So-net無料ブログ作成
検索選択
キング-01 ブログトップ

01-目覚め [キング-01]

それまでは寝ていたのだと思う。
もしかすると気絶していたのかも知れない。
何故なら記憶というものがおかしな事になっていたからだ。
しばらく自分が誰なのか考えてみたが結論は出なかった。
だが、こうして思考しているのだから、脳が完全に壊れているという訳ではないのだろう。
目覚めた、つまり目を開けた訳だが周りは薄暗くほんとに目を開けてるのかどうか自信はない。
まずは自分の置かれている状況の確認からすべきだと脳のどこからか指令が発せられた。
それが間違ってない事だと判断した私は意識を自分の下、つまりどこに横たわってるのかに向けてみた。
寝心地は悪くない、手には普通に布団の感触が伝わる。
掛け布団が存在する事を目でも確認した、かなり暗いが何とか見える。
ほんとに暗いのか自分の目に異常が有るのか二つの可能性に気付く。
しばらくして暗いながらも少しづつ見える様になったという事は目にも問題が有った様だ。
横たわったまま見える範囲の確認をして行く。
天井はグレーの単色、暗いからグレーに見えるのかもしれない。
壁もグレーの単色、目に入る範囲に窓もドアもない。
これ以上の情報を得るには起き上がらなければならないが、今一つ力が入らない。
色々な可能性を考えてみる。
何らかの事故に会い記憶だけでなく体にも問題が有るのか、単なる病気か、長く寝すぎて体に変調をきたしているのか等々。
結論は出ないが手がかろうじて動くので意識を手に持って行き動かす。
続けていると、少しずつほぐれ血流が良くなったのか徐々に動きが良くなって行く。
体をほぐす作業をしばらく続けた結果、姿勢を変える事にも成功した。
それに伴なって部屋全体を視認出来る様になったが、その事は自分を喜びに導いてくれなかった。
部屋には何も無い、いや、そもそも自分の存在している空間が部屋と呼んで問題の無い代物なのかどうかも怪しい。
始めは天井と壁と認識していたがその境目は見当たらない、窓もドアもない。
単なるグレーに囲まれた空間に寝具と自分だけが存在するという現実と向き合ってすぐに絶望しなかったのは単に現状が理解出来てなかったからだと思う。
コメント(0) 

02-声 [キング-01]

何とか動ける様になって、自分のいるスペースがかなり狭い事が分かった頃、自分が空腹だという事に気付く。
まあ、気付いた所でどうする事も出来ない。
壁が普通に固い事を確認した後は拳の痛みに耐える以外する事はなくなっていた。

「気分はどうだ?」

唐突にインタビューされる事は想定の範囲外だった、いや何も想定していなかったというのが本当の所だ。
突然の声に驚きはしたが、なぜか冷静に応えたのはその声が若い女性のものだったからかもしれない。
声に優しは感じられなかった、上官が部下に問うと言ったところか、それでも嫌いな声ではなかったので。

「最悪だな。」

まあ、静かな口調で応えた。

「だろうな、何か望みは有るか?」

この状況での問いとしてはどうかと思う、現状では何から要求すれば良いのか分からない、ただ声の主になめられるのは否定したかったし、まあ敵意は感じられなかった。

「まずは飯だ、後部屋をもう少し明るくして欲しい。」
「そうか、何が喰いたい?」
「そうだな、まずは寿司とビール…。」

寿司もビールもしっかり自分の好みを指定してやった。
どうせ出せまいという想いからだ。
だが、意に反して注文通りの品が出て来た。
目の前に、唐突にだ。
そして気付く、自分はこんなものを好む人間なのだと、そう、怪しい記憶の断片から自分は寿司とビールをチョイスした訳だ。
味は悪くなかったと思う、こんな状況でなかったら。
食事が終わるまで静かだった。
部屋は幾分明るくなったが、雰囲気は変わらなかった。
グレー一色、光源は分からない、床も含め部屋全体がぼんやり明るいという感じだ。

「どうだ、落ち着いたか。」
「ああ。」

何となく落ち着いてはいるが目の前の皿が突然消えるのを見たばかりだから微妙では有る。
コメント(0) 

03-名前 [キング-01]

