So-net無料ブログ作成
F組三国志 14 原崎すみれ ブログトップ

F組三国志 14-1 [F組三国志 14 原崎すみれ]

えっ、梶田社長、嶋くんのこと気に入ってるとは感じていたけど、梨乃の結婚相手とか考えてる?
そんなん早すぎじゃないの…。
そりゃ、今日の発言…、ふふ、生意気ですが、とか言いつつ嶋くんの発言はしっかりしてたもんな。
あ~、梨乃はどう思ってるんだろ?
嶋くん、大地さん、ほんとは、大地って呼びたい、で、すみれって呼んでくれたら…。
嶋くん私のこと…、私じゃだめかな…。
もう、社長が変なこと言うから意識しすぎちゃってる、私…。
でもでも、チームの中でも、さりげなくみんなの面倒みてたからな~、大地さん。
はぁ~、亜美も黒川くんと楽しそうだった…。
私も…。
あ~、もう告っちゃおうかな。
でも、だめだったら…。
梨乃みたいな子がタイプだったら…。
食事前の感じでは、私、まだ梨乃に負けてない気もするけど…。
あ~、どうしよ~。

「じゃあ送っていくよ。」
「はい。」

あっ、もうこんな時間か…、時間経つの早すぎ…。
でも…、嶋くんと一緒に送ってもらえるんだ。

「原崎さん、家はどこ?」
「中村公園の近くです。」
「じゃあ先に原崎さんの家でいいかな、嶋顧問。」
「はは、いいですけど、嶋顧問はよして下さいよ。」
「ねえ原崎さん、省吾リーダーに嶋くん、今時の高校一年生は、みんな、こんなにしっかりしてるのかい?」
「えっ、まさか…、二人は特別ですよ。
省吾さまレベルの人なんて…、上級生を含めた学校中でも他にいないと思いますし。
しま…、だ、大地さんも…、クラスの同じチームで勉強してきて、他の男子とは違うって感じています。
先回のテストでも学年三位でしたから。」
「そうか、それを聞いて少し安心したよ、自分の高校生時代なんて、ただの悪がきだったからね。」
「でもさ、すみれ、哲平さんや正信くん、黒川くん、美咲さまや麻里子さんだって…、F組ってレベル高くないかな?」
「うん、そう言われてみると…。」
「お互いに刺激しあって…、みんながんばってるから私もって気になってるし。」
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

F組三国志 14-2 [F組三国志 14 原崎すみれ]

嶋くん…、大地さんが隣に座ってる。
でも、だからって…。
つかの間の幸せってことかな…。

「ねえ、原崎さん。」
「は、はい、社長。」
「自分でデザインしたものを、って話していたけど、デザインとかやってるの?」
「デザインと言うより、ふふ、私は手芸をやってるからって今日の参加者に選んでもらえたんですよ、省吾さまに。」
「手芸?」
「はい、何か関係のある工場かと思ったら全然違っててびっくりでした。」
「だろうね。」
「でも、省吾さまの話しを聞いてたら…、だ、大地さんと一緒に、私もお手伝いできそうです。」
「ありがとう、オーダーメイドの金属装飾なんて思いもしなかったよ。」
「はい、道具を持たない素人が簡単に作れるものではないですから…、手芸をやってる人でも、違った素材に興味のある人もいます。
誰でもできる手芸ですが、ハイレベルな人たちの作品は芸術なんです。
手芸の枠に囚われてない人も結構いるんですよ。」
「う~ん、そんなこともイメージしての工房ってことなのかな。
工場の製品と全く関係ないものも工房から発信していくことで、会社の活性化を図る。
不用品置き場になってる倉庫の有効利用ということだったから了承したけど。」
「あれだけ広い倉庫だと、工房として色々なことができそうですよね。」
「そうかな?」
「趣味のレベルからお仕事のレベルまで、うまく運営できれば会社に貢献できるって、省吾さま話してました。」
「チーム赤澤で工房のプロジェクトを立ち上げて、初期投資の問題をクリアできればってことだったね。
うちに余力があれば、資金も提供できたが…、まずは倉庫内の不用品を全部片付けて、倉庫を使える状態にすることが私の役目ということなんだけど…。
ねえ、嶋くん、倉庫の不用品は売れるだろうか?」
「はい、業者へ持ち込めばそれなりの金額になると思います。
そうだ、自分、うちと関係の有るリサイクル会社の人と顔見知りなんです。
資源ゴミを持ち込む時、トラックに乗せてもらってましたから。
行くと、お菓子をもらえたりして…、工場からもそんなに遠くないから…。
一度、その会社の人に見てもらってはどうでしょう?
それにしても、社長、ずいぶん溜め込みましたね。」
「はは、昔は製品を大量に作っておいて倉庫に保管、注文に応じて出荷していたけど、最近は必要な物を必要なだけ、という生産方式に変わってきたからね、倉庫に余裕ができたら、とりあえずいらないものは倉庫へって感じになってしまってた。」
「うちは敷地に余裕がないから考えられないことです。」
「そうか…。」
「持ち込むにしても、先方の一番都合の良い所へ持ち込めば、より高値で引き取ってもらえるみたいです。
輸送コストを最低限に抑えるってことですね。
従業員の方に余裕があるのなら、材質の違う物をバラしておくと先方の手間が減ることになって、やはり高値となります。」
「ずいぶん詳しいんだね。」
「はは、話し好きのおじさんがいましてね、色々教えてくれたんです。」
「紹介してもらえるかな?」
「はい。」

