So-net無料ブログ作成
検索選択
安藤優-03 ブログトップ

室長-01 [安藤優-03]

社長特務室は、優を含め五名でスタートした。
大人たちは、彼に部下を付ける事でリーダーとしての資質を高めたいと考えたのだ。
小学生の部下になる事に抵抗を感じてメンバーの人選に困るかと思いきや希望者は多かった。
部下となった一人が天才の成長を間近で見たかったと語る様に注目を集めていたからであろう。
室長になっても学校には行く、ただ小学校は、ほぼ体育だけになっていて、中学へは技術家庭科、後は高校が主となっていたが、自習中心でテストを受けて先に進むという形は続いている。
この頃にはほとんど自分の判断で、父の出張を考慮しながら、学校のスケジュールを組む様になっていた、ただ小学校と中学校の友との時間は短いながらも貴重なものだったそうで極力出席する様にしていた。
室長になってからは秘書が学校の送り迎え等もするようになる、秘書がこの通学の時間に仕事の指示を受け取ったり、報告したりする為だ。
「室長、柏木社長から、お礼の連絡が有りました、室長が今まで先方へ送ってきた、現地の商品に付加価値を付けるアイデアは幾つも成功して売り上げを伸ばしているとの事です。」
「良かったですね、また遊びに行きたいです、と伝えて下さい。」
「分かりました。」
「今度、父と伺う工場の概要は調べて頂けましたか。」
「はい、日本語ノートパソコンに入れて有ります、それと来月のアメリカ視察関連情報は英語ノートパソコンに入ってます、不足等有りましたらおっしゃって頂けますか。」
「有難うございます、矢崎さんの情報は分かり易くて助かっています、で、矢崎さんにちょっとお願いが有るのですが。」
「何でしょう。」
「池端さんなのですが、報告が、そうですね、指示通りにやったら上手く行きましたという報告が詳し過ぎて無駄なんです、自分は上手く行くと思って指示を出させて頂いてますので、上手く行った時の報告は一行にして下さる様伝えて頂けませんか、自分から直接より矢崎さんのソフトな感じでお願いしたいのです。」
「分かりました、伝えて…、そうですね他のメンバーにも確認の意味で話しておきましょうか?」
「お願いします、え~っと、上手く行かなかった時はきっちり報告を、そうですね出来れば失敗の原因とかまで考察しての報告が欲しいという事も添えて下さいますか。」
「はい、室長のお気持ちがしっかり伝わる様に今日の会議で話させて頂きます。」
「よろしくお願いします。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

室長-02 [安藤優-03]

社長特務室会議、矢崎が話始める。
「池端さん室長に送った報告書一行で良かったそうよ。」
「えっ、喜んでいただこうと沢山書いたのに。」
「指示に問題があったら、その倍以上書いて欲しいみたい。」
「どうして?」
「池端、まだ室長のレベルが分かってないんだな、このままだったらクビだぞ。」
「えっ、それは…。」
「成功した事案は室長にとって過去の事なんだ、でももし失敗したら、それは今後修正して行かなくてはならない事だろ、安藤社長と同じ考え方ですごく筋が通ってる、しかもすでに色々な成功実績が有るから、池端が喜ぶレベルの事は当たり前レベルなんだ。」
「そうか…。」
「それを、直接お前に言わないで矢崎さんを通す所が室長の優しさなんだぞ。」
「ふふ、さすが宇野さんは良く分かってるわね。」
「社長特務室の意味を考え直すべきね、まさか天才小学生のお守ぐらいに考えてないわよね?」
「うっ…、加山さん…。」
「池端さんも調査能力、調整能力を買われて特務室メンバーに成れたのだから頑張ってね。」
「はい…。」

「じゃあ今後のスケジュール確認と各自の作業の確認をするか。」
「ええ、次回の工場視察は宇野さんと加山さんね、準備は?」
「ルートの確認は済んでる、先方の工場については矢崎さんの資料で確認したよ。」
「社長秘書との打ち合わせも済んでるわ。」
「特に問題はなさそうね、なら安心して来月のアメリカ行きの準備を進めていくわね、池端さん大丈夫?」
「はい、パスポートもしっかり用意しました。」
「いえ、そうじゃなく社長と室長が気持ち良く旅行が出来て尚且つ良い成果を上げられるお手伝いが出来るかどうかなのですけど。」
「はい、頑張ります。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

