So-net無料ブログ作成
短編集-3 ブログトップ

子犬と [短編集-3]

公園の芝生でポメラニアンの子犬と遊んでいるのは沙織、中学一年生。
その姿をベンチに座って見守る父と母。

「なぁ、犬を飼うことにしたのは正解だったみたいだな。」
「そうね、沙織、ずいぶん明るくなった気がするわ。」
「体調も良いんだろ?」
「ええ、最近は学校を休むことも少なくなって。」
「やっぱり病は気からってことだったのかな。」
「アニマルセラピーって半信半疑だったけど、でもあなたのこと見直したわ。」
「えっ?」
「犬を飼うことを決めた時に色々話したでしょ。」
「まあな沙織には優しい心を持って欲しいからな。」

二ヶ月ほど前。

「なぁ沙織、犬を飼うか?」
「えっ、ほんと飼いたい飼いたい!」
「面倒は沙織がすることになるけど大丈夫か?」
「もちろんよ!」
「ただし条件付だぞ。」
「え~、どんな?」
「まずきちんと世話をすること。」
「分かってるわよトイレの世話もちゃんとするわ。」
「うん、それから一番大切なことなんだけど、子犬の心を考えて欲しいんだ。」
「えっ?」
「犬だって、その時々、して欲しいこと、して欲しくないことあると思わないか?」
「あっ、うん、そうだよね、わかるわ…。」
「でも、躾はちゃんとして欲しい、甘やかすだけでなくな。」
「うん、躾のことはミニチュア・ダックスフンドを飼ってる友達から聞いたことがあるから。」
「この三つが守れそうだったら明日ペットショップへ行こうか?」
「うん、あれっ、条件ってそれだけ?」
「もっと条件付けて欲しいのか?」
「ううん、でも条件付って言われた時さ、勉強のこととかあるのかなぁ~って。」
「はは、動物を飼うということは学校では教えてくれないことを色々学ぶことにもなるんだぞ。」
「うん、そうだ、お父さんパソコン使って良い?」
「いいけど…。」
「ネットで色々調べなきゃね、ポメラニアン、ポメラニアン♪」

pome-1.jpg

「かっわいい~!
ねえ沙織、この子、え~と、さくらちゃんだっけ?」
「うん、さくら。」
「だっこしてもいいかな?」
「そうね、先におやつをあげてからの方が良いかも、麻美、ちょっと待ってて。」
「うん。」
「はい、まずはこれをあげてみて。」
「へ~、子犬のおやつって、こんな感じなんだ。」
「さくら、おいで。」
「ふふ、かわいい~、さあ、どうぞ…、食べてる食べてる、かわいいなぁ~。」

「もう満足したみたいね、たぶん今ならだっこしても嫌がらないと思うわよ。」
「ほんと? さあ~、うわ~、か~わ~いい~。」
「ふふ。」

「ねえ、さくらちゃんの世話って、沙織がしてるんでしょ?」
「ええ、そうよ、麻美。」
「大変じゃないの?」
「そうね、面倒なこともあるけど…。
あのね、父さんがね、この子を飼う条件に出してきたのが、この子の心を考える、ってことだったの。」
「子犬の心?」
「で、色々考えてみたらさ、この子ってさ、生まれてまもなくお母さんから引き離されてさ、ペットショップでさみしい思いをしてたと思うの。」
「そうか…。」
「うちの家族の一員となったからには、もうそんな思いはさせないぞって、気になってさ。」
「沙織、優しいんだ。」
「へへ、そんな感じじゃないけどね、私がこの子の母さんになったのだから、きちんと世話してあげなきゃってとこかな。」
「ふ~ん、そうなんだ。」
「逆にね、さくらに助けられてることもあるのよ。」
「はは宿題手伝ってもらったりとか?」
「そんなわけないでしょうが、ははは。」
「さくらちゃん、4y分の2yプラス2y、さあ、簡単にすると…。」
わん。
「おお、天才犬だ。」
「ははは、麻美、おもしろ~い、ふふ、さくらはね宿題は手伝ってくれないけどね、そこに居てくれるんだ。」
「沙織の部屋がさくらちゃんの部屋でもあるのね。」
「うん、私、一人っ子だからさ、兄弟の話とか聞くとうらやましかったんだ、おにいちゃんがいたらなぁ~、とか弟がいたらとかさ。」
「弟なんて面倒なものよ、生意気だし、まぁ、たまにからかって遊んでるけど。」
「麻美を姉に持った、弟に同情するよ。」
「そんなことないないわよ、3こ下だから、結構面倒見てきたのよ。」
「へ~、そうなんだ。」
「時には自分のしたいことも我慢してね。」
「ふ~ん、今なら分かる気がするわ。」
「うん、で、さくらちゃんに助けられてることって?」
「この部屋の住人が一人じゃなくなくなったってことかな、勉強してても、振り返ればさくらがお寝んねしていてさ。」
「あら、寝てるだけでもいいの?」
「ふふ、宿題やってる時とかは寝ててくれた方がはかどるわね。」
「そりゃそうよね。」