そっか、あれだけの量があると、ちょっとしたことで、ずいぶんな金額の差になるってことなのね。
片付けるの大変そうだ。
大地さんって、普通に社長と話してる、なんか大人だよなぁ~。
大地さんが説明して、社長がお願いしてる。
あ~、私なんかじゃ相手にしてもらえないのかな…。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

F組三国志 14-3 [F組三国志 14 原崎すみれ]

ふわ~、今日は球技大会か…。
夕べは、大地さんのこと考えてたらよく眠れなかった。
期末考査が終わってから気が抜けてるってこともあるけどね。
まあ、ドッジボールであてられないようがんばるか。

「すみれ、男子バスケの応援、行くんでしょ?」
「も、もちろん。」
「一回戦目、もうすぐよ。」
「ねえ、玲菜は誰の応援?」
「誰って? みんなの…、あっ、すみれは特別な誰かさんの応援なの?」
「えっ、えっと…。」
「ふふ、嶋くんでしょ?」
「えっ?」
「省吾さまには美咲さま、哲平さんは静さん、後の二人はすみれにとって問題外だろうから、残るは嶋くんしかいないわね。」
「断言するか~。」
「違うの?」
「へへ、ばれちゃしょうがない。」
「でも、競争率高いわよ。」
「う~ん。」
「うちのクラス、カップルの成立続いてるから、みんな刺激されちゃってさ。」
「そうよね…、省吾さまに黒川くん、哲平さんも静さんとって感じになってる…、そういう玲菜はどうなの?」
「私は中学から付き合ってる先輩がいるから。」
「あっ、そうなんだ、いいな~。」
「ふふ、嶋くんなら、すみれとお似合いじゃない。」
「そ、そうかな、でも、告ってだめだったらって思うとね…。」
「のんびりしてたらだめよ。」
「うん…。」

試合が始まった。
スポーツしてる男の子ってかっこいいな。
大地さん、動きがいい。

「F組がんばれ~!」
「哲平さ~ん!」
「嶋! いけ~!」

大地さんボールをとった。
省吾さまにパス。
シュート。
はいった~!

「ナイッシュ!」
「大地さん、ナイスパス!」

あっ、こっち見てくれた。
へへ、大地さんって呼んでるの私だけかも。
あっ、今度は大地さんから哲平さんへパスが通った。
シュートも決まった!

