So-net無料ブログ作成

訪問-03 [高校生会議-14]

党首交代の緊急会見翌日、私達は旅立った。
機中で。

「遥香さま、突発で記者会見が入ってしまいましたが、お疲れでは有りませんか?」
「大丈夫よ、昨日の主役は私ではなく岩山さん、私の役目は岩山さんに日本を託すというパフォーマンス、聡美は見ててどうだった?」
「良かったです、岩山さんの広い背中がとても頼もしく思えました。
でも選挙応援は難しいですね、岩崎王国が出過ぎてはマイナスになりかねないですし。」
「ええ、今更、みどりの風に一票をと私が口にするのも違う気がするのよね。」
「投票日まではまだ時間が有ります、状況を確認してから策を練るという事にしますか?」
「そうね、今は今回の旅行を成功させる事に集中しないと。
国賓として招かれる立場とはいえ、支社が動き安くなるようにしておきたいわ。」
「はい、現地で岩崎王国の国民登録をして下さった方は、まだ総人口の三%程度、今回の訪問をきっかけに十%程度まで上げたいとスタッフは動いています、実現すれば進行中の事業に弾みがつくと思うのですが簡単な事ではありません。
国賓という重みを現地の方がどの程度に感じてくださるのか…。
外務省サイドからは動き易くなったという声が届いたそうですが、遥香さまは挨拶回りが多くなって大変でしたね。」
「仕方ないわ、日本を無視して勝手に進めてしまってはトラブルの元、でも皇室に紹介して頂けたのは大きいわね。
日本が岩崎王国を国として認める事はないにしても、仲が良いに越した事はないでしょ。
選挙に勝てたら、また違った関係になる、外務省の思惑も有るのでしょう。」
「外務大臣がみどりの風から選ばれると、私企業と公的機関のバランスが難しくなりそうですね。」
「逆に慎重になってくれる事を願っているの、うっかりの不正を含め違法行為が起きない様に。」
「政権を握っても結構不便ですよね、遥香システムを政府機関に導入となったら、それだけで問題になりそうです。」
「ええ、まずは多くの実績を作って理解していただくしかない、でも小さな政党でイデオロギー的に凝り固まってしまってる様な人達には難し過ぎるのかも。」
「選挙に勝てたとして、党利党略私利私欲の人達はどう動くと思います?」
「連立を申し込んで来るかもしれないわね、でもうちの党利を考えたらメリットはない、岩山党首もぎりぎりの議席数なら現与党と組むかもしれないけど、今の野党と数合わせだけで組む事はないと話していたわ。」
「与党に賛成出来なくても、今までの野党では情けなくて…、みどりの風はまだ実績に乏しいとは言え、政策を真面目に考えている人の心には届きつつある、難しい事の分からない人は遥香さまの政党という感じで応援したい、今はそんな雰囲気ですね。
今回の三カ国歴訪はインパクト大きいと思います、マスコミが選挙の事を忘れて大々的に報じてくれるでしょう、昨日まで党首遥香さまで引っ張った効果は大きいと思います。」
「ふふ、作戦が成功するかどうかはこれからね。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー