制限が有りますが…、色々察して頂けると嬉しいです。」
「はい、岩崎王国は隠し事なく違法性なく事を進めさせて頂きます。」
「他の国からも問い合わせが来ているそうですが、どの様な状況ですか?」
「岩崎王国を利用したいという政治家が動き始めた様で各国の支社に幾つか問い合わせが来ています、こちらとしては様子見で、各支社長には相手の意図を見極める様、岩崎の本部から指示が出ています。」
「そちらに関してもお互い差し障りの無い範囲で情報交換を進めたいです。」
「分かりました、担当者と連絡を取り合える様にさせて頂きます。」
「お願いします、では、外務省の役割を紹介させて頂く番組撮影の準備は出来ておりますが…、少し休憩されますか?」
「いえ、当初組んだ予定が、どうしても遅れ気味ですので時間通りでお願いします。」
「はい、では…。」

外務省での撮影は事前の準備がしっかりしてあり順調に進んだ。
キサワイ王国との交渉過程を紹介する中で、外務省の役割を紹介、それを岩崎王国の外交に活かして行くという流れで番組を完成させる予定。
岩崎王国外交担当大臣とその部下という形で、次回国政選挙立候補予定者を登場させたのは、まだ衆議院解散の話が出てない段階で事前運動には当たらないと判断しての事。
みどりの風の名前は一切出していないが、この番組を録画した物は選挙戦で活かされると思う。
党名を出さなかったのは一つの戦略、今の時点で党名をアピールし過ぎるのはマイナスになりかねないと判断したからだ。
必死になって党の宣伝をしているとは思われるより、姫として優雅に党首を務めているというイメージを大切にしたい。
私は衆議院の解散が確定した段階で党首の座を降り、党の役職から離れる予定。
選挙に出馬する訳ではないが、今の内に党首遥香を印象付けて置けば自然な形での選挙応援が可能だと判断している。
例えばCDやDVDをタイミング良く発売するだけでも効果は有る。
大学の学習では公職選挙法を学んでいるが、こう言った法律がややこしくなってしまうのは、立法府の立場で不正をする輩がいたからだろう。
人気投票で当選した議員にとって法律のすべてを把握するのは難しいと思う、優秀な参謀がいればクリア出来るだろうが。
みどりの風では、組織だって議員を支援するシステムを構築している。
だが、それは資金力が有ってこそ可能な事、政治と金の問題は充分な資金力によってしか解決出来ないのかもしれないと思い始めている。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

みどりの風-18 [高校生会議-12]