大地さんボールについてくの早い。
またボールをとった。
右に省吾さま、左に哲平さん。
あっ、二人同時に切り込んで、大地さんからのパスは省吾さまが受け取って…。
す、すごい、あっというまに省吾さまから哲平さんに渡って、シュートが決まった。
すごいチームワークだ。

「ナイッシュ、哲平!」
「いいぞ~!」
「大地さん、すてき~!」
「省吾さま~!」

なんか圧勝って感じだ、球技大会特別ルールだからもうすぐ半分終わるけど、二十二対四。
ふふ、応援でも圧勝ね、F組の。
えっと、休憩は…、スポーツタオルとドリンク持ってきたけど…。
ええい、行くしかないな。
ちょっとはずかしいけど…。
時間だ。

「お疲れ~。」
「おう。」
「圧勝だよな。」
「油断は禁物だぞ。」
「今日はシュートが冴えてるね、哲平。」
「嶋のパスがよく通ってるから。」
「はいタオル、省吾、お茶少し飲む?」
「サンキュー。」
「哲平さん、どうぞ。」
「有難う、しずか。」
「大地さん、タオル、スポーツドリンクで良かったかしら。」
「うん。」
「あれっ? 何時の間に、すみれ?」
「へへ、どさくさにまぎれてしまいました、美咲さま。」
「す、すみれの声大きすぎ、大地さんなんて他に誰も呼ばないだろ。」
「やっぱ、迷惑だったかしら…?」
「そんなことはない。」
「嶋くん、活躍の影に原崎すみれありってこと?」
「美咲さま…。」

「さ、後半も気合入れていくぞ。
ただし、後の試合も考えに入れて、体力温存でいこう。
ファイブゴール差になるまでは軽く流して、露木と森は次の試合に備えて、パスのタイミングとかの確認をしていてもいいよ。」
「はは、試合中に練習できるとは思わなかったな。」
「嶋は一番動いてるから、ちょっと控えめにな。」
「おう、了解。」
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

F組三国志 14-4 [F組三国志 14 原崎すみれ]

ふ~、球技大会終わった~。
なんか疲れた。
ドッジあてられちゃったしな。
でも、男子バスケ優勝したし、他は…。
ふふ、あれは反則よね、他のクラス…、F組には負けられないって感じで結束しちゃってさ。
女子バレーなんて、F組に負けたチームが次の対戦相手に助言とかしてたし。
でも、それも省吾さまの次の展開にとってはプラスなのかな。
みんな、何となく残ってだべってる…。
あっ、大地さんのところに女子が集まって…、あ~ん、ぼ~っとしてた。
私も…。
やっぱ、みんなも大地さんのこと…。

「お疲れ~。」
「お疲れさま、すみれ。」
「はは、ほんとに疲れた顔してる。」
「え~、そうですか、大地さん。」
「すみれは、応援でもがんばってたもんね。」
「へへ。」
「ねえ、大地さんはどんな女の子が好みなの?」

えっ、あやかも大地さんって…。

「好みと言われても…。」
「大地さん、中学でも、もてもて?」
「そんなことないよ、勉強優先だったし。」
「今日の大地さん、かっこよかった~。」
「はは、照れるな~。」
「だって、攻撃の起点に徹底してたじゃん。」
「まあそういう作戦だったから。」
「チームワーク良かったし、特に哲平さんと省吾さまと、特別な練習とかしてたの?」
「動きのパターンは幾つか相談してたんだ。
一回戦目で、面白いように決まったから、後は思ってたより楽だったね。」
「ねえねえ、今、彼女とかいるの?」
「いや、特には…。」
「じゃあ今度遊びにいこ。」
「うん…。」
「里美といくのなら、私とも、カラオケとかどう?」
「う~ん、カラオケはあまり好きじゃないけど…。」
「あやかたちには悪いけど、大地さんはプロジェクト梶田で忙しくなるから、ごめんね。」

あ~、梨乃も…、あやかも、里美も。
わ~、わ~、どうしようどうしよう。

「わ、私、大地さんのこと好きです…。」

あ~、言っちゃった~。
うわ~、顔が熱い~。

「ありがとう、すみれ。」
「へへ。」
「言わなくても分かってたわよね。」
「あの応援じゃ。」
「でも、私も大地さんのこと好きよ。」
「あやか…。」
「はは、困ったな、でも優柔不断なんて自分でも嫌だし。」
「そうよね、みんなで取り囲んでなんて、ごめんね困らせて、大地さん。」
「いや、嬉しかったりもする、そりゃ女の子にもてて嫌な訳がない、でも俺、こんな経験今までなかったから、ドキドキしてるよ。
みんなとはこれからもクラスの仲間として仲良くしていきたいけど…、今は…、すみれのこと、もっと知りたいと思ってる。」
「えっ、えっ。」