「お前は何と呼ばれたい?」

名前を聞かれた訳ではない。
こちらの記憶がおかしくなってる事を知っているのだろう。

「そちらは私の事をどう呼んでいるのだ?」
「正式名称は試験体59782154065、通称は65だ。」
「試験体? モルモットという事か?」
「人間とモルモットとの関係性、モルモットという言葉の使われ方から判断の結果、肯定だ。」
「そうか、ここは檻の中という事か。」
「65と呼ばれて抵抗がなければ、今後65と呼ぶが良いか?」
「ちょっと待て、その前にお宅の名前を聞いてないんだが。」
「本名をお前らの言語に直すのはやっかいなのだ、マリアとでも呼んでくれ。」
「聖母さまか、なぜその名を選んだ?」
「深い意味はない。」
「そうか、私の呼び名は少し考えさせてくれ。」
「了解した。」

自分の名前は思い出せない、自虐的にモルモットとかが浮かびはしたが呼ばれ続ける事を考えて却下した。
ならば。

「キングと呼んでくれ。」
「キングか、それは王という意味だな。」
「ああ、この狭い空間は俺にとっての国だからな、王様一人だけの王国だ。」
「了承した、これからキングと呼ぶ事にしよう。」
コメント(0) 

04-部屋 [キング-01]

「キング、部屋は満足か?」
「檻にしても、ちと殺風景過ぎやしないか、せめて鉄格子でも見えないと雰囲気が出ないぞ。」
「それが望みか?」
「い、いや広い窓から海が見渡せる部屋に出来るのか?」
「広い窓というのは抽象的だな。」
「適当で良いよ。」

一瞬にして風景が変わった。
マリアはほんとに適当にやってくれた。
周りを海に囲まれた小さな島が俺の王国になった、空は青い、白い雲が流れて行く。
水に手を入れてみる、適温だ。
なめてみるとちゃんと塩味がする。

「これは泳いだら別の島にたどり着けるのか?」
「試みない事を推奨する。」
「だろうな。」

これは映像なのか?
だが海水は本物だ。
風も感じる。
随分手が込んでるというか、それでも陸地は元の部屋と同じぐらいの広さしかない。
満ち潮になって溺れる、引き潮になって陸地が広くなるという事はなさそうだが。

「キング、満足したか?」
「前よりは随分良いが陸地がもう少し広いと嬉しいのだが。」

言ってみる物だ、陸地はあっさり野球が出来る程の広さになった。
王国の領土が戦争する事無く広がった訳だ。
実際に歩いて回る事も出来るがこれは部屋なのだろうか。
自分がグレーの空間から移動したという感覚はなかった。
とりあえずは目の前に有る物を信じて、今は魔法使いに頼るしかないのだろう。
コメント(0) 

05-第二段階 [キング-01]

それからしばらくはマリアと島の改造や城の建設といった日々が続く。
ここが自分にとっての王国ならば城が欲しいと言ってみたら、あっさり受け入れられた。
だが、これはなかなか難しい作業だった。
抽象的な説明では思うものが出て来ない。
だが、マリアは根気よく応じてくれた。
ただ。

「マリア、どうしてここまで私の思い通りにしようとしてくれるんだ?」
「それは解答出来ない。」
「そうか、ずっと声だけだが姿は見せてくれないのか。」
「それは不可能だ。」
「ここには何人ぐらい居るんだ?」
「教えられない。」
「私は何も知る事が出来ないのか?」
「キングの質問の内、解答出来るものは解答している。」
「成程、とりあえず質問してみるしかないという事か。」
「そうだ。」
「じゃあ私はここでずっと一人なのか、マリアがいるから寂しくはないが。」
「時期が来たら変化する。」
「それまで待てと?」
「第一段階、住居の整備に手間取っている。」
「あっ、もうほとんど完成だ、新しい城には満足してる。」
「ならば第二段階への移行となる、自給自足に関して希望を。」
「私に自給自足をしろと、今までの様においしい食事が目の前に現れる事がなくなるのか?」
「もちろんだ。」
「第二段階へ移行しなかったら、ずっと自給自足しなくても良いのか?」
「それは推奨できない、ただ第二段階の次には、第三段階が存在する。」
「そうか、まあやる事が無いよりよっぽどましだろう、自給自足について考えさせてくれ、準備段階は手伝ってくれるんだろ。」
「当然だ。」
コメント(0) 

06-自給自足 [キング-01]

