So-net無料ブログ作成
検索選択

展開-06 [高校生会議-16]

ハリウッド映画出演依頼の話はスタッフの間にも広がり盛り上がっている。
お陰で会いに来て下さったリアルプリンセスの耳にも入ってしまった。
彼女との夕食会では…。

「王家の特権を利用する様な形で遥香に会う機会を作って貰って、御免なさいね。」
「いえ、私は伝統の無い王家のバーチャル姫ですから、本物のお姫様とお話しさせて頂けて光栄です。」
「私は単に親が国王だというだけの姫よ、ねえハリウッド映画の話は実現しそうなの?」
「まだ確定では有りませんが、主演スターからも共演したいと連絡が有りました。」
「バーチャルでもリアル姫を遥かに凌ぐ存在になるわね。
貧困対策をメインに世界に貢献、すごく活躍している。
あなたと比べたら、私には何の力もないわ、でも自国の繁栄だけでなく世界平和は私も望んではいるの、ただね、遥香、結構考えてしまうものなのよ、私の様な王族って現代社会では不要では無いかとか…。」
「そんなことないですよ、と私が話すのはおかしいかも知れませんが、心の拠り所を必要とされている方は少なくないです。
一つの集合体のシンボルとして、大統領とは違った存在として…、そうですねアメリカの方々は岩崎王国の一員となってすごく喜んでくれています、尊敬する国王の下で働けると。
勿論、時代が違いますから絶対王政は通用しませんし、王族の振る舞いに大きな制限がある訳ですが。」
「そうなのよ、遥香はそれを分かっていて、きちんと公務をこなしている。
あまりにもチャーミングだから狙ってるプリンスも何人かいるのよ。」
「えっ、知りませんでした。」
「でも能力的に釣り合わないの、相手がおバカでは話が合わないでしょ?」
「ふふ。」
「私と親交の有る幾つかの王室は、キサワイ王国と同じ様に岩崎王国を国として認めたいと思ってるのよ、ただ政治に口出し出来ないのは日本と同じなの。」
「有難う御座います、その言葉で安心しました。
リアル王家にとって岩崎王国がどんな存在なのか分かりませんでしたので。」
「はは、キサワイ王国との話が伝わった頃からうちでも調べていたのだけど、担当職員がすぐ遥香姫親衛隊になった後、一気に広まって、私という姫をそっちのけ、遥香姫情報で盛り上がってるの。」
「本日のお召し物はプリンセス遥香ブランドですね、お買い上げ有難う御座います。」
「実は、国王も遥香姫親衛隊の一員なの、CD、DVD、ポスターに写真集、一通り買い揃えていてね、私が遥香と会って来ると話したら、ずるいとか代わってくれだとか散々悪態をつかれたのよ。」
「うちの支社からはそんな報告、受けていませんでした。」
「さすがに表に出せないでしょ、王家として。」
「それでしたら、日程調整して私的に遊びに行ってもよろしいですか?」
「勿論! 国賓として迎えたいぐらいよ、でも日程的にきつくならないの?」
「大丈夫です、今回の旅行はじっくりヨーロッパを堪能出来る様にゆったりとしたスケジュールにして有りますので。」
「でも、観光は出来なさそうね、私は目立たないし小国の王族だから普通にショッピングだって出来るけど、遥香は警護が大変そう。
町を歩いたら、すぐに人が集まって来るでしょ?」
「そうですね、でもパンダには負けますよ。」
「いやいや、そもそもパンダはショッピングに行かないし…、日本ではどうしてるの?」
「余り出歩かないですが、出かける時は皆さんに守って頂いています。」
「ここでの観光は?」
「天気の良い日に空から、観光用ヘリの会社を買収しましたので、そのお披露目を兼ねてです。」
「買収ですか…、儲かるものなのですか?」
「ええ、すでに充分な予約を頂いています、セレブ向けですから利益率高めでも大丈夫なのです。
悪天候で飛べない場合のプランも用意してあるところが強みかしら。」
「その利益を安定雇用拡大に繋げて行くのね。」
「はい、難民の方を良い形で雇用出来ないか模索しています。
働きながら技術を身に着けて頂き、もし帰国が叶ったら母国で活躍して頂ける様に考えています。」
「人数が多いから大変なのよね、日本はあまり受け入れていないと聞いたけど。」
「少しずつ受け入れ拡大を検討しています、ただ…、自力で飛行機や船を使って日本まで逃れる事の出来る人は、優先順位が低くても良いと思いませんか?」
「あっ、そうよね。」
「どれだけお力になれるか分かりませんが、王国騎士団の協力が有れば少しくらいは…。」
「問題は利己的なテロリスト集団なのよ。」
「岩崎王国は彼等を否定しない所から始める事にしました。
今は、彼等の言い分を聞いているところです。」
「大丈夫なの、テロの標的にされるかも知れないのよ。」
「あまり反論しない方針ですが、私の指示による調査だと先方に伝えていますので、誤解されたら狙われるでしょうね。」
「そこまでの覚悟で…。」
「岩崎王国に国境は無く宗教は自由、他者を傷つける行為は禁止していますが、そもそも法は各自が所属するリアルな国に基づくもので、バーチャル王国の法は効力を持っていません。
法に依る統治ではなく、善意に依る統治を目指しています。
一応、テロの標的に私を選ぶのは構わないが、周りのを巻き込む様な攻撃はやめて欲しいとは伝えています、無意味でしょうが。」
「そんな…」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

