So-net無料ブログ作成
検索選択
ドライブ~おにいとぽてち ブログトップ

木曽路 [ドライブ~おにいとぽてち]

「おにい最近寝てばかりだね。」
「ああ、仕事やめて気がゆるみすぎたのかなぁ…。」
「もう一週間ぐらいになるよ。」
「何か一気に無気力になってしまったよ、これじゃあ社会復帰できそうにない…。」
「少しは外に出て気分転換したら?」
「そうだな、何年かぶりに木曽路でもドライブしてこようかな。」
「そうしなよ。」
「中山道の宿場、妻籠の五平餅はね、おだんごをくしに刺した独特のものだったけど…、まだあるのかなぁ。」
「ごくり。」
「ぽてちも行く?」
「うん。」
「さあ、そうと決まったら…、まずは寝るか。」
「お、おにい…。」

エフキュア オンラインショッピングサイト

So-net (ソネット)
nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明日はドライブ [ドライブ~おにいとぽてち]

「え~っと、おやつにタオルっと、ねえ、おにい用意済んだ?」
「用意?」
「明日ドライブでしょ?」
「ああ、一応今月中に済ませておかなかきゃいけないことは済ませたよ。」
「荷物とかは?」
「まあ適当だ。」
「何時に出発?」
「起きたら。」
「何かいい加減だなぁ…、天気予報は調べた?」
「雨だったら暑くなくて良いし、晴れてたら気持ちいいかもな。」
「確かにそうかもしれないけど…。」



大豆のいいとこ、ギュッと詰めました!

So-net (ソネット)
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ドライブ-1 [ドライブ~おにいとぽてち]

今日は珍しく、おにいとぽてちはドライブに出かけることに…。

「おにい、もう行こうよ。」
「うん、もう少し寝てから…。」
「最近寝てばかりだね。」
「う~ん、出かけるのが面倒になってきた。」
「え~、気分転換にドライブに行こうって決めたのおにいでしょ。」
「そうだな…、仕方ない行くとするか…。」

「ぼくは準備オーケー、何時でも出発できるよ。」
「私もだ。」
「えっ? もう準備済んだの?」
「特別な用意はいらないからな。」
「何時もと同じ格好…、少しは服とか気にしないの?」
「まぁ気にするな、ぽてち。」



【アイル】MT4標準搭載!複数ドメイン共用サーバー登場!

SWAGGER高価買取り中!!

nice!(9)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ドライブ-2 [ドライブ~おにいとぽてち]

車は東に向かって、ひたすら走る。

「おにい、ここはどこ?」
「瀬戸市だな。」
「近道?」
「いや、遠回りしてる。」
「えっ?」
「まあ急ぐ必要もないからな、う~ん、どっちから行こうかな。」

「この辺りはおうちがずいぶん少ないね。」
「ああ、少し気温も下がったな…、あっ、うぐいすの声が聴こえるぞ。」
「ほんとだ。」

「さて、そろそろメシでも。」
「ぽりぽりぽり。」
「あっ、ぽてちもうおやつかい?」
「うん、クッキー♪クッキー♪おいしいな♪」

「あっれっ?」
「おにい、どうしたんだんだい?」
「この辺り店が全然ない…。」


近所の美容室から都心の人気店まで簡単予約!お得な割引メニュー満載

アイル ホスティングサービス
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ドライブ-3 [ドライブ~おにいとぽてち]

車は山道を走る。

「おにい、ここはどこなの?」
「豊田市の北の方、合併する前は小原村かな。」
「お店どころか、おうちも少ないね。」
「ああ、まあいい、こっちへ行ってみよう。」
「大丈夫? 迷子?」
「はは、ここは初めて走る道だけど北へ向かって行けば必ず国道19号に出るし…、あっ、看板があった、北は左の方か。」
「まだまだお店ないね。」
「あっ、北って…。」
「どうしたの?」
「北って地名だった。」



【アイル】MT4標準搭載!複数ドメイン共用サーバー登場!

SWAGGER高価買取り中!!

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ドライブ-4 [ドライブ~おにいとぽてち]

しばらく山道が続いた後、広めの道に出る。
何のためらいもなく右折するおにい。

「広い道にでたね。」
「ああ、もうすぐ店があるだろう。」
「ほんとだコンビニが見えるよ。」
「ぽてち、ちょっと待っててな。」
「うん。」

「さてと…、そうか小里川ダムの近くに出たんだ、ぽてち寄ってくか?」
「うん、おりがわダムってどんなとこなの?」
「工事してる頃、近くを通ったことがあったけど、完成してから行くのは私も初めてさ。」
「ふ~ん。」

「さてと、着いたぞ。」
「うわ~、おっきなダムなんだね。」
「そ、そうだな。」
「もう少し近づいてよ、ぼくはおにいの肩に乗っかってるんだからさ、おにいが近づいてくれないと下の方まで見れないよ。」
「す、少しだけだぞ。」
「少しって、ほんとに少し…、おにいって高所恐怖症なの?」
「もちろんだ。」



【アイル】MT4標準搭載!複数ドメイン共用サーバー登場!