頭の中に有る自給自足の知識を引っ張り出してみる。
農作物の場合種を蒔いてから実を結ぶまでに時間が掛かる。
マリアがどこまで許してくれるか分からないが食料の備蓄が必要だ。
備蓄を出して貰っていたのでは自給自足と認めて貰えないのだろうか。
待てよ、農作業の手引書とかは出して貰えるのか?
今までは、しまった、紙とペンか本を要求していたらもっと早く城が完成したんじゃないのか。
まあ、次の段階が有る事は知らなかったから急いでなかったのも事実だが。
肉はどうする、牛を飼うなんて大変だし、一人で牛を一頭食うのか?
繁殖もさせないと自給自足とは言えないだろうし。
それでも冷凍庫は用意して貰うとして、その電力とかも自給か?
魚類が確実なんだろうか。
何にしてもマリアと相談という事だ。
第三段階に興味が有る。

「マリア、自給自足に向けてだが…。」

結果、マリアさまはかなり甘くしてくれた。
今は自給自足しようという気持ちが試されているのかもしれない。
それでも牛肉豚肉は断念した。
鶏を飼い漁に出て畑を耕すという生活がマリアに助けられながら始まった。
だがすべてをマリアに頼る訳にはいかない。
データベースを頼りに作業の知識を手に入れる。
パソコンと何ら変わりはない端末からアクセスするデータベースの使い勝手は良い。
自給自足に必要な情報にしかアクセス出来ないのが残念では有るが。
漁に出る事になって初めてマリア達のテクノロジーを直に見られた。
船は至ってシンプルで操縦も簡単、エンジン音は静か、燃料は水だ。
取り立てて点検整備の必要もない。
改めて今までの出来事を振り返ってみると、マリア達はかなり高い文明の持ち主で有る事が理解できる。
魔法使いレベルの彼等が、なぜ私をここに連れて来たのかは今もって分からないが。
コメント(0) 

07-第三段階 [キング-01]

自給自足生活は失敗しそうになる事も有ったがマリアの手助けのお陰で少しづつ慣れる事が出来た。
漁と言っても一人で食べる分が獲れれば良い。
鶏が新鮮な卵を私に提供しつつ数を増やし、チキンとなって私の食欲を満たす様になった頃。

「キング、今日から第三段階に移行する。」
「お遊び程度の自給自足だが構わないのか?」
「問題ない、今日は別の試験体がここに来る。」
「おお、仲間と言う事か。」
「多分初めて出会う個体だろうから仲間かどうかは不明だ。」
「えっと、人間か?」
「そうだ、今日から日替わりでここに来る。」
「日替わり?」
「七つの個体だ。」
「その連中とは、どんな相談をしても良いのか?」
「問題ない、但し禁止事項は有る。」
「何だ?」
「殺すな。」
「はは、了解したよ、貴重な同胞だ、嫌な奴だったとしてもすぐに殺意を抱く事はないだろう。」
「そうなのか、本当なら良いが。」
「あっ、相手に言葉は通じるのか?」
「同じ言語を使用する者だ。」
「それを聞いて安心した、今からロシア語とか覚えろと言われても大変だからな。」
「しばらくしたら相手はここに現れる、しばし待て。」
「分かった。」

他の試験体、私と境遇を同じくする者という事なのか。
今まで一人で暮らして来たが、声だけでもマリアがいたからか特に寂しさは感じなかった。
だが、今、唐突に仲間が欲しいと感じている。
そんな自分の心境の変化を不思議に感じている自分がいた。
コメント(0) 

08-セブン [キング-01]

目の前に突然現れたのは男性だった。
見た目から判断するに私と同じぐらいの年齢だろうか。

「初めまして、ここではキングと名乗ってます。」
「よろしく、自分はセブンです。」
「やはり記憶は。」
「ええ、ジーザスから、あなたは自分と同じ境遇だと教えられてここに来ました。」
「そうか、私のはマリアだから管理者は一人ではないのだな。」
「そうでしたか、それにしてもここは随分広いですね。」
「ああ、マリアに頼んだら広くしてくれた。」
「自分も頼んだら少し広くして貰えたのですが、ここ程にはなりませんでした、おかげで自給自足に苦労しています。」
「最初に寿司とビールを出して貰えたから、その勢いで遠慮せずに頼んだ結果だが。」
「成程、自分は遠慮し過ぎたのかな。」
「ここを案内しましょうか?」
「是非お願いします。」