展開-07 [高校生会議-16]

リアルプリンセスとは色々な話をした。
彼女は名門と言われている大学を卒業している才女で、難しい話も受け止めてくれた。
別れ際には…。

「遥香、頑張って私の国でも岩崎王国を拡大するわね。
他の王家にも岩崎王国の素晴らしさを伝える…、でもテロリストの考え方は私達の論理とはかけ離れているから気をつけて。」
「はい、有難う御座います。」
「ねえ、記念に写真良いかしら、ブログに上げたいのだけど。」
「勿論大丈夫です。」

彼女のブログは話題になった、ヨーロッパの王族が私的では有れバーチャル王国の姫と会い、褒めまくってくれたのだ。
彼女がプリンセス遥香ブランドを着ていた事から、遥香姫親衛隊の一員であろうと推測する人が現れ、さらに盛り上がった。
注目度が上がる事は嬉しい。
また、他の国の王族から会いたいとのオファーが届き始めた。
こちらは相談して、訪問を約束した国でパーティーを開く事に、スケジュールの合う騎士団メンバーも参加する豪華なものになりそう。
騎士団メンバーのライブではその国の言語で、その国の誰もが知ってる様な曲を歌ったこともプラスになっている様だ。
各国の言語、ドイツ語とフランス語は大学で履修、他の言語は、歌を一曲と簡単な挨拶を覚えたが、結局十の言語に触れる事になりEUの難しさを感じる事となった。
岩崎王国の公用語は英語だが、英語と言ってもイギリスとアメリカでは微妙に違う、また英語を公用語にしている国でも、随分訛っている場合が有る。
言葉の壁が誤解を産む可能性は否定できない。
チーム遥香サポートとして各国から来てくれた人達とはそんな話をしたが…。

「遥香さま、言葉の壁が有りますが、それだけでは有りませんよ。」
「聡美、どういう事?」
「ネットの書き込みを見ていると酷いのが結構有ります。
記事を読んでいるとは思うのですが、勘違いして書き込みをしている人、勝手な思い込みで批判してる人も少なく有りません。」
「そうか、同じ言語を使っていても誤解は生じるものなのね。」
「単純な国語力の問題では有りません。」
「う~ん、そこに自分達の利害が絡むとなると…、外交は難しいわね。」
「でも岩崎は相手国の利益を重んじています、それを世界中の人が分かってくれたらとは思います。
今までの世界に存在しなかったイレギュラーな王国、最大の武器はミサイルではなく騎士団というアーティスト集団と経済力、そして遥香さま。
岩山総理には申し訳ないですが、岩崎王国の外交は楽そうです。」
「そうね、でも支社を置いている国は、まだ片寄ってる、先は長いわよ。
まあヨーロッパの王室が友好的なのは良かったわ。」
「はい、彼等も世界平和を望んでいますし、岩崎王国の可能性に気付いてくれました。
次へのステップへ進める事が出来そうですね。」
「ええ。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