室長-03 [安藤優-03]

この日、帰りも矢崎が学校へ優を迎えに行き、会議の様子などを報告しながら自宅へ送った。
「矢崎さん、そろそろ社長特務室内の役割分担を明確にして行きます、皆さんもう特務室の役目は分かって下さっていると思いますからね。
仕事によっては全員で当たりますが、各自が主に担当する役割を相談して下さい、来週の会議には自分も出席しますのでその時に今後の方向性を再確認しましょう。
とりあえず来月のアメリカ視察の時は池端さんには日本に残って頂いて現地との連絡を担当して頂く方向でお願いします。」
「はい、ただ…、池端はパスポートの用意をしたとか…。」
「そうですか、無駄な事をさせた事は自分から謝ります、でも遊びに行く訳では有りませんし、彼に預けてある案件のポイントになる時期がその頃になります、日本に一人必要だと思いまして、彼なら我々の留守中をしっかり守ってくれると思いますが如何でしょうか。」
「そうですね…、ただ彼がどう感じるか…。」
「悩ましい所かもしれませんね、結果彼を強く推薦した丸山副社長とは今後ひと悶着あるかもしれません、でも父には極力ご内密にお願いします。」
「どういう事なのですか?」
「彼は試そうとしてるのですよ、自分の…、ねえ矢崎さん、自分の事、僕と話すのと、私と話すのとどちらがしっくりきます? 迷って自分と表現してるのですが。」
「室長レベルなら私でも違和感ないです、もちろん私の個人的な感覚ですが。」
「有難うございます、丸山副社長は悪意なく私を試そうとしてるのだと思います、この事は外部には漏らして欲しく有りませんが大丈夫ですか?」
「はい。」
「特務室の皆さんには伝えて頂いて構いません、池端さんにもですが、特務室内に能力は高くても特務室向けではない人物を置いて私の判断を試していると考えています。
私としては、池端さんの能力を十二分に活用したいと考えていますので、彼のポジションを皆さんのバックアップ的な所にしたいと思っています、矢崎さんはどう思われます。」
「確かに室長のお考え通りだと思います、バックアップしながら社長特務室とは何かを学んで貰うレベルだと、たぶん宇野も加山もそう感じているでしょう、まだ時間が早いですから、この後、緊急会議を開いて調整させて頂きます。」
「お願いします。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

室長-04 [安藤優-03]

緊急会議。
「…、という事なの。」
「うわ~、さすが室長、うん、その読みは当たってると思うな…、室長の話がなかったら、池端が浮いて社長特務室がバラバラになっていたかもしれない、池端どうだ?」
「自分が足を引っ張る訳には行きません、室長の意に沿って勉強し直したいと思います。
確かにアメリカ行きの頃に、自分が関わっている案件の結果が見えて来ます、結果を整理してアメリカへ報告します、出来れば一行で…、確かに一行で済まない可能性も有りますので、その時には室長に満足して頂ける報告書を作成しますよ。」
「よし、じゃあ次の会議が簡単に済む様にしっかり準備しておこうか。」
「そうね、室長に恥をかかせたら私の恥だわ。」
「それとね会議の後で夕食を奢って下さるそうなの、皆の希望を聞いて予約しておくように仰せつかってるけどどう?」
「うっ、そう言われても…、お好み焼きとかラーメンかな。」
「だから池端は分かってないって言うんだよ、室長の年収はかなりのものなんだぞ、なんせ収入源が多いからな。」
「安すぎても失礼だし、高くてはずうずうしいし、難しいわね。」
「ふふ、加山さんの反応はお見通しの様で、五人で十万円ぐらいとしとけば皆が迷わなくて済むかなって。」
「おっ、太っ腹。」
「和食の良いお店が有るんだけど、自分のお小遣いじゃいけないのよね~。」
「そこで良いよ、でも室長の好みはどうなんだろう?」
「秘書課で聞いたところでは、好き嫌いは無いそうよ、ただコーラとか炭酸とかよりはトマトジュースみたいな健康的な飲み物を頼まれる事が多いんだって。」
「さすが加山さん、調査済って事か。」
「社長にも室長にも気持ち良く働いて頂かないとね、それが私達の役目の一つでもある訳だから。」
「じゃあ食事会の方は加山さん担当で良いかしら。」
「良いわよ、ここから近いし、もちろんうちの系列店だからね。」
「じゃあ目の前にニンジンもぶら下がったところで、仕事頑張るか。」
「やりましょう!」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