それからは二人で色々な話をした。
セブンは試験体番号の末尾が7だったからという事、彼の部屋の様子、自分達の境遇についてなど。
彼は城にも漁船にも驚いた様子。
ここへ来る前に頼んだ部屋の模様替えは、第一段階終了を理由に断られたという。
今から広く出来る可能性は低いと彼は落ち込んでいた。
だが私は、今でも領土を拡大して貰っている。
明らかに彼と私とでは扱いが違う様だ、マリアとジーザス、管理者の違いによる事なのか、他に理由があるのか、勿論私には分からないが。
食事を共にし色々羨ましがられた所で時間切れになった様だ。

彼は突然消えた。
コメント(0) 

09-麗子 [キング-01]

翌日登場したのは女性だ。

「あら、なかなかの男前ね、麗子よ、よろしく。」
「こちらこそ、私はキングと名乗ってる、麗子というと試験体番号の末尾が0だったのか?」
「そうよ、あなたはどうしてキングにしたの?」
「どうせ知らない奴に呼ばれるなら、呼ばれて気分の良い名称の方がましだろ。」
「確かにそうね、私も女王様と呼ばせりゃ良かったかな。」
「はは、そっち系の人?」
「全然平凡よ、と言っても何をしてたか覚えてないけど。」

話を聞くと昨日のセブンと、ここでの生活はそんなに変わらない様だ、ただ料理の腕前はなかなかのもの。
そういった記憶は残っているという事か。
セブンの話もしたが。

「あなたは二人目なのに私はあなたが初めて、明日以降の事も聞いてないの、キングは特別なのかしら。」
「さあな、でもまた会えると良いな。」
「ええ。」

そして彼女も唐突に消えた。
その後も日替わりでの来客、結局男性三人と女性四人がこの島に来た。
七人ともここでの暮らしぶりに大差はないようで一様に羨ましがられた。
また七人目まで誰もが私以外の人に会っていないという。
マリア達にどんな考えが有るのか不明だったが。

「キング、殺したくなる相手はいたか?」
「いや、皆、そんな人ではない。」
「そうか、では共に暮らしたいと思うか。」
「ああ、マリアと二人も悪くないが、君は姿を見せてくれないからね。」
「では明日よりその様にしよう。」
コメント(0) 

10-八人 [キング-01]

翌日七人が唐突に現れた。
互いに声を交わす。
結局全員、私以外とは初対面だった。
広過ぎたダイニングルームが、八人でテーブルを囲むのに調度良かったのは偶然だ。
今にして思えば随分贅沢なお願いをマリアにしていたと思う。
お茶の用意が済んだ所でマリアからのメッセージを伝える。

「ここに住むのなら家を建てても良いし、この建物の部屋を増やしても良いそうだ、増やすまでもなく全員分の部屋は有る、お願いしてみたらマリアは快く作ってくれたのだ、無駄な部屋と分かっていたかどうかは謎だが。」
「そんなお願いしようとも思わなかったわ。」
「この島には住みたいけど、住居に関してすぐに決めなくちゃいけないのかな。」
「いやセブン、急ぐ必要はない、まだお互いの距離感も掴めて無い訳だから。」
「私はキングの近くが良いかな、安心感有るし。」
「はは麗子、知り合って間がないのだから簡単に人物評価をするのは間違いの元だと思うぞ。」
「でも、キングだけがこの広さの空間を手に入れた、それだけでも私より能力がうんと上だと感じるの。」
「焦って欲しくないのはこの男女の構成比だ、男女四名ずつという事に意味が有るのなら、余計な先入観を持っての共同生活スタートは好ましくないと思う。」
「でも、ここはキングの国な訳だし、リーダーはキングにお願いしたいと思うがどうかな、必要だろリーダーは。」
「ロックに賛成だ、何時どうなるか分からない俺達だが、キングならましな方向へ導いてくれそうな気がする。」

三郎の意見に皆うなずく、表情から見て取るに反対の者はいない様だ。
問題は四人の女性に有る、四人とも外見は平均以上だ、しかも私に好意的、先々トラブルに繋がる可能性大だ。
男性四名の中で今の自分は一歩抜きん出た状態に有る、生物の本能として優秀な子孫を残す事を考えたら現時点では一番の配偶者候補だろう。
だがこのグループをまとめて行くにはバランスが必要だ。
コメント(0) 
キング-01 ブログトップ