展開-08 [高校生会議-16]

ヨーロッパ旅行を始めた頃、現地のマスコミはバーチャルプリンセスと報じていた…。

「遥香さま、マスコミの表現が変わって来ました。」
「どんな風に?」
「遥香さまの事を、真の姫という表現やプリンセス遥香と、遥香さまの事を知っているという前提で報じる様になって、バーチャル王国の姫、バーチャル姫といった表現がかなり減っています。
真の姫はステージ上の遥香さまをご覧になられた方が言い始めたそうです。」
「随分受け入れて頂けたという事ね、この一か月ゲストとしてステージに立ったり記者会見を開いたりした成果かしら。」
「はい、ドイツ語やフランス語もすっかり上達されて…、あの、英語、日本語を加えた四か国語を並行して使ってスタッフと会話している時は混乱しないものなのですか?」
「大丈夫よ桜、イタリア語も少し慣れたから、スペイン語、ポルトガル語の先生を用意してくれないかな。」
「分かりました、ドイツ語は私も大学で履修したのですが遥香さまの語学力には全くついて行けません…。」
「ふふ、コツが有るのよ、教えて上げないけど。」
「教えて頂いても実行出来ないと思います。」
「でも、無駄よね、文化的背景が有るから地球規模で言語の統一は不可能とはいえね。」
「英語を岩崎王国の公用語として、岩崎高校生会議でも使って行きます、これからの世界をリードして行く若い世代が一つの言語で交流する場が出来る事の意味は大きいと思います。」
「そうね、桜、岩崎高校生会議の進展は順調なの?」
「支社によってバラツキは有りますが、概ね予定通りと判断しています。」
「それではアメリカへ渡るタイミングの記者会見で説明を試みましょう、準備をお願いね。」
「分かりました、その頃ならもう少し形が出来上がっていると思います。
私と忍、聡美で説明し遥香さまにまとめて頂くという形でよろしいでしょうか?」
「ええ、私の話は短くて済む様にしてね。」
「はい、頑張りますが…、来週の王族が集まるパーティーでは話されないのですか?」
「パーティーは各国との友好と世界平和が目的、遥香システムの説明までは出来ないでしょ。」
「そうでした、帰国前の静香親衛隊隊長やフランス支社から呼び寄せる小百合にも目立って貰わないと行けませんし。」
「小百合はフランスに居つくつもりなの?」
「いえ、支社のシステムや岩崎高校生会議のシステムに問題なさそうなので、パーティー以降は毎日遥香さまにお茶を入れて差し上げたいと。」
「またメイド服を着るのかしらね、元メイド長は。
他のメンバー、チーム遥香サポートからアメリカへ同行して貰う人の調整は大丈夫?」
「はい、極力、国と人種のバランスを取りました。」
「パーティーへの参加者は問題ないの?」
「シビアな身元調査は済ませて有ります、私達と一緒にセキュリティーチェックを受けて貰いますが、凶器を隠せる様な服装では有りませんし、着替えなどは日本からのスタッフが手伝います。
勿論、人物的に問題がないと判断し、近い将来チーム遥香のメンバーになって欲しい人達です。
皆さん、王族が集まるパーティーを楽しみにしている様ですので、大丈夫でしょう。」
「どう、プリンスの心を射止めそうな人、居る?」
「どうでしょうか、主賓が遥香さまですから。」
「桜も頑張るのよ、王家に嫁いでそのまま国を乗っ取り思うがままにするなんて楽しそうじゃない?」
「私は、遥香さま程、腹黒く有りませんわ。」
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

展開-09 [高校生会議-16]

ヨーロッパの王族、騎士団メンバーを中心としたパーティーには、各国から政治経済に関係する人も招待された。
ただ、招待されたと言っても単純ではない。
各国の思惑、利害関係と力関係、簡単に言えば岩崎王国との関係を強化する事が自分達の利益に繋がると判断した人達が集まって来た訳だ。
そんな人達の情報は事前に調査して有って、こちらにとって有益かどうかの検討も済ませては有る。
私利私欲の人で有っても利用させて頂けるのなら問題はない。
パーティー開始前。