東京出張は疲れた、新幹線を使えば途中で家へ帰る事も可能だったが、マスコミに追いかけられる事を考えホテル暮らし。

「遥香さま、お疲れではないですか。」
「覚悟はしていましたが流石にね…、聡美も疲れたでしょ。」
「私は丈夫だけが取り柄ですから、遥香さまの様な重荷も背負っていませんし…、大人達はもう少し遠慮すべきですよね、社長、党首、王国の姫、遥香さまに頼り過ぎだと思います。
確かに遥香さまの代わりを務められる人物はおりませんが…。」
「あらっ、聡美なら出来るわよ、可愛くて聡明、二代目の姫とかどうかしら。」
「よして下さいよ~、私は遥香さまの足元にも及びません。
遥香さまが現れただけで、その場の皆さんが一斉に笑顔になる、そんなオーラ、私にはとても出せません。
社長でも次期社長を育て上げれば安心して交代出来るでしょうが、遥香さまは唯一絶対無二の存在、国民一同忠誠を誓い尊敬しています、それが姫の姫たる所以です。
ですから無理はなさらずに雑事は家臣にお申しつけ下さい。」
「ちょっとお姫様ごっこに付き合うだけのつもりだったのにな~。」
「正真正銘岩崎王国の姫、キサワイ王国との関係から世界中にその名が知れ渡りつつ有り、もうバーチャルとは言えなくなって来ました、警護も更に強化するそうです。」
「そうね、移動時に余裕が無いと姫さまモードの維持に支障が…。
遥香コーポレーションの売り上げも強気の予想以上に伸びているわね、警備会社を買収しておこうか?」
「前野さんとも相談して調べさせます…、今回でも専属の護衛がいたらもう少し混乱を減らせたかも知れません。
あっ、昨年大学へ通われた時はメイドがいたと聞いていますが、メイド隊を編成しましょうか?」
「具体的な役割は?」
「基本は遥香さまの御世話ですが、並行してプリンセス遥香のモデルなどのパーフォーマンス、他は遥香さまの秘書業務や男性が入れない場所での警護など、パフォーマンスで収入を上げれば人数が多くなっても人件費の負担は抑えられると思います。」
「所属はどうするの?」
「遥香コーポレーションの関係部署を再編しても良いと思います。」
「そうね、岩崎王国の王室が余りに貧弱では皆さんの夢を壊してしまうことになるわね、費用が足りなくなりそうなら、頑張ってCDやDVDを出して行こうか、ダブルワークを基本にすれば労力は効率良く使えるかな、奈津美さんや涼葉さんとも相談してね。」
「はい、DVDでは数百人の家来が遥香さまを出迎えるというパフォーマンスは如何ですか。
他党は庶民目線とかアピールしていますが、みどりの風は、経済的成功者が庶民に手を差し伸べるというイメージで問題ないと思います。」
「ええ、立候補予定者の多くは企業の管理職経験者、企業運営のノウハウを国家運営に反映させるというスタンス、少し派手目なパフォーマンスも有ね、次のDVDは派手に行きましょう、演出を誰にお願いするかはお母さまと相談してね。」
「はい、遥香さまの御休みが減ってしまうのが心苦しいですが…。」
「しばらく表に出る事は控え目にしようと思うの、タレントではないし立候補する訳でも無いでしょ、出過ぎない方が飽きられないと思わない? 
その代わりCDとDVDの制作に時間を掛けたいの、党の方は岩山さんにお任せしたいですし。」
「そうですね、スタッフにもその様に伝えておきます、選挙が近づいたり、キサワイ王国との交渉がまとまって来るまでは、極力ゆったり過ごして頂けるよう体制を作らさせて頂きます。」
「遥香コーポレーションも順調でしょ、私は少し手を抜かさせて頂くから、そこのフォロー体制を作ってくれる?」
「はい、遥香さまの目が届かない事による減益は最小限に留めます、ご安心下さい。」
「これから海外展開が活発になると一気に規模が大きくなる可能性も有るわ、岩崎の本部とも相談して組織の再編を…、ふふ、急速に拡大してると常に再編を考えなくてはいけないのね、これからは海外支社との連携も有るから、場合によっては利益率の低い事業に関しては規模を縮小しても良いわ。」
「分かりました、利益率の良い事業に充分な人材を回せる様、検討してみます。」
「ただね、皇室でも皇族方の減少が話題になっているでしょ。
岩崎王国の王室も人数が増やせたら、とは真面目に考えているのよ。」
「わっ、私は絶対だめですよ!」
「はいはい、お父さまと相談してみるわ、王位継承権とかね。」
「確かに増えれば遥香さまの負担は減るでしょうが…、国民の皆さんががっかりすされる様な人ではだめです、難しいですね。」
「そうね…。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

みどりの風-19 [高校生会議-12]

東京出張最大の目的は党首討論会、これに合わせてテレビ出演や政党への挨拶回りをして来た訳だ。
私はかなりイレギュラーな存在、私のことをどう呼ぶかだけでも関係者は随分困ったと思う。
まあ、今更、清音党首とか岩崎党首と呼ぶのは不自然、遥香さまは芸名の様なものだからと判断したのだろう、皆さんは遥香さまと呼んで下さった。