室長-05 [安藤優-03]

室長も参加しての会議、メンバーからの報告が幾つか済んだ所で優が口を開く。
「皆さん、ここまでの報告ですが、ほとんど文章で頂いている事です、こういった事は、会議で改めて報告して頂く必要は有りません、会議では文章では伝えきれない内容、報告書を送った後で変更が有った事を中心にして頂けますか。
皆さん高い力をお持ちですから信頼しています、報告書も本当に報告する必要が有ると思った時だけで結構です、例えば大きな損失が出そうだ、とかです。
そうですね小さいミスは会議で発表して頂けると他の方の参考になるかもしれません、成功事例も他の人の参考になるであろう事は発表…、将来メンバーが増える事を想定して、要点をまとめ残すという作業はお願します。
では、続けて下さい。」
「と、なると、この後はどうします?」
「私から良いですか。」
「どうぞ。」
「今度のアメリカ視察に関して、室長は何か特別なお考えとか有りますか?」
「そうですね、基本は国内視察と同様ですが、向こうで株式会社桜根がどれほど認知されているのか掴みきれていません。
今回の大きな目標は現状がどうであれ、株式会社桜根の認知度を上げる事、そしてその傘下企業である現地法人のアピールをする事を私の一番の目標に置いています。
皆さん御存じの通り向こうのテレビ番組への出演も予定されていますので、そこで良いイメージを持って貰える様、協力お願いします。」
「分かりました。」
「今回は制作部が取材で同行するという事ですが、私は始めてで何か気を付ける事は有りますか。」
「そうですね、加山さんも矢崎さんもお綺麗だから気付かない所で映されてしまうかもしれません、服装、立ち居振る舞いには何時も気を付けていて下さい、和服の方は大丈夫ですか?」
「はい、広報部の方に色々指導して頂いて何とか。」
「今回は社長特務室も目立つ事になりますからお願いしますね。」
「はい、私も恥はかきたくないです。」
「でも、多少ドジって下さった方が、制作部は喜びますよ。」
「え~、お嫁に行けなくなっちゃうわ。」
「はは、まあ今回の結果次第で社長特務室が規模拡大となるか縮小となるか掛かっていますからお願しますね。」
「は、はい。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

室長-06 [安藤優-03]

会議の後の夕食会が終わり、優に迎えが来て帰った後、二次会の席で。
「二次会の費用まで奢って貰ってしまったな。」
「私は室長にとことんついて行くわよ。」
「そういう気になるのよね、あれで小学生でなく大人だったら絶対アタックするのにな。」
「お気楽な事で。」
「池端、またすねてるのか。」
「いえね、室長が自分をアメリカ行きメンバーから外した理由が痛い程分かりましてね。」
「そうか、えらいぞ池端、まずは己を知り、という事だ。」
「はあ。」
「池端くんお留守番しっかりやって室長に認めて貰いなよ。」
「うん。」
「しかし、室長の話は面白かったな。」
「ほんと、総理大臣の裏話まで聞かせて下さって、確かに佐々木総理初当選の時肩車されてた子なのよね。」
「なあ、神童も二十歳過ぎればただの人っていうけど、室長には当てはまらないと思わないか。」
「でしょうね、能力が下がって行くとは考えにくいわよ。」
「神童って子どもの割には能力が高いって事でしょ、室長は大人としても能力が高い訳だからさ。」
「なあアメリカ視察が成功したら社長特務室規模拡大って話してみえなかったか。」
「先を見据えて色々なお考えが有るという事ではないかしら。」
「まだ始まったばかりよね。」
「池端安心しろ、まだこれからだそうだ。」
「頑張りますよ、このままじゃカッコ悪すぎですからね。」
「よし乾杯だ。」
「え~、またですか。」
「我等が室長に。」
「かんぱ~い。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

室長-07 [安藤優-03]