「各自自分が担当する人のデータは頭に入ってるわね。
担当以外の人が接触して来たら適当に誤魔化せる?」
「桜、大丈夫よ、皆でシュミレーションしたわ。」
「遥香さまと話すのは王族を優先、他の方は簡単な挨拶程度になる、不満が大きくならない様に聞き役に徹してね、そこでどれだけの情報を聞き出せるかが今日のあなた方のミッション、ワインはオーケーだけど遊びじゃないからね。
美人揃いだから誘われるかもしれないけど、自分の気持ちに忠実に、良い男だと思ったら付き合っても良いし、嫌だと思ったら相手の肩書関係なくお断りというのが遥香さまからの指示よ。」
「そういった事も報告シートに書き込めば良いのね。」
「ええ、遥香システムに慣れていない人は指導担当に相談してね。」
「トレーニング中の一番大きな仕事がパーティーになるとは思ってなかったけど、きっちりこなして遥香さまのお役に立ちたいわ。」
「でも、力が入り過ぎると不自然になる、自然体でね。」
「はい。」

今まで男性スタッフは表に出していない。
代わりに女性でも憧れる女性スタッフが活躍してくれている。
姫の付き人という事であらぬ疑いを掛けられない為だ。
今回は主催者である国王の許しを得て、スタッフを客としてホールに入れさせて貰った。
中には車椅子のスタッフも。
パーティー終了後。

「アマンダ、大丈夫だった?」
「はい、遥香さま、皆さんとってもお優しくて、私のもう一つの母国にいるより快適でした。」
「御免なさいね、私のスタッフはあなたのスキルと美貌、そして車椅子生活である事を理由に今日の行事への参加をお願いしました。
それなのに充分なフォローが出来なくて、あなたに失礼な態度を取った人物とは今後距離を取る事になると思います。」
「う~ん、遥香さまに心配をお掛けしてしまったのでしたら私のミスです。
桜達にも、極力手を貸さないで欲しいとお願いしていました。
何の不安もなく遥香さまの側近が出来る所をお見せしたかったです。」
「相手が悪かったわね、事前調査で要注意人物ではあったの、アマンダ、これからも似た様な扱いを受けてしまう可能性は有るのだけれど、アメリカへは予定通り同行してくれるかしら?」
「勿論です、遥香さまとアメリカへ行けるなんて私の人生の中で最高の出来事、いえ、今、こうして歴史上最高の姫とお話しさせて頂いてることが夢の様です。」
「ふふ、アマンダは大袈裟なのね、それで相談なんだけど、今、スペイン語の先生を探してるのアメリカの後日本へ行ってみない?」
「えっ、連れて行って下さるのですか…、私はずっと日本に憧れていて…、あ~もっともっと日本語勉強しておくんだった。」
「焦らなくて大丈夫よ、チーム遥香の一員になってくれる?」
「も、勿論です…、でも…、車椅子の私で良いのですか?」
「あちこちバリアフリーにして有るのに車椅子の方との交流が無くてね、使ってみないと問題点も見えて来ないでしょ。」
「は、遥香さま~、泣いても良いですか…。」
「ふふ、私が許可する前に泣いてるじゃない。」
「遥香さま…。」
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

展開-10 [高校生会議-16]

車椅子のアマンダをチーム遥香に迎え入れたのは戦略的な狙いも有る。
それを理解出来ない人物ではないと皆が判断しての昇格。
彼女との会話は英語にスペイン語が加わった…。