「各党の党首達はやりにくそうでしたね、遥香さまが述べられた政策案に対して反論しきれていませんでした。」
「聡美、やりにくい以前に能力的な問題が有るだろう、格が違うよ、流石に総理は継続的な対話をと上手く応じていたが…、うちの案が他の野党とは違い現実を見ていて与党案に近いという事情も有るがな。」
「もっと発言した方が良かったですか?」
「いえ、姫さまモードでしたから、あれで充分です、少々控え目なお姿が好印象、キャンキャンわめくだけの党首とは対照的、遥香さまが話を聴いておられる姿が多く映されていました…、発言しているのにあまり映して貰えなかった党首からクレームが入ってもおかしくないレベルでしたが。」
「そりゃあ、見苦しい老婆より、遥香さまの美しい姿を見て欲しいと思うのは当前だろう。
前半、遥香さまに挑んだ野党党首が、軽く返り討ちに有ったと感じた人も多いのではないかな。
国民の多くが支持している与党案を薄い根拠で反対してもな。
与党案に反対する事が前提で建設的な話が出来ない野党党首、遥香さまに落ち着いた口調で返されてはね、政党支持率がどう動くのか楽しみでしかないな、与党とて、あちこちに綻びが目立ってるだろ。」
「う~ん、でも余裕を持って解散待ちと言えませんよね。」
「はい、流石に単純な事では有りません、遥香姫親衛隊に登録していても投票に行くとは限りませんし。」
「そうね…、その辺りの歌でも作って貰いますか?」
「えっ? どんな感じで?」
「党の宣伝ではなく、純粋に投票率UPに繋がるような歌、政治や選挙に関心を持って頂く事は大切な事だと思います、みどりの風をイメージさせないのが理想ですね。
それなのに、歌っているのはみどりの風元党首、思わずみどりの風に一票となってしまうでしょ。」
「おお~、ブラック遥香さま降臨ですね、党をアピールする曲では制約が有りますが、純粋に投票へ行こうという曲ならマスコミも扱い易いですね、まあ選挙の頃は党首から降りていてもテレビで流すのは問題になるでしょうが、作詞とかはどうしますか?」
「作詞作曲はお母さまと相談して下さい、このCDに関しては福祉関連に利益を回しましょう、イメージ戦略の一環です。
他のCDやDVDの利益は主に高校生会議の予算に回すと公表して下さい、政党のバックを支えるシステムを健全な状態で維持していくにはそれなりのお金が必要だという事を世の中の人に知って頂きましょう。
後、キサワイ王国支社への遥香システム導入と並行して現地でも高校生会議のシステムを構築したいと思っています、キサワイで売り上げたCDの利益で賄えるのが理想なのですが。」
「成程、支社とセットで高校生中心に若者の教育に力を入れるという事ですね。」
「ええ、海外では政治関係、宗教関係は外した方が良いかも知れませんが。」
「外交担当大臣とも相談してみます、遥香システム英語バージョンを先行テスト導入した海外支社は今の所トラブルなく…、若い社員が必死に学習しているそうです、遥香システムを使いこなす事が出世の条件だと分っているのでしょう。
キサワイ王国へも、IWASAKI KOUKOUSEI KAIGIの名称でシステム導入するのも有りですね。
国王からは官公庁一括のシステムを国外からアクセス出来ない状態で構築出来ないか、という依頼も来ています。」
「インターネットから切り離す訳ですね、悪意ある接続を監視する体制を作っておけば安全性はかなり高くなるかな…、開発部にサーフィンが趣味だという人がいるから打診してみて下さい。
実際に現地へ行く事も必要になって来るでしょう。」
「分かりました、すぐに話をまとめて関係部署に指示を出させて頂きます。」
「直接関係しない様な事でも、選挙の時にプラスに働くかも知れません、お願いしますね。」
「はい。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

みどりの風-20 [高校生会議-12]