アメリカ視察旅行には社長特務室の他、秘書室、広報部、撮影クルー、優の家族とその世話係まで同行したのでかなりの人数になった、ここに現地スタッフも加わる。
プログラムは社内的なものと社外的なものとがあったが、どんなプログラムも優が中心となった、これは相手にインパクトを与える狙いもあったが、彼の父が「会社全体を一番知っているのは優なんだ。」と話すぐらい優の認識が高まっていたからでもある。
取材も幾つか受けた、これは会社が他に例を見ない手法でその規模を急速に拡大しつつあり、また、総理大臣一家と家族ぐるみの付き合いが有るという事も関係しいていた。
あるテレビ番組では。

「優、君達の会社がなぜ急速に拡大してるか教えてくれるかな。」
「スミスさん、色々有るとは思うけど従業員に優しいという事が一番だと思います。」
「どう、優しいんだい?」
「仕事や給料に不満が有っても一生懸命働きますか?」
「そりゃあ不満は無い方が良いね。」
「うちでは、どうしたら不満の少ない会社に出来るかを、ずっとグループ企業全体で考えてきたのです。」
「なるほど、他には?」
「良い商品を作り薄利多売はしないという事。」
「日本製の良さは知ってるよ、従業員もお客も満足って事なのかな。」
「そうです、皆、仲間ですから、仲間に粗悪な商品は売れません。」
「う~ん、私も仲間になりたいね。」
「もう仲間ですよ、スミスさんが着てるのはうちの製品ですよね。」
「オ~、有難う、で、ここをクビになったら雇ってくれないか?」
「はは、真面目な話なら担当者を紹介しますが。」
「お願いするよ、番組制作会社も持ってるんだろ。」
「ええ、サンフランシスコにも拠点を置く事になりました、広報活動は重要ですから。」
「優は会社の重要な事について決定権とか有るのかい?」
「それは有りません、部下が四人の社長特務室室長に過ぎませんからね、ただ会社の皆は、自分の提案を良く受け入れてくれます。」
「手元の資料だと、それでかなりの利益を会社にもたらしているそうだけど。」
「たまたまうまく行っただけです、子どもの思いつきがうまくいったから大袈裟に書いているだけですよ。」
「ここで番組を見てる人達が考えるのは、株式会社桜根は買いかどうかなんだけど株式は上場してないんだね。」
「今の所必要ないです、資金はうまく回っていますから。」
「将来はやはり社長なのかい?」
「それは分かりません、佐々木総理は総理大臣になれとおっしゃってますが。」
「う~ん、どちらにしても将来が楽しみだね。」
「はは、今も楽しいですよ。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

室長-08 [安藤優-03]

取材の後やテレビ出演の後などは会議となる。
「皆さん、今日の放送局が興味を持ちそうなコンテンツに心当たりは有りませんか?」
「室長、室長の成長記録などは取り上げて貰える可能性が有ると感じましたが。」
「あれですか、ちょっと照れくさいですが…、会社にとってプラスになるのであれば…、制作部と相談ですね。
そうだ、こちらでも放送して貰えそうなコンテンツをまとめておきましょう、制作部と連絡を取ってくれますか、矢崎さん。」
「分かりました、幾つかここの放送局に送る様指示しておきましょうか?」
「アメリカ支社に担当を置けないか打診して出来ればそこを通す形にしたいですね。
後、英語字幕か英語でナレーションを入れるかも検討して貰って下さい。」
「はい。」
「皆さんは何か気付かれた事有りますか?」
「室長の色々な能力をもっと見せつけたかったですが。」
「そうですね、でも日本とは違いますから、今回は比較的真面目な番組でしたし。」
「ここのスタッフに聞いた所では、次回の録画は砕けた感じの番組らしいです。」
「宇野さん、そのスタッフに、ここではどんなのが受けるか聞いておいて貰えますか。」
「了解です、それを元に次回出演の番組制作サイドと打ち合わせしておきましょうか?」
「お願いします。」
「室長、次回は私達も和服で出させて頂きますが、何か気を付ける事とか有りますか。」
「宇野さん、特務室メンバーの動きも確認しておいて頂けますか。」
「はい。」
「加山さんは、宇野さんからの指示以外はいつも通り明るく優しい感じで振る舞って頂ければ良いと思いますよ。」
「はい、でもドキドキです。」
「はは、軽いドジは有りですからね。」
「そうだよ、ここなら旅の恥はかき捨てレベルで良いんじゃないのか。」
「室長も宇野さんも女心というのをご存じないのですね。」
「ぼく子どもだから分かんないや。」
「室長ったら、ずるいですよ~。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