「アマンダ、少しは慣れた?」
「はい、でも岩崎王国を知れば知るほど、そのスケールの大きさに圧倒されています。」
「ふふ、まだ大きくなるわよ。」
「拡大して行く王国で、私の役目は車椅子生活でも王国の利益に貢献出来ると示す事ですね。」
「ええ、その為に、知性溢れる美人のあなたには、岩崎王国象徴の一人になって欲しいと考えているわ。」
「そんな、象徴だなんて…、あっ、ハンデを持つ人の代表みたいな事ですか?」
「そうよ、能力の高い人でないとチーム遥香の一員には迎えられない、更に魅力的でないと象徴には出来ない、決して楽な役回りではないのでお願い出来る人は限られるのよ。」
「責任重大ですね。」
「その代わり、自分が動き易くなるようチームを組んで支えて貰えば良いわ。
それでね、これからバーチャル貴族社会を形成して行く事にしたの、貴族の夫婦は必ずリアル夫婦で王国に大きな貢献をしてくれた人。
でも、親子関係は血縁関係のない人と組む。
貴族の実子は、優秀であれば他の貴族の子には成れても、実の親の子どもには成れない、血統によらないので能力が高ければ誰しもが貴族階級になれるシステムなの。
アマンダは気の合った貴族夫妻の娘として活動してね。
王国内では何をしても良いわ、自身のスキルを活かし王国に貢献してくれればね、ただ、その姿は、貴族の一員として、映像や写真で世界に発信される。
障害者雇用のシンボルとなっても良いし、一般企業のシンボルになっても構わないわ。
貴族の一員として王国の発展に貢献してね。」
「貴族の人数は少なく無いという事ですか。」
「ええ、むやみやたらと増やしたくはないのだけれど、例えば、新工場完成のお祝いとかに、国王の代理として挨拶する人が居てくれたら、王国の絆が深まると思っているの、だからそれなりの人数が必要になるのよ。
サポート体制は…、桜達に頼んでも良いし、自分で構築しても良いわよ。」
「手伝って貰いながら、自分で構築する練習をしてみます。」
「焦らなくて良いからじっくりね、えっと…、アマンダは岩崎高校生会議について理解出来てる?」
「はい、私もサポートスタッフの一員になりました。」
「それなら、しばらくは高校生会議に力を注いでくれる?」
「分かりました、私自身のトレーニングにもなると思います。
岩崎王国内でも重要な組織ですので頑張ります。」
「お願いね。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩崎高校生会議-01 [高校生会議-17]

スペインからアメリカへ旅立つタイミングで記者会見を行った。
広めの会場を用意したが、今回の旅行で注目を集めた事も有り多くの記者で埋る。
まず壇上に立ったのは桜。
挨拶の後、ヨーロッパ旅行を簡単に総括。
そして…。

「今日皆さんにお伝えしたいのは、岩崎王国の世界組織として、岩崎高校生会議を本格的にスタートさせる事です。
岩崎高校生会議は元々日本の岩崎関連で働く人達の子弟を対象に進学就職や日常生活の支援、ボランティア活動を通しての交流といった活動、また学習の一環として政治研究などを行って来ました。
Iwasaki Koukousei KaigiのKoukouseiは高校生の事なのですが実際には高校生、大学生、若い社員が中心となって活動していました。
現在は日本に於ける岩崎王国の全国組織として拡大発展させ、現在の日本政府を支えるみどりの風を支援といった活動をするまでに至っています。
さて、全国組織となると地理的な要因も有り意思疎通の問題が生じます。
岩崎高校生会議に於いて、それを乗り越えさせたのは遥香システムです。
ここで遥香システムをご存じでない方の為に、忍から説明させて頂きます。」

忍は遥香システムの概要、どの様に利用されているかなどを説明し、岩崎高校生会議への導入後、どう変わったかを紹介した。
次に話し始めたのはアマンダ。

「世界規模に広げる岩崎高校生会議に参加出来るのは、各支部の代表者になります。
支部の遥香システムネットワークには岩崎王国の国民で有れば、年齢に関係なく参加出来ますが、遥香システムの基本を理解する必要が有ります。
言語は英語。
支部内でリーダーとなるには遥香システムの上級試験に通る必要が有りますが、この試験に通れば岩崎関連企業への就職が有利になります。
岩崎高校生会議は若者の進学就職支援と貧困対策を大きな目的としていますが、様々な活動をして行きますので一度岩崎王国のサイトで確認して下さい。
運営資金は、騎士団の方が協力して下さっていますが、生活に余裕のある方から支援を頂けたら幸いです。
岩崎王国の根幹をなす企業体とは違い、営利目的の団体では有りませんが…。」

アマンダはよどみなく岩崎高校生会議の今後の展開を説明してくれた。
その後の質疑を進行したのは聡美…。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩崎高校生会議-02 [高校生会議-17]

