So-net無料ブログ作成

チーム遥香-01 [高校生会議-09]

高校生社員、聡美さんは婚活支援部(仮)の部長として、遥香フレンズという真面目な出会いの場を提供する事業に当たっている。
普通なら、高三の彼女が担当する事では無いだろう。
だが、うちは高一の私が社長を務めさせて頂いている様な会社。
静香の成長ぶりも社員の皆が知っている。
能力の高い人材にはそれなりの立場を与え育てる、という私の方針を面白がってる連中も多い。
一月から三月までの期間、聡美さんが部長職を体験する事に異論は出なかった。
可愛い後輩の成長ぶりを楽しむという、先輩社員の娯楽対象にもなっているからだ。
本人は…。

「遥香さま、給料がいきなり上がるそうですが。」
「学校の方は優秀な成績で卒業でしょ、羨ましいな、私は高校中退なのよ。
仕事に集中出来るのならそれなりの働きと、報酬、心配しなくても四月からは…、普通の新入社員という道も有りますからね、私はお勧めしませんが。
まあ、年度内は部長として社員の皆さんを楽しませてあげて下さい。」
「いきなり部長研修になるとは思ってませんでした、でも良い経験をさせて頂いていると思います。
遥香システムのお陰で私のなすべき事は皆さんが教えて下さいます。」
「そうなってるのは聡美さんの実力なの、教えられた事を整理して実行してるから社員も教え易いのよ。
皆さん私の下で働きたいという様な人達だから、可愛い聡美さんの部下になる事にも抵抗ないの。
正式な部下がいない状態でも、我が社の余力だけで遥香フレンズの準備が随分進んだでしょ。」
「はい、遥香システムあっての事です。」
「そうね、まともに機能していてくれて嬉しいわ、今はダブルワークも上手く機能している様で安心しました、でも人の手が不足しそうなら応援要請をして下さいね。
有給休暇を取り易い様に人の余裕を作っています、時間に追われる作業は多く有りません、先輩方が何とかしてくれますよ。」
「はい。」
「そうなると問題はイベントの内容ですね、一通り目は通しましたが。」
「はい、始めは色々な企画を提案して行きますが、最低募集人数に達しなかった企画は不成立として理由を検討、今後の参考にさせて頂こうと考えています。
スタートは規模を小さめにして身内中心になりますので問題ないかと。」
「ええ、良い案だと思って見ていました、福利厚生の一環でも有りますので大儲けの必要は有りませんが、赤字にしないという気持ちは大切です。
それで今後の事なのですが、ファミレス実習生の中に四月以降、高校生社員に成れそうな人はいませんか?」
「成りたがっている子は三人います。」
「聡美さんの評価は?」
「特に頭の良い子が一人、可愛さと愛想の良さでお客様からの人気が高い子が一人、もう一人は何事にも真面目に誠実に取り組んでくれています。
三人とも学業をおろそかにしていません。」
「高校生社員に推薦できますか?」
「もう一度本人達の希望と覚悟を確認してからならば。」
「それでは確認をお願いします。」
「はい、ところで私は四月から、何処に配属されるか決まったのですか?」
「もう少し待って、え~っと、きちんと休みを取る事を前提に考えた上で、今、仕事に余力は有りますか?」
「はい、部長研修そのものは特に拘束されるものでは有りませんし、遥香フレンズも、部長として取り組むのなら頼れる先輩方にお任せするのが仕事ですので、ファミレス中心に働こうかと思っています。」
「第一支部に随分アドバイスしてくれたでしょ、その内容をまとめ直して欲しいと思うのだけど。」
「分かりました、ファミレスマニュアルの再構築を考えながらアドバイスしていましたので、今月中にはある程度の形に出来ると思います。」
「ふふ、余裕が有り過ぎるみたいね、ならば、その作業を来月末まで先延ばしして、これからプリンセス遥香関連の店を仕事として回って貰えませんか、お友達の飲食費とかもこちらで負担しますから、仕事と遊び半々で構いません。」
「分かりました、何をすれば良いのか分かっているつもりです、報告はどの様な形にすればよろしいですか?」
「普通に自分専用のワークシートで報告書を作成して下さい。
「分かりました、部長待遇ですから遥香さまと副社長のみが閲覧可能という事ですね。」
「ええ、後は…。」

聡美さんの能力は高い、進学を目指してもそれなりの所に入学出来たと思う。
彼女は受験勉強に使う無駄なエネルギーを、バイト実習や高校生社員としての仕事に思いっきりぶつけて、自分のスキルを上げたと話してくれた。
仕事に対する意識の高さは大学生社員達より上かもしれない。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。