東京出張から帰って一週間後、みどりの風次期党首候補として岩山さんの名前を出した。
ただ、党首交代は前々からアナウンスしていた事で有り、岩山さんがその候補者であることは容易に推測出来る様、動いて来たので大したニュースにはならなかった。
交代の時期としては、衆議院解散のタイミングと明言し、それまでは党の為に動くと話した。この時は資金調達をメインと考えて、CDやDVD作成に重きを置こうと単純に考えていたのだが、その後の状況から…。

「岩山さん、与党が強い地域はやはり難しいですか?」
「はい、策は講じていますが、特に王国の力が弱い所は、そのまま党としても苦戦を強いられそうです。」
「頑張って議席獲得を目指すか、諦めて撤退するかの判断はどうです?」
「微妙なところで…、撤退は全体にとってマイナスイメージになるという考えが有ります。
地方支部はこれから頑張ると言っています…、次の選挙ではだめだとしてもその次を考えると安易に撤退できません。」
「分かりました、その状況を簡単に改善出来るとは思っていませんが、試しに応援旅行に行って反応を見たいと思います。」
「は、遥香さまが動いて下されば心強いですが、よろしいのですか?」
「はい、党のPR用DVDは来週中にも撮影を終わらせます、旅行は音楽DVD向けの映像撮影をメインにします、党の各県支部と調整が必要になりますがお願い出来ますか。」
「はい勿論です、DVDの映像とはどの様なものを考えておられるのですか?」
「聡美の案を多く取り入れていますので…、聡美、お願い。」
「はい、岩山さん、元々豪華な映像にしようと考えていたのですが、日本国民の遥香さまに対する反応を見る意味で、パレードをしたり、日本各地の風景を大勢のエキストラと共に紹介したりと考えています。
遥香さまメイド隊、遥香さま警護隊総勢三百名程度を同行させますのでそれだけでも目立つでしょう、両隊とも現在隊員の審査中です。」
「そこまで…、予算は大丈夫なのか?」
「彼等は遥香コーポレーションの社員として他の職務も持って貰います、旅行中でも他の仕事をこなしてくれる様な人を中心に集めています。
遥香さまを引き立てるだけでなく、空き時間には現地の方々の声を聞きつつ王国の宣伝をさりげなくして貰います。
両隊内にはダンス隊コーラス隊を設け、そちらはプロの方にも協力して頂きます。
勿論大きな出費になりますが、費用対効果を考えたら安いものになる様、指示を出しています。」
「パレードが成功したら大きいな…、日程的に暑い時期だから、夕方か…、夏祭りイベントに絡ませる事が出来れば…、聡美、問題は準備期間だな。」
「はい、ただDVDは何本も出して行きますので…、まずは遥香姫生誕祭の模様を中心に八月中に一本発売出来ると思います、その次はゲストの出身地へ遥香姫降臨という形、みどりの風の支持率が伸びていない地域を考慮し人選をして頂いてます。」
「選挙に向けてと、あからさまでは無いのだな?」
「その辺りのバランスは考えています、解散が先になればなる程、みどりの風にとって有利となる様に岩崎王国は動いています。」
「ああ、岩崎社長からもその様に…、遥香さま、私は少し弱気になっていたのかも知れません。
遥香さまが党首なのに…、支持率の低いエリアはもう一度戦略を見直します。
聡美、具体的に話しを進めて行きたいが、手伝ってくれるか?」
「はい、表向きはDVD制作プロジェクトですが裏はみどりの風選挙対策プロジェクトです。
色々関連させトータルで利益を上げるつもりです。」
「はは、前野が遥香さまの側近を任せるだけ有るな、遥香さまの従妹という設定をもっとアピールしても良いのではないか?」
「それはちょっと…、どさくに紛れて王家の一員というのは荷が重過ぎますので…。」
「ならば貴族の娘として表舞台に立つのはどうかな?」
「はぁ…。」
「ふふ、聡美、王侯貴族を増やしましょ、ささやかな名誉職としてね。」
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
高校生会議-12 ブログトップ