質疑応答では…。

「Koukouseiという名称を残す事に意図は有るのですか?」
「はい、高校生時代の気持ちを忘れないで欲しいという意味合いが有ります。
また、世界展開で別組織を立ち上げるより、日本で成功している組織を世界に拡大という形にしたかったのです。
岩崎王国は拡大して行くバーチャル国家ですから。」

「アマンダはチーム遥香の一員となってから、この様な場には初登場です、プリンセス遥香の側近となられた気持ちとか教えて貰えませんか?」
「アマンダ、出番よ。」
「ええ、私は敬愛するプリンセスのお側にいさせて頂ける喜びでいっぱいです、スペイン語学習のお手伝いをさせて頂いてますが、他は教えて頂く事ばかり、この岩崎高校生会議の展開を成功させプリンセスに喜んで頂きたい一心で動いています。」

「岩崎王国の世界組織という事は、対立する国家の国境を越えて交流する事も有ると考えて良いのでしょうか?」
「ええ、いずれはその様な状況になるかも知れません、ただ岩崎王国自体がまだ全世界に浸透している訳では有りませんので随分先になると思います。」

質問内容が想定の範囲内だった事も有り、質問のほとんどは聡美が答えていった。
予定していた時間になって…。

「ではここでアメリカへ同行するスタッフとプリンセス遥香の登場です。」

表に出るスタッフは各国代表や人種代表の形で選んだ。
聡美が簡単に紹介して行く。
桜達も壇上に並んだところへ私が入場。
壇上には私を中心に美女が並ぶ。
十数人をトータルでコーディネイトするのは大変だった聞いているが、個性を生かしながらうまくまとめてくれた。
プリンセス遥香ブランドの良い宣伝になると思わせるのは、響き渡るシャッター音の大きさによる。
聡美が撮影の終了を告げ、静かになったところで。

「本日は多くの方に集まって頂き有難う御座います。
岩崎高校生会議がこれからどう発展して行き何をするのか、多くの方に見守って頂きたいと考えこの記者会見を開かさせて頂きました。
世界的に見れば小さなスタートですが、岩崎王国拡大ペースを考えると、社会貢献できる日は遠くないと考えていまして…。」

スピーチは短めにまとめる。
姫らしさを演出する為だ。
記者達に微笑んで会見を終えた。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩崎高校生会議-03 [高校生会議-17]