「ねえ麻美んちは何か飼ってるの?」
「う~ん、弟ぐらいかな。」
「はは、弟はペットレベルなのね。」
「ちゃんと餌も与えてるし色々世話もしてるのよ、でも犬を飼いたいな~。」
「だめなの?」
「うん、色々事情があってちょっと無理、そうそう晴美んちがミニチュア・ダックスフンド飼ってるの知ってた?」
「知ってるわよアンディとレニイでしょ、かわいいわよね。」
「あの二匹すごいのよね、躾が行き届いていてさ。」
「ほんと、ポーズもピタリと決めたりしてさ、ポメラニアンのさくらじゃ、あそこまでは無理なのかな、基本的な躾はちゃんとやってるけどね。」
「うちの弟もちゃんと躾なきゃいかんなぁ~。」
「ははは、餌を上手に使ってね…、うふ、麻美は夏樹んち行ったことある。」
「まだないわ。」
「夏樹んちは、ぬいぐるみみたいなプードル飼ってるの、すごくかわいいのよ。」
「へ~、あの子とは何かグループが違っててあんまし話したこともなかったけど、今度声をかけてみようかな…。
あっ、もうこんな時間、帰らなくちゃ。」
「そっか、さくらと遊んだりおしゃべりしてるとすぐ時間がたっちゃうわね。」
「ねえ沙織、またさくらちゃんに会いに来ていい?」
「もち、いいわよ。
さあ、さくら、麻美を見送りに行くわよ。」

「じゃまたあしたね~。」
「うん。」
「さくらちゃん、まったね~。」

わん。




すぺしゃるさんくす

gogohanasakura

あんれに">
nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

子犬と、について [短編集-3]

子犬と、は初のコラボレーション作品です。
まぁ、勝手に人様のブログからネタをいただいてということは今までもやってきたのですが、今回はお願いして写真を貼らさせていただきました。
写真一枚ですごく雰囲気が変わって、勝手に自己満足しています。

このお話の発端

http://dustation.blog.so-net.ne.jp/2008-05-10-3

すぐに桜子ちゃんのことが頭に浮かんだ訳です。

で、偶然なんですが…。

kinen_large.jpg

をいただきました。

gogohanasakuraさん、桜子ちゃん、本当にありがとうございました。


ちなみにまとめる前のは、カテゴリー倉庫に残しておきます。
niceやコメントをいただいていますので。




ペットメディカルサポート

ペット用品
nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ちらし [短編集-3]

「あっ!」

久雄は思わず声を上げた。

住宅街の古びたマンション。
数ヶ月前、久雄は初めてこのマンションに配達に来た。
その時、目にしたのは、床に散らばる…、ちらし…、明らかに何日も放置されていることがわかる状態…。
雨に濡れて乾いて…。
その後、何時来ても同じ様な有り様だった…。
そのマンションへ行くと気持ちが暗くなる、久雄。

久雄は特にモラリストという訳ではない。
だが…。
ある日のこと、ちょっとした気まぐれで、彼は床に散乱するちらしを片付けた。
五分もかからなかった。
偶然出会った住人からは感謝と反省の言葉が…。

そして、それから何ヶ月か過ぎ、久しぶりにそのマンションへ…。

彼を迎えたのは、ごみ一つ落ちてないマンションだった。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

安いよ-1 [短編集-3]

量販店。
店先に並ぶプライスカード達は静かに呼びかける。

安いよ、安いよ…。

この商品の値段は誰が決めたのだろう。

安いよ、安いよ…。

一つの商品が店頭に並ぶまでには多くの人の労力がかかっている。
大量生産…、この商品に係わった人たちは、その労力に見合った収入を得ているのだろうか?

安いよ、安いよ…。

原材料を工場へ運ぶ人たち…。
値切られていないか?
工場で製造にたずさわっている人たち…。
低賃金で働かされていないか?
流通に係わった人たち…。

安いよ、安いよ…。

人件費を抑えて安くして、他社との競争に勝つ。
それがこの国の経営者の考えていること。
会社の為に働いてくれている人のことなんて…。
そうですよね、代わりはいくらでもいますからね。

安いよ、安いよ…。

安さにつられて買う人たち…。
安く売るために正規雇用が減ったって考えたことあるのかな?
まぁ自分には関係ないってことかな。
でもね…。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

安いよ-2 [短編集-3]

自由競争の世の中だから色々な物の価格は企業等の思惑によって決められる。
ではその価格は適正なものなのだろうか?

安いよ、安いよ…。

まともに働いているのに、生活保護を受けている人より収入が少ない人たち…。
労働に対する賃金は適正なものか?

安すぎるよ…。

まともな賃金を支払って、それを価格に転嫁したらインフレになる?
バランスが崩れているからね。

バランスを崩したのは誰?
バランスの取れた社会に出来ないの?

まぁ底辺の暮らしぶりを知らない人たちが国を動かしていては…。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

企業イメージ [短編集-3]

あなたの会社嫌いです。
大嫌いです。

安くて良い物を売ってるって?

下請けを泣かせて、従業員に無理をさせて。

壊れていく社員も少なからずいる、そんなあなたの会社、大嫌いです。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

靖国神社 [短編集-3]

靖国神社。

明治以降の日本の戦争・内戦において政府・朝廷側で戦歿した軍人らを祀る神社。

参拝して悪い訳がない。

が…。

戦時下において、罪もなく殺された他国の人々を慰霊する公の施設のない日本。
はずかしい国、日本。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

大人が [短編集-3]

公の場にごみが落ちている。

黙って片付ける大人。

誰だ散らかしてと、愚痴りつつも片付ける大人。

気にはするが素通りする人。

気にもしない人。

大人が減ってしまったなぁ~。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
短編集-3 ブログトップ