室長-09 [安藤優-03]

工場視察、テレビ出演、そんな仕事の合間には家族で観光に出かけ楽しい時を過ごした。
そんな旅行中の一日だけ、優は家族と別行動を取った、工科大学の見学の為である。
工業大学で知り合った留学生が紹介してくれたのだ。
特務室の矢崎が紹介先の教授と連絡を取って調整していたので、優が充実した時間を過ごす事が出来ただけでなく、先方の研究者達にとっても意義深いものとなった。

研究者の説明を受け質問しているうちに。
「あっ、そうか確かに理屈としては通ってるね、優はどうして、こんな事に気づいたんだい?」
「この装置とは全く違う分野で似たシステムを見た事があるのですよ、サム、うちの関連会社の製品なんだけど、それが応用出来そうで、特許とか大丈夫だと思うけど一応確認取りましょうか?」
「お願い出来るかな。」
「宇野さん、高島技研の確かTK3000という製品だったと思います、高島技研へ連絡を取って下さい、この工科大学の名前を出せば喜んで協力してくれると思います。
本社の技術開発室にも連絡を入れて、問題がないか確認して貰って下さい、基本特務室が仲立ちをする形にしておきたいのですが大丈夫でしょうか?」
「分かりました、まずは私が担当になります。」
「サム、他にもあなたの参考になるかもしれない装置が有るから、こちらに問題のない範囲で協力させてもらえないですか?」
「もちろん!」
「宇野さん、優はどうしてこんなに…、まだ十二歳だよね。」
「ただの十二歳じゃないよ、色々な分野を見て来た事がすでに蓄積されていて、まあうちの社長直伝なんだけど、能力の高さは半端じゃないんだ。」
「飛び級でここに入れるんじゃないか?」
「かもしれないが俺のボスがこっちに来てしまうと色々問題が有りそうだよ。」
「飛び級か、高校の内容はもう直ぐ一通り終わるけど、こちらは色々違うんだろうね。」
「室長なら言葉の問題もないですしなんとかなるとは思いますが、うちの重役連中が絶対手放さないと思いますよ。」
「父は多分さみしいと言いながら許してくれそうなんだけど。」
「お願いします、日本にいて下さい。」
「はは、それが宇野さんの本音なんだね。」
「サム…。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

室長-10 [安藤優-03]

工科大学からホテルへの道中。
「室長、どうしてあそこの研究室の応援を?」
「こちらでも大学と良好な関係を持っておきたいですからね。」
「それだけですか?」
「宇野さん、あの装置どう見ました?」
「未完成な部分が多いけど完成したら売れるでしょうね。」
「ですよね、でも彼等は経験豊富な技術者では有りません、おそらくサム達のチームではかなり時間がかかるでしょう、でも高島技研や中田工業が絡んだら、すぐ完成だと思ったのです。」
「なるほど。」
「そのまま製品化出来ると思いますが、お互いの調整が必要です、権利問題も有りますからね。
具体的な商談は皆さんの意見を聞いてからになりますが、高島技研には余力が有ります、無理なく行けると思います。
この先も含めてこんな事例を社長特務室の仕事の一つに据えたいですね。」
「始めからそのおつもりで工科大学へ?」
「可能ならというレベルでした、調度良いレベルの案件を矢崎さんと先方の教授が見つけて下さいまして、矢崎さん有難う御座いました。」
「いえ、先方の教授は室長の事を色々調べておられて、ぜひにという感じでしたから。」
「今、池端さんにお願いしている案件やこの案件の見通しが立ったら、特務室メンバーを増員して体制を強化していこうと思っていますので、よろしくお願いします。
うちの企業同士でも分野が違うと接点がなくて、別会社が持ってるものを生かせてなかった事例が今までも有りました、そこを一つでも良いから繋いで行きたいと思っています。」
「分かりました、自分としても社長特務室を社内でも、もっと目立つ所まで盛り上げたいと思っていますから。」
「うまく行きそうならすぐに体制作りが出来る様に、人事面など池端さんに下準備をお願いしておいて下さい。
「分かりました。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
安藤優-03 ブログトップ