記者会見の反響はニューヨークで確認。

「岩崎高校生会議各支部から参加者増加の報告が届き始めていますが、ここまで受け入れ態勢を整えて来た結果でしょう、混乱の報告は受けていません。」
「予定通りなのね、小百合、国家間の交流は始まった?」
「まだ足場固めの段階で、そこまでは至っていません。
本部サイドで作成した組織作りマニュアルを参考に組織編成に取り組んでいて、リーダーが育ち始めたという段階です。
アメリカ支部も、ローカル支部が増えていますので他国との交流は先になるでしょう。」
「まだ時間がかかるのね…、まあ、日本の支部が各支部に関わっている訳だから、岩崎の考え方が広がってからでも良いわね。
他に何か気付いた事は?」
「そうですね…、みどりの風を支えた事に関心が集まっている様です、魅力的な政党がないという状況は、かつての日本と同じなのでしょう。」
「ふふ、また違った展開も考えられるわね、でも、まだ始まったばかり、しばらくは様子見という事かな。」
「もう一つ、Koukousei Kaigiとしたおかげで高校生、大学生の若い人がリーダーとなる環境を作り易かった様です。
結果、私利私欲に走らない、純粋な若者達が活躍しています。」
「名称に関しては正解だったということ?」
「はい、国際ネットワークでも、その名称の意義がまとめられ、賛同する意見や事例が加えられています。」
「良かったわ、リーダー達が納得してくれているのなら何の問題もないわね。
アメリカ支部ではご老人がリーダーになろうとしたのを、うちの副社長が止めたと聞きましたから、ちょっと心配してたの、もっとも遥香システムの上級までとても進めそうにない人だったそうだけど。」
「アメリカは熱いですよね、遥香コーポレーションのレストラン部門から衣服部門、遥香システム、遥香さま関連、その他を岩崎の他企業とまとめて拡大しようと、日本でこつこつ進めて来た事を、その手順を追いながらも一気に進めようと欲張ってますね。」
「ふふ、アメリカ統括支社長も楽しそうだったわ。
バックが活発なら、高校生会議も自然と活発になる、高校生会議が安定すれば、支社の新人研修が楽になるのよね。
ねえ、この前話題になってた違法移民の話はどうなってる?」
「はい、違法状態の人は雇いませんが、母国に帰って岩崎の支社を拡大し、そこで働けないか相談しているそうです。」
「それが可能なら一番よね、でも簡単ではないのでしょ、国家間の経済格差か…、アメリカ統括支社長とも相談してみようか…。」
「何かお考えが有るのですか?」
「お父さまは日本の過疎地再生を進めて来られたでしょ、私達はメキシコの砂漠緑化に取り組めないかしら、成功すれば砂漠化が進んでいる他のエリアでも展開出来るかもしれないわ。」
「壮大な計画ですね。」
「メキシコなら治安が恐ろしく悪いという訳でもないでしょ。」
「資金はどうしますか?」
「ふふ、何とかなるわよ、まずは岩崎高校生会議のメンバーに呼びかけて考えて貰いましょう、その方が楽しいでしょ。」
「あっ、そうですね、実現可能な案が出てこれば…、遥香さまはすでに思い描いている事が有るのですね。」
「皆さんの案を見ながら表に出して行くかもだけど、私が思いもつかなった案が出てきたら嬉しいわ。」
「そうですね、まずは岩崎高校生会議で発表、岩崎へは予備調査の指示を出し、アメリカ統括支社長に協力を打診します、メキシコ支社は小さいですが連絡を取っておきます。
う~ん…、地球温暖化を考えると急ぐ必要が有ると付け加えておきましょうか。」
「そうね、ついでに他の温暖化対策案とかも募集してみる?」
「はい、遥香システムが機能していないエリアの事情も考慮して、広く問いかけてみます。」
「お願いね。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩崎高校生会議-04 [高校生会議-17]

メキシコの砂漠を緑化しながら雇用の場を確保。
このテーマは高校生会議を盛り上げる事になり、沢山の提案が出された。
それを受けてチーム遥香からメッセージを送る事に…。

「遥香さま、砂漠緑化計画は各支部の皆さんが遥香システムの使い方を学ぶ良い機会になりましたね。」
「ええ、活発な議論が有ったみたいで面白い案が色々出て…。
まずは小百合がまとめたところを皆さんに紹介しましょう、小百合お願い。」
「はい、現地政府と予備交渉を進めている海岸沿いのエリアに大きな問題はなさそうです。
当初の広さは十㎢ほどですが拡大して行く余地は充分過ぎる程に有ります。
開発には株式会社を設立し、そこにすべてを集約します。
株主となって下さった方には、ニュータウンのバーチャル住人として定点カメラ映像を通して工事の進捗を見たり、チャットやテレビ電話を通して交流出来る様にさせて頂きます、ゲーム風の画像でも楽しんで頂ける様に調整しています。
プロジェクトのスタートが確定した段階でアメリカとメキシコの合同チームが現地調査を始める予定で、ドキュメンタリー番組を制作しつつスポンサーを探す方向で進めています、これは王国外企業との関係強化も意識しての事です。
現地調査の結果は遥香システムへ書き加えられて行きますので、それを見ながら都市設計チームが動きます。
今回のプロジェクトに関わるのは新会社の社員、高校生会議からのサポートメンバー、株主で有るバーチャル住人、各自の立場を整理しながら組織編成して行く事になります。
サポートメンバーに対する費用負担、株主兼サポートメンバーとなった場合の扱いなど細部のルールはサポートチームのリーダー中心に考えて貰います。
実際のプロジェクトとしては海水の淡水化事業が中心になりますが、太陽光発電、風力発電といった形で化石燃料に頼らない町作りを考えています。
私からは以上です。」
「では、事業案についてメアリ、紹介してくれる?」
「はい、実際の淡水化プラントはコスト的にかなり難しいです、緑化事業関連で様々な案は出ていますが、まだ机上の空論になり兼ねない、そうですね費用対効果の実証実験が必要な案も少なく有りません。
例えば…、私が面白いと思ったのは建物の上に川を流すという案です。
井戸を掘ってみて、それが真水で有ればそのまま農業用水に使えますが、海に近いので、おそらく塩分濃度が高いでしょう、それでも水温はさほど高くないと推測出来ます。
水は熱しにくいですから、屋根の上を流せば、室温を安定させてくれるでしょう。
室温の上昇を抑えた水は温室の中へ導きます、この温室では、水分を蒸発させ天井部分でそれを冷やし真水として利用し、残った塩分濃度の高い水を生成して塩として活用する事を目的とします。
このシステムで得られる真水はとても少ないですが、冷房コストを抑える事にはなると思います。
それでも、井戸から水をくみ上げるエネルギーが、どれだけ有効に使えるのかは、試してみないと分からないレベルです。
つまり、このプロジェクトを単に緑化事業による雇用拡大としてしまうと、採算的にかなり危ういものになる可能性が有ります。
そこで長期的に…。」