大地さん、私を選んでくれた…。
のよね。
あっ、あやかも梨乃も涙目…。
ほんとに好きだったんだ…。

「あ~あ、失恋しちゃった、あやか、梨乃、帰りにやけ食いね。
でも、やっぱ大地さん素敵だわ、この状況できちんと意思表示してくれて。
すみれ、大地さんをがっかりさせるようだったら承知しないからね。」
「う、うん。」

あ~、なんか夢みたい…、でも、そうなんだ大地さんをがっかりさせるか…、そんなこと考えたことなかったな…。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

F組三国志 14-5 [F組三国志 14 原崎すみれ]

「ねえ、すみれ。」
「は、はい。」
「俺、すみれのこと、まだ何も知らないけどさ。」
「うん。」
「でも一緒に勉強してきて、一生懸命な人だと思っていた。」
「へへ。」
「俺、女の子と付き合ったことないから、すみれにとって良い彼氏になれるかどうかわかんないけど、いいのかな。」
「私だって…、でもね、でもね…、里美が言ってた…、大地さんをがっかりさせるような女の子にはなりたくない。
私、美咲さまみたいに美人じゃないけど…、省吾さまと美咲さまみたいになりたい、大地さんと。」
「うん、そうだな、一緒に勉強したり…、でもさ、梨乃さんたちには悪いことしたかな…、梨乃さんは何となく感じてはいたけど、あやかさんや里美さんが俺のこと見ててくれたとは思ってなかった。」
「私を選んでくれてありがとう。」
「はは、女の子たちに囲まれるとは思ってもいなかったから、かなりあせったけどね、う~ん、梶田社長にうらまれるかな。」
「プロジェクト梶田とかには、これから大勢の参加があると思うから、梨乃もきっと良い人見つけるわよ。」
「そうだな。」

「あ~、幸せな人たちめっけ。」
「あ、玲菜。」
「聞いたわよ、すみれ、よかったね。」
「う、うん、ありがと、で、でもなんか梨乃たちの気持ち考えてなかった…。」
「ふふ、恋愛なんてそんなものよ。
まあ、彼女たちは省吾さまに、なぐさめのパフェをおごっていただけることになってね。
ささやかな幸せにひたるみたいよ。」
「へ~、さすが我らがリーダーだ。」

「ねえ嶋くん、プロジェクト梶田の方はどんな感じなの?」
「動き始めたよ。」
「昨日見学に行ってきたばかりなのよね?」
「工場に関してはまず工場内の整理整頓、昨日の内に問題点をまとめてきた。
梶田社長もすぐ取り掛かるって言ってたからね。
家まで送ってもらったついでに、リサイクル業者の連絡先とか伝えたし。
うちの親父とも話していかれて…。
親父も協力するって。
それに、俺は、親父から勉強させてもらえって言われた。
学校の勉強よりもためになるからって。」
「へ~。」
「梶田社長喜んでたけど、はは、親父もなんか嬉しそうだった。
玲菜さんはプロジェクトに興味有るの?」
「そうね、今はチーム赤澤に興味が有るって感じかな。」
「ふふ、玲菜はどれくらい知ってるのかなぁ~? チーム赤澤のこと。」
「えっ? すみれ、昨日なにか発表されたってこと?」
「企画がどんどん出てきてるのよ。
プロジェクト梶田に関連して工房の企画が始まりそうだし、黒川くんたちのプロジェクトもね。
株式会社を設立するって話もあるし、事務所を梶田さんとこの倉庫の一角に置くってこともほぼ決定みたい。
高山チーフ中心に資本金のこととか真剣に考え始めているって状態よ。」
「そのリーダーが省吾さま?」
「もちろんよ。」

省吾さまが社長になるのかな?
大地さんが重役になったりして。
そしたら、私は秘書にしてもらおうかな。
でも、そのためには勉強しなくちゃいけないのよね。
チーム赤澤は実験的、実践的学習の場でもあるって話してたな、省吾さま。
チームの活動を通して色々な体験をし、将来に役立てて欲しい、か…。
それを大地さんと一緒にできるなんて最高かも。
美咲さま、いつも楽しそうだもんな。
大変なこともあるかもしれないけど、がんばるぞ。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
F組三国志 14 原崎すみれ ブログトップ