SWAGGER高価買取り中!!
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ドライブ-5 [ドライブ~おにいとぽてち]

ダムの周辺を少し散策する二人。
しかし気になる物が少し離れたところに…。

「ぽてち、あれなんだろうな?」
「うん、行ってみようよ。」

「ほほ~、逆光で写してみようかな。」

カシャッ!

水車

「おにい…、これって」
「日本でも最大級の水車だってさ。」
「何に使うの?」
「これは実用と言うよりは動くモニュメントだな。」
「飾り物?」
「うん、だけど昔は実用サイズの水車が、陶土用の砕石製造の動力として使われていたんだってさ。」
「へ~。」
「愛知県の瀬戸~岐阜県の東濃地方では昔から陶磁器が焼かれていたからね。」




電子貸本 Renta!
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドライブ-6 [ドライブ~おにいとぽてち]

小里川ダムを後にして夏の山村を駆け抜ける。
そして山道へ。

「あれっ? 何か静かになったね。」
「うん、蝉が鳴いてないな。」
「そう言えばずっと蝉の声を聞いていたような気がするよ。」
「確かにそうだったな、名古屋市内ではクマゼミとアブラゼミ、途中からはアブラゼミばっかになった。」
「蝉によって住むとこが違うの?」
「うん、岐阜県の高山へ行った時はミンミンゼミばっかだったかな。」
「へ~。」
「そうそう名古屋では以前アブラゼミが中心だったんだけどね、ニーニーゼミ、クマゼミもいたけど蝉を捕りにいけばアブラゼミばっかだった。」
「クマゼミの声をよく耳にするけど。」
「ああ、ここ数年? いやもう少し前からかな、クマゼミの数がうんと増えた気がする。」
「どうして?」
「う~ん、環境の変化かな…。」

「おにいは子どもの頃、せみ取りしてたんだね。」
「うん、でな夏休みも終わり頃になるとツクツクボウシが鳴き初めてさ。」
「ツクツクボウシか…。」
「その声を聞くと子どもながらに、すぎ行く夏の感傷にひたってたな。」
「ほんとは、終わってない宿題どうしようって考えてたりして…。」
「そこまで、真面目な子どもじゃなかったなぁ~。」

「あっ、あの声は?」
「ひぐらしだな。」




【アイル】Exchangeサービス無料トライアル実施中!
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ドライブ-7 [ドライブ~おにいとぽてち]

馬籠によってから妻籠へ。
少し時間が早かったので、通り過ぎて木曽川へ向かうおにい。

「おにい、どこへ行くの?」
「もうすぐ見えてくるさ。」
「つり橋? 結構古そうだね。」

桃介橋

「大正時代に読書発電所関連の工事の為に架けられたそうだ。」
「ふ~ん、真ん中のとこって階段?」
「ああ、中央の橋脚から下へ降りることができるような作りになってるよ。」
「ねえ読書って発電所らしくない名前だよね。」
「うん、当時の地名なんだけど、与川(よがわ)、三留野(みどの)、柿其(かきぞれ)と三つの村が合併してよみかき村になったそうだ。」
「頭の字か…。」

桃介橋

「さあ桃介橋だ。」
「ももすけ?」
「福澤桃介は、福澤諭吉の養子なんだけどね、実業家として活躍した人さ、大同電力(関西電力の前身)の社長をしていただけでなく、名古屋を中心に色々な企業の経営に関係していた人なんだ。」
「へ~、すごい人だったんだね…、ねえおにい、この橋って渡っていいんだよね。」
「歩きなら大丈夫だな。」
「じゃあ渡ろうよ。」
「う、うん。」

桃介橋

「結構高いんだね。」
「ぽてち、やっぱり戻ろう。」
「えっ? まだ全然渡ってないじゃん。」
「こ、怖い所は高いとこでな…。」
「渡ったことあるんでしょ?」
「ああ前に来た時にな、でも調子の悪い時は高所恐怖症も悪化するんだ。」
「こんなに幅が広いのに…。」

----------------------

「ふ~、今回のドライブで紹介したかったのはこれくらいかな。」
「えっ? 馬籠や妻籠のことは?」
「妻籠宿は別で書いたし、馬籠~のことも別で書き進めているから、ドライブシリーズはおしまいさ。」
「でも今回は珍しいよね、おにい。」
「何が?」
「何時もは作り話しばかりでしょ。」
「確かにその通りだ…。」



TENDERLOIN高価買取り中!!
nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
ドライブ~おにいとぽてち ブログトップ