その後メアリは岩崎王国の拠点として、観光地化の可能性について語ってくれ、結論的な提案をする事無く締めくくってくれた事によって、高校生会議メンバーの想像力を掻き立てる所となった。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩崎高校生会議-05 [高校生会議-17]

メキシコにニュータウンを他にはない形で作り上げ観光客を呼び寄せる。
メアリが岩崎高校生会議メンバーに出した課題だ。
メアリはアマンダに続いてチーム遥香入り、今はメキシコニュータウン計画を担当している。

「屋根の上に川という例が良かったのかな、メアリ、メッセージの発信以降ユーニークな提案が増えたわね。」
「桜、どれもが実現可能なのよ、突飛だけど実行出来なくもない、でね、昨日よく分からずに突っ込みを入れた人に指摘しようとしていたら、遥香さまに先を越されてしまったの。」
「あら、メアリ、御免なさい、貴女も見てたのね、私は高校生会議の一員として黙ってられなかったのよ。」
「いえ、遥香さまの論理的展開は芸術的で、私が指摘しようと思った内容の数段上でした。
ところで、水を心配している人が多くて…、低コストで充分な量を確保するのは難しそうです…。」
「ええ、井戸を掘っても充分な真水を得られるとは考えにくい、メアリはコスト的に否定的でしたが、淡水化装置の導入が一番手っ取り早いわね。」
「初期投資の予算が膨らみ過ぎませんか?」
「岩崎関連会社の装置を導入して、見学出来る様にするの、この意味は分かるでしょ。」
「えっ、岩崎関連で淡水化装置を扱ってる企業が有ったのですか、私が調べた中では…。
有るのなら…、導入費用はそのまま岩崎の売り上げに、見学出来るという事は次の受注に繋がるという事に成りますが…。」
「今後の海外展開を想定して調査して貰った結果、技術力が高い割に営業力が弱い会社が見つかって交渉、買収出来そうなの。
今はメキシコに工場を作る話も進めて貰っているのよ。
農業用の水としては割高になるでしょうが、観光地化に成功すれば問題ないでしょう。
水に関する案が出尽くしたと思ったら、この淡水化装置の話を公表してね。」
「分かりました、高校生会議メンバーはすでにギブアップ気味ですので、公表します。
インフラ整備に関する案は…、実験的な発電方法も見学出来る様にすべきなのですね。」
「ええ、試しながら町を構築して行くのがこのプロジェクトの魅力、知的好奇心をお持ちの方を満足させましょう。
ねえ、メアリ、そろそろ村長、村議会議員の募集を始めても良いのではないかしら、並行してバーチャル村長、バーチャル議会もね。」
「はい…、その…、バーチャルの方の役目はどうしますか?」
「リアル村長達は村作り、バーチャル村長達は広報担当と役割分担するのよ、バーチャル住人になって頂く株主への対応も必要でしょ。」
「では、本格スタート決定という事ですか?」
「そうよ、現地調査チームへのゴーサインはメアリから出してくれる?」
「は、はい。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー