So-net無料ブログ作成

猫田小夜-28 [化け猫亭-03]

「小夜ちゃん、来週は法事が有って憂鬱なんだよ。」
「小森さんが参加しないという選択肢は無いのですか?」
「長男だと色々なしがらみが有ってね。
従弟連中は問題無いのだが、叔母とかの話を聞いてると疲れるんだ。」
「でも、美味しいものを頂けるのでは有りませんか?」
「いやいや、法事に出て来る料理はそうでもね…。」
「焼肉食べ放題とかでしょ?」
「もしかして、小夜ちゃん、法事の経験はないのかな?」
「有りません。」
「キリスト教とか?」
「いえ、猫田家の曽祖父が唯物主義の人だった関係で、祖父も父も偶像崇拝に興味は無いのです。」
「へ~、少し冷たい気がするけど。」
「そんな事ないですよ、亡くなった親族に関するエピソードはまとめられていまして、祖父の家に親族が集った時には写真を見ながら偲んでいます。」
「へ~、お経とか線香とかは無しで?」
「ええ、小森さんはお経の意味とか分かるのですか?」
「まさか。」
「お経は、姿勢を正して声を出す事で脳に良い刺激を与える効果が有るかも知れません、でも、それなら姿勢を正して法律の条文を音読しても同じ事では有りませんか、その意味を考えながら。」
「えっ、もしかして実行してる?」
「音読が良いと母から勧められ、今までは詩や短歌を声に出して読んでいましたが、最近は刑法を音読しています。」
「どんな感じなんだ?」
「法律の重さを味わっています、一言一句を先人たちが曲解されない様に気を配りながら条文を考え、国会で可決された文ですので。
それで、小森さんにとってのお経は?」
「ほとんど分からないが、それで亡くなった人の供養になれば良いだろ?」
「供養になりますか、そもそも人間死んだら終わりですよ、お星さまにならない事ぐらい分かりますよね。」
「まあな、でも、しきたりとか…、小夜ちゃんは宗教、必要ないと思ってる?」
「死への不安が解消されるとか、正しく生きる道標とか、信仰心にケチをつける気は有りませんが…。
お寺関係でも金銭トラブルの話がニュースになりますよね。」
「ああ、最近も有ったな、宗教組織内の利害関係か…、その宗教の教えとか、どうなんだろうな。」
「全員がそうでは無いでしょうが、より良い生活を送る為に宗教活動をしている人は少なく無いと思います。
それ自体は決して悪い事では無いですよね、経済活動の活性化に役だっていますし。
ただ、私利私欲に走り過ぎている人は天国も地獄も無いと理解している訳で、そんな人が善い行いをしろとか偉そうな事を言ってたら笑っちゃいますよね。」
「そうだな。」
「そんな人を支えているのは小森さんの様な人じゃ無いのですか?」
「うっ、そう言われると…。」
「所詮、葬式仏教ですよね?」
「う~ん…。」
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー